« お猿さん | トップページ | 土筆の季節 »

2006年3月13日 (月)

レクイエム 竹原三男・洋子ご夫妻

takehara_sama  お通夜で仏さんが二人並んでいるのは初めてでした。

 私が今の部落へ移り住み百姓を始めてから約20年になりますが、初期の頃から色々と気にかけてくれ、現在に至るまで最低二ヶ月に一度は遊びにうかがい、一緒に酒を飲んでいた方でした。軽トラで正面衝突を起こし、夫婦共々即死に近い状態だったそうで、お通夜に出かけましたが、子ども達になんと声をかけてよいのやら・・・・状態でした。

 彼は鉄砲をやっていて、何かあると猪肉や鹿肉をおみやげにtakehara_sama_2持ってきてくれました。我が部落では鉄砲を持っている人はいても、実際に犬を連れて山を駆け回る方は年々少なくなっています。今やっている方々がいなくなるとゼロになりそうな感じです。酒を飲むと、猪を犬に追わせながら撃つ話しや、ヌタ場など猪の生態の話しなど、興が載ってくると、「イヨッ、イヨッ」とかけ声をかけながら話すあの話しもこれで聞けなくなってしまいました。最後にお会いしたのは2月の中頃。例のごとく夜遊びに行って、焼酎を飲みながら話を聞いていました。その時に彼が帰りがけにくれたのは手作りのわさび漬け。今日冷蔵庫を見たらあと一口残っているだけでした。お二人のご冥福を祈り、合掌。

|

« お猿さん | トップページ | 土筆の季節 »

レクイエム(鎮魂歌)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レクイエム 竹原三男・洋子ご夫妻:

« お猿さん | トップページ | 土筆の季節 »