« 何も知らなかった日本人 畠山清行 著 | トップページ | 読書感 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 著 »

2007年9月 4日 (火)

秋の使者 その3

070903  秋になると増えてくるものの一つで少々迷惑なのが「虻(アブ)」さんです。日中窓を開けていると入ってきて、風が入ってくる網戸のついている他の窓へ集まっています。虻さんたちはここから外へ出られると思っているのでしょうか。

 虻さんに刺されてもなかなか痛いです。蜂に刺される時は瞬時に痛みがきますが、虻さんは肌にとまり、刺すぞ刺すぞ、といった感じでつねるような痛さが特徴です。ですから肌にとまっている時、蚊のようにたたき落とされることもしばしばで、田舎の年寄りたちは、たたき落とした虻の羽をむしって捨てておきます。う~ん、少しかわいそう、だけどこれも昔から伝わっている「文化」なのでしょうか・・・・虻さん、刺さないでね。

|

« 何も知らなかった日本人 畠山清行 著 | トップページ | 読書感 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 著 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/16347967

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の使者 その3:

« 何も知らなかった日本人 畠山清行 著 | トップページ | 読書感 さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 山田真哉 著 »