« タヌキさん闖入 | トップページ | 野生のアライグマ急増 »

2006年12月 9日 (土)

その後の動物たち

 アナグマぶぅ、は元気に毎晩出没しています。使っていない鶏小屋の中に毎晩パンのミミをあげておきますと、翌朝まで期にきれいにたいらげています。

 そして、ここ二三日、毎朝ネコ餌がなめたようにきれいになくなっています。「誰か表から食べにきているな」と思っていましたら、今夜カミサンが暗がりの廊下でタヌキをけっ飛ばしました(私は忘年会で不在、写真はそのうち撮れるでしょう)。どうもお山の動物たちの間で情報が行き渡っているのかな?カミサンは話しでは、表に出て行かずに納戸の土間で丸まっていたそうです。家の中を我が物顔で歩かれても困ったものだし、共生していくにははなかなか難しいものがあります。

|

« タヌキさん闖入 | トップページ | 野生のアライグマ急増 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: その後の動物たち:

« タヌキさん闖入 | トップページ | 野生のアライグマ急増 »