« 読書感 漱石とともにロンドンを歩く 出口保夫 | トップページ | ブドウさんが食べられるようになりました »

2007年8月20日 (月)

秋の使者

0708  暑い、暑いと言いましても季節は確実に秋に向かっています。先日はやませみの湯で鈴虫を見ました。清水区の「梅ヶ谷」という、私のいるところから見れば「街の入り口」みたいな少し山のところの地区に住んでいるお客さんがもってきたそうです。

 我が部落で見る鈴虫より少し大きい感じがします。加えて明るいところでも、人がのぞき込んでいてもお構いなしに「リーン、リーン」と鳴き続けています。街場では鈴虫も物事に動じない性格になるのかな??

|

« 読書感 漱石とともにロンドンを歩く 出口保夫 | トップページ | ブドウさんが食べられるようになりました »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の使者:

« 読書感 漱石とともにロンドンを歩く 出口保夫 | トップページ | ブドウさんが食べられるようになりました »