« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月27日 (金)

読書感 人斬り半次郎:新潮文庫

 幕末から維新直後まで西郷隆盛と共に時代を生き、最期を遂げた桐野利秋の物hitokirihannjirou語です。この本は前半で、明治維新まで。後半は「賊将編」として書かれています。池波正太郎の小説はとても読みやすく、新幹線での移動中などはいつも目的地に着くまで一心不乱に読み続けることになります。読みやすい理由は、会話の妙にあるのでしょう。また、この本もそうですが、一行での改行が多く、スピーディーな感じで読めます。まぁ、好き嫌いの問題でしょうが、私には合います。池波の本を読み切るまでにはまだまだ時間がかかります。裏返せばこれからも当分の間、楽しい時間が過ごせるわけで、これはこれはありがたい話しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月24日 (火)

冬のお山

jisyabatake お天気なので近くの「杉尾山」へ行ってみました。途中の「寺社畑」部落は今は誰も住んでいません。そこの廃屋から「真富士山」をパチリ。よい風景ですが、植林の杉・檜はかなり赤い色になっています。もうすぐあの季節がやってくるのですね。春になって山に来ると、風が吹いた瞬間には「山火事か!」と思うぐらい盛大に花粉を吹き出します。花粉症の方が見たら卒倒しそうな風景になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月19日 (木)

ミカンの収穫

 今年もミmikannyama1カンはたくさんなりました。一回消毒をふっただけの低農薬ミカンです。ミmikannyama2カンがたわわに実っている山を見るととても暖かく感じます。逆に収穫後のミカン山は電灯が消えたように寒々しい雰囲気になるのです。いま、ミカン山も手を入れる農家が減りつつあり、道路脇の条件のよいミカン畑も放置されているところがたくさんあります。誠にも ったいない!

 南向き斜面のミカン山は海も見えてとても気持ちいいところです。こんな日当たりのいい畑でボチボチ仕事をしながらやってい ければ一番いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 7日 (土)

正月飾り

 明日は地nenngakazari域のどんど焼きです。毎年この時期に行われますが、それに先だって今日は子ども達が家々をまわってお飾りを回収します。我が家も毎年、自作のお飾りをしますが、今年の作品がこれです。庭にある松やこの時期に実のなる南天・斑入りのあおき等を中心に、山でシダや適当な枝も拝借してきます。 年末年始はクリスマス飾りを作り、すぐ正月飾りを作りますので慌ただしいですし、せっかく作ったのだから飾る期間ももう少し長いといいな、とも思いますが・・・・約半月間、玄関に鎮座していました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 3日 (火)

読書感 文人暴食:新潮文庫

bunnjinnbousyoku  正月は予想通り読書三昧の日々でした。新刊も何冊か読みましたが一番おもしろかった本がこれです。著者の嵐山光三郎は前作「文人悪食」とも合わせて約70名もの文人の食癖をまとめていますが、嵐山の文学好き・明治好き・明治の作家好き・食べ物好きetc.etcが伝わってきます。加えて、これだけ多くの対象者を取り上げながらその切り口がこれだけ多彩なのを見ると、嵐山自身がとてつもなく雑多な経験をしていることがわかります。彼の文学論には他にも「追悼の達人」や「芭蕉紀行」(以上全て新潮文庫)もありますが、「不良中年は楽しい(講談社文庫)」等の著作も「こんなジジィになりたい!」と楽しく読めてお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 2日 (月)

箱根駅伝

 正月の楽しみは色々ありますね。スポーツもラグビー・駅伝・アメフトと色々あり、この時ばかりは「テレビが見たいな」と思います。中でも駅伝は大の楽しみです。

 私自身、神奈川県茅ヶ崎市で大きくなったものですから、ガキの頃から正月は大学駅伝を沿道で応援したものです。私が大学生の頃は今のように全区間中継をしておらず、東京の読売新聞社前スタートをしてからしばらくすると中継が終わりました。頃合いを見計らって出ていくと当時から多くの人が声援を送っていました。テレビ中継で見ると、東京から箱根までとぎれることなく小旗が振られていますが、選手達が走ってくる前に旗を配る関係者が見物人に渡していくのです。全部でどれぐらいの旗を配布するのでしょうねぇ???また、本物を見物に行きたいと毎年思いながら、今年も正月が終わるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 1日 (日)

新年の写真

inudoshi  あけましておめでとうございます。今年も一年間、よい年になりますように。

 今年は戌年なので近所のビーグル君に登場してもらいました。そこでは現在、5匹のビーグル君が網に囲まれた中で元気に走り回っています。隣の土地にはイノシシ君が2頭走り回っていて、なかなかに楽しい風景です。イノシシ君には来年登場してもらいましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »