« くま、熊、クマ | トップページ | アナグマ「ぶぅ」、その後 »

2006年10月26日 (木)

アナグマさん捕物帖

061025_1556  アナグマ君は種々の状況からみて、写真の我が家の手作りデッキの下に巣穴を掘って生活しています。植え込みの隣は鶏小屋なので「住職接近」のライフスタイルとしゃれこんだようです。ところが、ここ何日か、鶏小屋のえさ箱の下へ住居を移動したいらしく、毎晩丸まっていて、ためしにパンを近くに投げると首だけ伸ばしてパクッ。

 これじゃしけない、と大捕物帖をする事になりました。とにかく歯とツメが鋭いので結構手こずりましたが、こちらもだんだん慣れてきて、顔がまわらないように首をうつろから片手で問答無用で掴み、足をバタつかれないように、お尻ももう片方の手で押さえれば大丈夫な事がわかり、一時間かけて捕まえました。それから我が部落の一番奥の山まで連れて行き、放すことに。アナグマ君は脇目もふらず、とっとこと~と走って山に消えました。新しいところでも幸せに生活できますように♪

|

« くま、熊、クマ | トップページ | アナグマ「ぶぅ」、その後 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アナグマさん捕物帖:

« くま、熊、クマ | トップページ | アナグマ「ぶぅ」、その後 »