« 土筆の季節 | トップページ | こぶしの花 »

2006年3月28日 (火)

地域の古地図

Furutizu_ooshima Furutizu_seisakunenn  先日は自治会の総会でした。来年度は我が部落から自治会長が出るので、他の役員も同じ部落から出します。部落内の「庚申さん」で協議の結果、私も「書記」を仰せつかることになりました。

 さて、総会も無事に終わった後、昔話に花が咲いていましたが、誰かが「古地図」のことを語り出し、「それじゃぁ、久しぶりに出してみよう」となって、みんなで広げてみました。我が河内自治会が4枚の地図になっています。一枚の大きさは畳4枚分ぐらいはあるでしょうか。製作年を見たら「明治23年」、とのこと(右上)。左上の部分はちょうど我が家の辺りの地図です。これを見て当時から番地が変わっていないことを発見し、感動です。ただ、行政区はかわっていますので「庵原郡河内村」→「庵原郡両河内村河内」→「清水市河内」→「静岡市清水区河内」と現在に至っています。

 しかし、「和紙」は強いものですね。昔の方々は毛筆が達筆ですね・・・と、当時の先輩方が、どんな風にこれを書いたのか想像すると興味が尽きません。

|

« 土筆の季節 | トップページ | こぶしの花 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地域の古地図:

« 土筆の季節 | トップページ | こぶしの花 »