« つたの魅力、生命力 | トップページ | ブルーベリーに実がついた♪ »

2008年5月18日 (日)

お山を売る話し

 知り合Image144いから、「親から譲り受けた山を売りたいので協力してほしい」と連絡があり、今いろいろと動いています。私の家から車で20分ぐらいのところで、一町三反ぐらいの広さがありますが、地図をもとに実際見に行っても 場所はなかなかわからないものです。山には目印も何もないもので・・・・。地元の人に連絡をとって、今度一緒に見て回る予定です。

 二十数年前、農業研修で農家にいた時、山に林道を造る計画が持ち上がり、地域の中で繰り返し話し合いをしました。その時も、今回の写真のような山の地図を中心にして、「どこを通すか」、「誰の土地がどうのこうの」、と夜遅くまで話しをしていました。これが明治時代でも同じような光景だったのかな、と端で見ていて思ったものです。

 今回の件、買い手がいなかったら私が買おうかな。でも今のままでは、山に手をかける時間がなさそうだし。思案です。

|

« つたの魅力、生命力 | トップページ | ブルーベリーに実がついた♪ »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お山を売る話し:

« つたの魅力、生命力 | トップページ | ブルーベリーに実がついた♪ »