« 太鼓教室 | トップページ | 読書感 起業と倒産の失敗学 畑村洋太郎 »

2007年7月27日 (金)

読書感 中南米マガジン

070724 何、この本??状態ですが、たまたまこの19号に私の弟が紹介されていまして、本人から送られてきたので私も初めて手にしました。それぞれの記事は興味深く楽しく読みましたが、やはり弱小というか零細、超マイナーな本。「今号の広告収入が13万8千円になった、スゲー、それもなんと今号では広告代理店様経由があるんだよ」、「現在定期購読者107名」などと誌上で関係者が懐事情を話していたり、バックナンバー紹介コーナーでは「バックナンバーの紹介」の文字より四倍以上ものデカポイントの字で「苦労の跡だよ」と書いてあったり、なかなか大笑いをしながら読みました。

 また、「中南米マガジンを応援する郵便局 ○○郵便局」と、郵便局の広告も載っていました。民営化で個々の郵便局も広告を打つようになったのかな。

|

« 太鼓教室 | トップページ | 読書感 起業と倒産の失敗学 畑村洋太郎 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 読書感 中南米マガジン:

« 太鼓教室 | トップページ | 読書感 起業と倒産の失敗学 畑村洋太郎 »