« 富士山 | トップページ | 読書感 永久も半ばを過ぎて:文春文庫 »

2005年12月23日 (金)

クルミ割りの活用法

 冬の夜の楽しみは秋に拾ってきた「銀杏」をストーブの上に乗せて焼きながら食べることです。少し塩をかけて食べると、これが最高!封筒に入れて電子レンジでチン、とのやり方もあるようkurumiwariですが、やはり焦げ目のついたストーブ焼きが一番です。

 さて、銀杏を食べるのに固い皮を如何に割るか、は大きな問題です(大げさかな)。以前はペンチを使っていましたが、今ひとつ色気がありませんでした。ところが最近はコレッ!クルミ割りですが、なかなかの優れものです。一昨年フィンランドへ行った帰りに、コペンハーゲン空港で購入したものです。フランス製でクルミを割るには少し華奢にも見えますが、銀杏を割るには非常に使い勝手がよくて重宝しています。 今宵も芋焼酎を飲みながら パチン とやりますか♪

|

« 富士山 | トップページ | 読書感 永久も半ばを過ぎて:文春文庫 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/7804133

この記事へのトラックバック一覧です: クルミ割りの活用法:

« 富士山 | トップページ | 読書感 永久も半ばを過ぎて:文春文庫 »