« 読書感 頭医者青年期:加賀乙彦 | トップページ | レクイエム 城山三郎 氏 »

2007年3月16日 (金)

読書感 はみ出し銀行マンシリーズ

Image00423  大手の古本屋が通勤途中にありまして、そこに時々寄るのが楽しみの一つです。月に1~2回寄るのですが、「50円均一」や「100円均一」は結構本が替わっていて、お店に行くと背表紙を端から端までじっくり時間をかけて眺めます。

 50円や100円ならたくさん買っても平気なので、一度行くとついつい3,000円ぐらいは買ってしまいます。「はみ出し銀行マン」シリーズも実はここで知りました。立ち読みでパラパラ見ていたら結構楽しいので、並んでいるのを全部買って読むことに。

 銀行の融通のきかない機構の中で孤軍奮闘している姿に応援をしながら、バンバン読み進みました。ただ、最後の方で読んだ本の中に、ネコに平気でバケツの水をかけたり、私とはかなり異なる著者のメンタリティーに出会って読むスピードが落ちてきました・・・そんな体験もできるので、興味のままに安古本を惜しげもなく買ってきて読むのも楽しいですよ。

|

« 読書感 頭医者青年期:加賀乙彦 | トップページ | レクイエム 城山三郎 氏 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/14280234

この記事へのトラックバック一覧です: 読書感 はみ出し銀行マンシリーズ:

« 読書感 頭医者青年期:加賀乙彦 | トップページ | レクイエム 城山三郎 氏 »