« 読書感 清張さんと司馬さん:文春文庫 半藤一利著 | トップページ | レクイエム 竹原三男・洋子ご夫妻 »

2006年3月 8日 (水)

お猿さん

osarusann  先日神奈川県の湯河原に行きましたら、道を堂々とおさるさんが闊歩していました。赤ちゃんがくっついた母猿(と思う)や独り者やいろいろでした。全然人を怖がらず、かといって悪さをするわけでもなさそうで、表情も穏やかに見えましたが、これは旅人のひいき目かな?

 我が家の周りにも猿は大勢います。時々出てくると犬達は狂ったように吠えまくります。初めてお目にかかるのでしょうに、どうして「吠える対象」とわかるのでしょうか。「犬猿の仲」とは言いますが、不思議です。以前、裏で田んぼを作っている時、稲刈りの直前の季節に十数匹の猿軍団がやってきてあぜ道にずら~っと並んで稲穂を抜いては食べていたそうです(カミサンが二階から見ていた)。群れでやってくるとかなり恐いものがありますね。山村ではどちらかというと農作物も食い荒らす嫌われ者ですが、共生できるといいな、と思います。

|

« 読書感 清張さんと司馬さん:文春文庫 半藤一利著 | トップページ | レクイエム 竹原三男・洋子ご夫妻 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お猿さん:

« 読書感 清張さんと司馬さん:文春文庫 半藤一利著 | トップページ | レクイエム 竹原三男・洋子ご夫妻 »