« トリノオリンピックが終わりました | トップページ | 読書感 清張さんと司馬さん:文春文庫 半藤一利著 »

2006年3月 2日 (木)

ふきのとう

fukinotou  我が家の庭に出たものをパチリ。ふきのとうが出てくるとそろそろ冬も終わりです。山菜は天ぷら・・・とよく言われますが、天ぷらにしてしまうと山菜のえぐみ(にがみ)がなくなってしまい、少し物足りなく感じます。以前、山羊を飼っていた頃、彼女らは葛なども大好物で、「シャク、シャク」と美味しそうに食べるのを見て私も食べてみましたが、ひたすら苦いだけでした。そんな葛の芽も天ぷらにすれば全くにがくなくなります。天ぷらは山菜料理の入門ですね。できるだけ油を使わずににがみも楽しみながら野の草たちを如何に食するか、が思案のしどころであり、楽しみと感じます。先ず今日とったふきのとうはそのままみそ汁に入れてにがみを楽しむこととしました。ごちそうさま♪

|

« トリノオリンピックが終わりました | トップページ | 読書感 清張さんと司馬さん:文春文庫 半藤一利著 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ふきのとう:

« トリノオリンピックが終わりました | トップページ | 読書感 清張さんと司馬さん:文春文庫 半藤一利著 »