« 春の訪れ | トップページ | 読書感 頭医者青年期:加賀乙彦 »

2007年2月12日 (月)

隣組でお葬式

070210  お世話になっている隣組の奥さんが亡くなりました。たまたま前日に、元いた隣組でも45才の奥さんがガンで亡くなり、お通夜が二日続きました。どういう訳かお葬式は続くのですね。不思議です。0702103

 それはさておき、葬式では儀式に使う様々な道具を隣組でこしらえます。山で竹を切ってくるところから始める訳ですが、ああでもない、こうでもない、と言いながら近所の人が集まって作業をするのは、サラリーマンが多くなった現在ではかなり各自の調整も大変ですが、とてもよいコミュニケーションの場になっています。親の時にお世話になったし、将来、自分の時も協力をしてもらうので・・・と、皆さん万難を排して調整をつけています。

|

« 春の訪れ | トップページ | 読書感 頭医者青年期:加賀乙彦 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隣組でお葬式:

« 春の訪れ | トップページ | 読書感 頭医者青年期:加賀乙彦 »