« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月30日 (金)

タヌキさんのつり橋

Image047_2  山歩きをしていると、時々おもしろいものと遭遇します。このつり橋も、いつまで使われていたのでしょうか。対岸にも道はなくなっているようですし、いま渡ろうとしたら、あちらまで無事に着けるかどうか・・・かなり危険ですね。街場でもしこのようなものが放置されていたら、「危ない」「けがをする」などと大騒ぎになるでしょうが、ここは人が普段立ち入るところではないので、「立ち入り禁止」の札や、ロープがはってあるわけではなし、行く気になれば渡れます。多分タヌキさんあたりは使っているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月28日 (水)

真冨士山 我が家のまわりの風景

 先日、我が家のまわりのお山の話をしましたが、少し高いところから私の住んでいるところの写真を撮ってみました。下の方の屋根が見えImage053るところが私のいる集落です(我が家は右手前の山に隠れていてギリギリ見えませんが)。 中程の二つの山は600m程度の山。その奥の壁のような高い山が1,000mを越える山々で、正面にはちょうど真冨士山が写っています。写真を撮ったところから直線距離にして7キロメートルぐらいでしょうか。手前の山にはお茶畑などがあって、まだ人生活とのつながりを感じますが、奥の山には植林はあるものの、やはり動物の王国です。タヌキも、キツネも、サルも、イノシシも、シカも、そしてクマも、ここで生活をしています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年5月26日 (月)

おいらの季節 雨蛙

Image063_2  朝、庭に出ましたら、葉っぱの上で、「おはようございます」。雨カエルさんが、葉っぱの上でのんびりしていました。近づいても、少し触っても、写真に撮っても、「別に・・・」と動じません。うちの愛ネコの餌食とならないように、言い聞かせましたが、理解できたかどうか・・・・。梅雨が近づき、田んぼに水がはられれば、我が家のまわりはカエル天国となります。ネコや蛇などに食べられる以外にも自動車に轢かれる危険もあります。カエルさん達、お大事に生活して下さい。

 この子、「雨蛙」とタイトルに書きましたが、「もりあおがえる」かな?そんな気がしてきました。我が家のまわりにもたまごがあります

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月24日 (土)

猪とり

Image057  先日、我が家のまわりで比較的標高の高い山へ歩きに行きました。途中の山の中でご覧のような、デカイねずみ取りを発見。と、これは「イノシシとり」でした。

 時々、これに熊が入ることもあるそうで、想像するとかなり恐いですね。イノシシでも大きいのが中で暴れ回れば、近づくのにも勇気がいりそうです。ハンター達はなれているのでしょうが。。。

 先日も休日にデッキで読書をしていましたら、川向こうの少し離れた藪で、不自然に木々が動きました。「何かいる!」と思って目を凝らしてみていると、出できたのはかなり大きな「イノシシ」。じばらくウロウロしていましたが、軽トラが走ってくる音でまた藪へ消えていきました。結構まわりにいるのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月22日 (木)

青虫の盛大な贈り物

Image037  我が家の畑ではレタスが豊作の季節となりました。毎日レタスサラダが盛大に食べられるのは幸せです。レタスにもキャベツ同様青虫がつきますが、全ての株につくのではなく、特定の株につくようです。その株が美味しいのかどうかわかりませんが、青虫の糞がたくさんついている株は、毎年、青虫さんにあげることにしています。しばらくの間は私たちも青虫になってレタスをもりもり食べることになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月20日 (火)

ブルーベリーに実がついた♪

Image039  知り合いから、今春ブルーベリーの苗をいただいて、畑に植えておきました。白い小さな花をつけていまして、「さて、がんばれ」とまわりの草を取ったり、水をあげていましたら、さてさて、実をつけています。

 ブルーベリーは一本だけでは実つきが恐ろしく悪いらしく、本などで調べても「二本以上で植えて」と必ず書いてあります。「枝がふれ合うぐらいの距離で」と書いてある本もあり、「人間の関係みたい」と、妙に得心したりして。

 これから、実が大きくなって、色が変わったのから収穫、との段取りですが、今度は野鳥にとられないように、と彼らとの競争です。毎朝確認せねば。。。初どりはいつになるかな♪

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月18日 (日)

お山を売る話し

 知り合Image144いから、「親から譲り受けた山を売りたいので協力してほしい」と連絡があり、今いろいろと動いています。私の家から車で20分ぐらいのところで、一町三反ぐらいの広さがありますが、地図をもとに実際見に行っても 場所はなかなかわからないものです。山には目印も何もないもので・・・・。地元の人に連絡をとって、今度一緒に見て回る予定です。

 二十数年前、農業研修で農家にいた時、山に林道を造る計画が持ち上がり、地域の中で繰り返し話し合いをしました。その時も、今回の写真のような山の地図を中心にして、「どこを通すか」、「誰の土地がどうのこうの」、と夜遅くまで話しをしていました。これが明治時代でも同じような光景だったのかな、と端で見ていて思ったものです。

 今回の件、買い手がいなかったら私が買おうかな。でも今のままでは、山に手をかける時間がなさそうだし。思案です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

つたの魅力、生命力

Image852  家の前にツタのアーチがあるといいね、等とカミさんと話して、ツタを植えました。数年経って、ご覧の通り玄関前に立派なアーチができました。斑入りのアイビーも植えたのですが、他のつたと一緒だと「先祖かえり」するのか、何年か経つうちに白色はなくなってしまいました。

 先日、昼間に車で両河内を走っていたら、ご覧のようなお家をImage848和田島で発見。これはなかなかに強力。。。よく見ると一階の屋根には秋に百合も咲くようです。しかも草丈の長さから見ると芽を出して数年は経っているかな。秋に花をつけたら、また写真撮ろうかしら。

 今、毎日通勤に使う山道が工事中で半年近く別の道へ迂回しているのですが、その道沿いにある家です。今まで全く気づきませんでしたが、これはすごい。思わず車を停めて写真を撮ってしまいました。廃屋のような感じですが、何年経つとこうなるのでしょう???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

みんなのお店 わ

Image143  静岡県内の小規模授産所が作成したグッズや陶器、パンなどを販売するお店が私の職場の近くにオープンしました。このようなお店は、今まで福祉会館などの公共建物の中にはありましたが、一般の商店街で、開店するケースは珍しいです。

 場所は静岡鉄道の新静岡駅近くの北街道沿いで、普段から人通りの多い場所。お店の中をのぞきますと、なかなかできばえのよい作品が並んでいます。なんといっても価格が安いのが印象にの残りました。もう少し高くても売れそうな気もしますが、色々と思惑?戦略?もあるのでしょう。他のお店と比べても十分やっていけそうに思いました。テナント料も高いでしょうが、がんばってお店が続きますように。

中日新聞CHUNCHI Web 静岡・葵区に障害者のお店オープン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

てっせんにアゲハチョウ

Image832  てっせんも花盛りとなりました。我が家のものどうも奥手のようで、はまだつぼみです。この写真は近所のお宅へ伺った時に咲いていたものを撮ったのですが、ちょうど黒アゲハチョウがてっせんの花に遊びに来ていました。初めは下の花についていたので、「写真を撮ろう・・」とポケットから慌てて携帯を出し、ひらいているうちに上の方の花へひらひら移動してしまい、シャッターをきった瞬間にどこかへ飛んで行きました。もう少し早く写せればよかったけれど、これも巡り会いでしょうね。

 しかし、このてっせん(クレマチス)、根元のところは枯れたツルのようで、我が家の庭植えのものではいつも草取りの時に間違えて抜きそうになります。Image839_2 この写真は我が家の鉢植えのてっせんです。鉢の真ん中から茶色い、頼りなさそうなツルが伸びていますが、これが上の方に行くと青々と葉をつけてきれいな花を咲かせている「元」なのです。ネットで「てっせん」の写真を見ますとほとんどが花の写真です。確かにお花がきれいなのですが、こんな根元なのだ、とご存じでなかった方のために。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月10日 (土)

善光寺とたけのこ祭り 動画 3分21秒

 先日、布沢地区で行われた、善光寺とたけのこ祭りについて記事にしましたが、当日の様子を動画で編集しましたので下からご覧下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 8日 (木)

山を仰ぎながら考えました

Image831  5月の快晴は最高に気持ちのいいものです。この写真は我が家の台所の窓を開けて裏の茶畑(お茶刈り寸前)越しに奥の山々を撮ったものです。電信柱と電線が少し気になりますが、、、まぁ、ご勘弁下さい。

 さて、我が家のまわりは全て「山」ですが、植林がされていたり、茶畑やお墓が見えていたり、で何となく優しい感じがします。ところが同じ西河内地区でも隣の地区である大平部落(路線バスの終着になっている)へ行きますと、特に奥の方では山々の様子が一変します。我が家のまわりの山は標高が500メートルぐらいですが、大平ではいきなり1400メートルを超える山々が家の裏にある感覚です。山の威厳、といったものをひしひしと感じて、これはこれで私の好きな風景なのです。我が家からは、1000メートル以上の山は、手前の数百メートルに遮られて見えないのですよね。

 大平部落奥の集落のあるところの標高は200メートル強です。あまり調べたことがありませんが、集落からいきなり壁のようなこの標高差があるところは珍しいのでは、といつも思っています。上手くこの標高差を感じられる写真が撮れればまた、ご紹介したいところです。

 「我が家は山の中」といつも言っていますが、山の中でもそれぞれの場所で色々な特徴があるものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 6日 (火)

こんな寝相はいかが?

 おなかを出して寝るネコと、そうでないネコがいます。Image151体型の違いで、無理におなかを出すように寝かせてもできない子もいますし、そもそもおなかを出す格好はネコにとって好きではないようです。そりゃ、無防備ですからね。でも、おなかをさらけ出した寝相はとてもかわいいのです。写真はタケゾウくん。彼は時々こんな格好で寝ています。以前いたネコは板の間でもどこでもこの格好でしたが、タケゾウくんの場合は、布団の上など柔らかいところだけ、できます。しかし、この格好で首は痛くないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 4日 (日)

著莪(しゃが)

Image147  この時期、我が家の裏の方でたくさん咲いているのは「著莪(しゃが)」です。もともと、庭の一部に自生していたのを、植えかえたら、増えるわ増えるわ、、、、「しゃが畑」になってしまいました。何となく「お寺の裏の方に咲いている花」といったイメージがあるのですが、私の偏見かな。

 今の時期、我が家の他の所ではスズランも咲いていまして、スズランもこちらに植えかえて増やそうかな、とも思っています。来年は著莪とスズランのコラボレーションが楽しめるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

わらびの季節

Image157 休日に山へわらびを取りに行きました。本当は4月の中頃に行きたかったのですが、なかなか調整がつかず、この時期になりましたら、やはり盛りの時は少し過ぎているようです。それでも斜面を歩き回るとそこそこ採ることができます。探し回っているとあちこちに「落とし穴」がありますので、要注意。これは秋に誰かが山芋を掘った跡です。掘ったものは埋めとけばいいのに、と思いますが、そのまま帰っていくようです。これもマナー違反ですよね。

 毎年、歩いているこのわらびの自生しているお山、どこかはヒ・ミ・ツ・です。あしからず。。。採ってきたわらびは木灰をかけて、熱湯を注ぎアク抜きをして美味しくいただきました。山の恵みに改めて感謝、です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »