« 読書感 ドバラダ乱入帖 | トップページ | 読書感 フェルマーの最終定理 サイモン・シン »

2007年4月18日 (水)

お山の春の味覚

070418  今年はタケノコが裏年のようです。でも我が家では豊富に毎日毎日食べています。産地のありがたさですね。しかし、食べ過ぎると顔にブツブツが出るとか??でも、季節の味だし、アラメと共に煮たものは三食出されても食べられるのです。亡くなったジィさんが「かとーくん、これは毎食食べても不思議と飽きないんだよ」とよく言っていました。

 雨上がりの山に入ったら、ワラビがたくさん出ていました。お茶畑ののり面のような所が、ワラビの宝庫です。それなりに採ってきても一雨来ればまたニョキニョキ出てきます。灰汁でアク抜きをしますが、抜きすぎると美味しさが半減。少々苦いぐらいがよいのです。加えて、庭にはフキも出てきました。今の季節は茎も柔らかいのでスジを取らずにそのまま調理できますので便利です。春の味覚に感謝して、「いただきます♪」。

|

« 読書感 ドバラダ乱入帖 | トップページ | 読書感 フェルマーの最終定理 サイモン・シン »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お山の春の味覚:

« 読書感 ドバラダ乱入帖 | トップページ | 読書感 フェルマーの最終定理 サイモン・シン »