« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »

2005年8月19日 (金)

盆踊り

 先日は部落の盆踊りでした。私は毎年の事ながらやぐらの上で太鼓たたきです。交替しながらたたくのですが、手のひらはまめができ、親指のつけ根は皮がむけて、かなり無惨な手に。しかし本人は満足していますので、これでよいのです。盆踊りの太鼓をたたかないとやはり夏が来ないのです。しかし今年は三日後から手首が痛くなり、ひどくはないにしても、少しショックです。数年前まではあちこちの盆踊りへ行きたたいていましたが、最近はそんなこともなくなり、突然の運動で手首も驚いたのでしょう。もちろん、年は否定できませんが。

 やぐらの上でたたいていると踊っている方々がよく見えます。今、我が町清水の「港まつり」では、テンポの速い、ビートのきいた曲が主流で、踊りを見ているとさながら「ダンススクールの発表会」でありますが、我が田舎に来ますと20年以上変わらぬ曲が延々と流れます。昔の若い衆が「次も若い衆!!」などと大声でリクエストしています。若い娘もちらほらいますが、みんな最高に楽しそうに踊っています。やはり盆踊りは不滅だ♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月13日 (土)

梅干しの土用干し

 今年は初夏に梅を40キロほど漬けました。梅の漬け方も家によって色々なやり方があるようで、塩加減(塩の量)はどれぐらい?、また少量ながらグラニュウ糖を入れたり、焼酎をまぶしたり、と色々な方法を聞きます。私は、塩を最小限にとどめ(10%弱)る漬け方が好きです。そうしますととにかく酸っぱい梅干しができあがるのです。ただ、塩が少ないとカビが生えてくる恐れも大きく、かなり気を遣います。カミサンは「もう少ししょっぱい方がいい」と言いますが・・・・。

 7月に入ってから庭で大きくなった赤ジソを塩で揉んで一緒にし、さていよいよ天日干しです。仕事の休みの日に駐車場に並べ二日間ほど先ず干しました。太陽に当たり少しずつ色がついてきて、楽しみです。今年は下漬け前に水にさらしておく時間が長すぎたので(普通一昼夜なのに三昼夜もそのままにしておいた)、やわやわの柔らかい梅干しとなりました。また時間がとれれば改めて干し続けたいですが、先日から毎食一つずつ食べるています。満足2 1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月12日 (金)

障害者自立支援法案廃案に

 8月6日の土曜日、静岡県聴覚障害者関連障害者自立支援法大学習会(ちょいと長い名前だ)が150名余りを集め、静岡労政会館で開かれました。さて、県内各地でいよいよ本館的に取り組みを開始!!と決意を新たにした矢先の8月8日(月)、参議院本会議で郵政民営化関連法案が否決され、小泉内閣は衆議院を解散しました。この解散に伴い、参議院厚生労働委員会で審議されていた「障害者自立支援法案」をはじめ、審議中の61法案全てが廃案となりました。
 今年2月に開かれた全通研冬集会(東京)時に開催された日ろう連と全通研・士協会の緊急学習会から始まった今回の取り組みですが、他の障害者団体とも歩調を合わせ厚労省への大きな圧力となったことは事実です。障害者自立新法案の問題点、例えば応益負担の問題や、特に聴障者のコミュニケーション保障に応益負担がなじまないのは何故なのかなど、私たちは一人一人がきちんと整理をして、社会に対してもさらに理解を広めていかなければなりません。
 自立支援法案は今回廃案となりましたが、これで法案そのものがなくなったわけではありません。厚生労働省としては障害者福祉の新たな切り札として、改めて近々いずれかの国会へ上程することは明らかです。新たな障害者自立支援法案は今回の私たちの強い抵抗があったために、リニュアールされもっと手強い法案として次回は私たちの前に出てくるかも知れません。
 この次に障害者自立支援法案と相まみえる時、私たちももっとパワーアップしていましょう。それよりも、障害者の暮らしが十分に理解され、支援法案などが出されないような社会を目指してこれからも活動を進めていきたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2005年7月 | トップページ | 2005年9月 »