« やませみの湯 その2 | トップページ | 夏の使者 クワガタムシ »

2008年6月11日 (水)

田植えの季節

Image846  いよいよ田植えのシーズンとなりました。我が地域では一番茶が終わって二番茶の刈りとりとの間に、田植え作業があります。ここでは、一枚の田んぼが小さくて、手植えをするところも多くあります。土日などに親戚や子どもが集まり、一斉に田植えをするのです。川下の地区では、農村基盤整備事業で、田んぼの面積を広くしたところもあり、そこでは機械化も進んでいますが、奥の方になるにつれ、傾斜もきつく、平らな場所も狭くなるのでなるので、田んぼの面積も小さくなってきて、「人力」の作業になるのです。

 写真は大平地区の田植え風景です。代かきをした田んぼに線をひいて植えていきます。腰の痛くなる作業ですが、同じ場所で100年以上毎年続いている仕事です。

|

« やませみの湯 その2 | トップページ | 夏の使者 クワガタムシ »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちわ~
もう田植えの時期なのですね。
わたしの実家にも小さい頃は田んぼがあり
毎年親戚のひとを頼んで田植えをしていました。
小さかった私はあぜ道などで遊んでいましたが
お昼にみんな集まってござの上でお昼を食べる
のが楽しかった記憶があります。
近頃ではそんな風景さえ見なくなりましたね。
ちょっぴりさみしいですね♪

投稿: べりーべりー | 2008年6月12日 (木) 15時23分

べりーべりー 様
 快い農村の風景ですね。私もしばらく前までは田んぼを借りて黒米を作っていた。
その際には知り合いの家族などが大勢来て皆で田植えをしました。子どもと犬はすぐに泥遊びに夢中になりましたが。大人は終わった後の飲み会だけを楽しみにしていたような・・・。
是非また、田んぼをやりたいと思っています。

投稿: ももたろう | 2008年6月13日 (金) 22時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田植えの季節:

« やませみの湯 その2 | トップページ | 夏の使者 クワガタムシ »