« 初夏の畑仕事を終わって | トップページ | 梅干しの土用干し »

2005年8月12日 (金)

障害者自立支援法案廃案に

 8月6日の土曜日、静岡県聴覚障害者関連障害者自立支援法大学習会(ちょいと長い名前だ)が150名余りを集め、静岡労政会館で開かれました。さて、県内各地でいよいよ本館的に取り組みを開始!!と決意を新たにした矢先の8月8日(月)、参議院本会議で郵政民営化関連法案が否決され、小泉内閣は衆議院を解散しました。この解散に伴い、参議院厚生労働委員会で審議されていた「障害者自立支援法案」をはじめ、審議中の61法案全てが廃案となりました。
 今年2月に開かれた全通研冬集会(東京)時に開催された日ろう連と全通研・士協会の緊急学習会から始まった今回の取り組みですが、他の障害者団体とも歩調を合わせ厚労省への大きな圧力となったことは事実です。障害者自立新法案の問題点、例えば応益負担の問題や、特に聴障者のコミュニケーション保障に応益負担がなじまないのは何故なのかなど、私たちは一人一人がきちんと整理をして、社会に対してもさらに理解を広めていかなければなりません。
 自立支援法案は今回廃案となりましたが、これで法案そのものがなくなったわけではありません。厚生労働省としては障害者福祉の新たな切り札として、改めて近々いずれかの国会へ上程することは明らかです。新たな障害者自立支援法案は今回の私たちの強い抵抗があったために、リニュアールされもっと手強い法案として次回は私たちの前に出てくるかも知れません。
 この次に障害者自立支援法案と相まみえる時、私たちももっとパワーアップしていましょう。それよりも、障害者の暮らしが十分に理解され、支援法案などが出されないような社会を目指してこれからも活動を進めていきたいです。

|

« 初夏の畑仕事を終わって | トップページ | 梅干しの土用干し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/5436628

この記事へのトラックバック一覧です: 障害者自立支援法案廃案に:

» 夏休み子供向け福祉政経講座 [横浜よろず研究所]
せっかくの夏休みなのに、台風や地震で君たちはプールにも秋葉原にも行かれずに、ストレスをインターネットで発散するしかないんだねえ。 最近は小学生も中学生もメールの [続きを読む]

受信: 2005年8月12日 (金) 19時20分

« 初夏の畑仕事を終わって | トップページ | 梅干しの土用干し »