« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

ベンガル猫

 中学生時代の友人がCa340118ベンガル猫のブリーダーをしていまして、先日、生後一日目の子の写真を送ってくれました。我が家の子もこんなだったんだな~~~、としばらくの時間、写真を見ていました(我が家のおネコさんは純粋な「雑種」ですが)。とにもかくにも、生まれたての子どもはネコでもニワトリでもヤギでも、本当に一日見ていても飽きません。我が家で生まれたネコさんも、今年の7月で5才になりました。もう少ししたら、また次の子が欲しくなるかもしれません。

 ノアの小屋

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月30日 (土)

蜂の災難

 昨日に引きImage250続き、蜂さんの話題です。我が家で蜂が毎年巣をかける場所のもう一つは 、玄関横です。例年通りここにも蜂がやってきて、先ずは小さいマイホームの建設を始めました。「ドロボウよけになるかな」などと、いつも見ていましたが、先日来、住人が不在になりました。その直前、たまたま見た時に大きなカマキリがこの蜂の巣のすぐ横に鎮座していまして、「もしや、カマキリが食べたか??」とも想像しましたが、真相は闇の中。または、鳥の餌食になったのかもしれません。マイホームは空き家となってしまいました。ブンブンしていると気を使いますが、いなくなればなったで寂しいものですね。しかし、どうしちゃったのでしょうか?合掌

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月29日 (金)

共存には工夫が必要

Image252  毎年夏から秋にかけて、一緒に生活するのに骨を折る家族がおります。それは逆光の写真になっちゃいましたが「蜂」さんです。毎年、同じような場所に巣を作るのですが、その一つの場所がニワトリ小屋のエサ置き場です。雨もあたらず、彼女らにとって最適環境なのでしょう。今年もご覧のような盛大な巣になりまして、たくさんの蜂たちがブンブンしています。アシナガバチのようですね。何もしなければ何もないのですが、ニワトリ小屋の戸を開けるたびにその振動で一斉に「ブゥゥゥン」と臨戦態勢に。「危害くわえないからね」といつも言って聞かせるのですが、常に上を気にしながら、ニワトリにエサをあげたり水を替えたりしています。しばらくは彼女らとの共存に気を使う日々が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月28日 (木)

ゆく夏を・・・・

 私の通勤途中にある事務所がある朝、閉鎖されていました。Image095今までの「ご愛顧」に感謝するでもないぶっきらぼうな挨拶文が、 ゆきすぎる夏を偲ぶのにかなりハマる写真です。

 先日の夕方、職場を出て隣の公園を歩いていたら、足下からセミが飛び立ちました。私が歩いてきたのに驚いたようで、最後の力を振り絞って、といった感じで鳴きながら飛び上がったのです。前のビルの3階ぐらいの高さまで上がった時、不意に現れた鳥が「パクッ」。まさに電光石火の早業でした。これも晩夏感じさせる風景。今年の夏も過ぎていくのを実感しております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

トンボの産卵

Image233  デッキで読書をしていたら、足もとにヘリコプター、でなくトンボがやってきました。オニヤンマかな?と、見ると、雨がたまったデッキの上で不自然な動作を・・・どうやら産卵をしているようです。ちょっと飛んではお尻を曲げてデッキにくっつけています。ありゃりゃゃゃゃ、ここじゃヤゴにはならないよ、と思って見ていても、熱心に続けています。Image234 時には、デッキの木と木の間にお尻をつっこんで静止しています。いつもここには水がないのに・・・わからないのかな??・・・でもこのように孵化しない(できない)卵も膨大な数、あるのでしょうね。トンボさん、次の時にはよい環境で産卵できますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月26日 (火)

川の顔

Image486   最近の雨は、シトシトでなく、どっと降ることが多いですね。全国各地で鉄砲水のような事故が起きていますが、我が地も例外ではありません。7月にも2時間程度の雨でしたが、大雨洪水警報が発令されました。我が家の前の興津川もいつもは穏やかに流れていて、まさしく「清流」と呼ぶのにふさわしいのですが、こんな雨の時は一気に水かさが増し、どこか奥の方で崩れているのか、土色をした濁流となります。興津川は我が家の辺りで、源泉から7~8キロメートルですが、時に恐いほどの顔を見せることがあります。雨の降り方の変化もあるでしょうし、山の手入れ状態の変化もあるでしょうし、いずれにしても大きな問題です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

COCOTABOライブ

Image185  先日、草喰庵にきたCOCOTABOさんですが、来る、9月14日(日)に我が河内地区で「満月の夕べ野外音楽祭」と題して、コンサートを行うことになりました。場所は、お食事処「茶茶」。このお店は私もしょっちゅう利用する、安くて気さくなお店です。この「茶茶」の裏側に野外で煮炊きできるバーベキューガーデンがあるのですが、そこが会場です。COCOTOBOさんは「竈(かまど)」をつくる職人でもあり、コンサートの後には、今まで手がけた竈などを紹介しながらのスライドショーもあるそうで、それも楽しみです。9月14日は「中秋の名月」が出る夜ですし、この企画はテント持参で泊まることもできますので、当日は是非お天気になってほいものです。

 案内ちらし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

獲物を連れてきて

Image113  ネズミやモグラ・鳥と、色々な生き物をくわえてきては得意そうに帰宅するおネコさん達ですが、これだけは「勘弁して~~」と言いたくなります。先日も人間様が帰宅したら、おネコさん騒動の真っ最中で、たたんで積んであった洗濯物もごちゃごちゃにして楽しんでいました。おネコさんの習性ですから怒るわけにもいかず、「記念写真」を撮った後、人間様がつかまえて表へ逃がしてやりました。

 蛇さんを見たくない方は写真をクリックしないでね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

見事な同化術

Image041_3  網戸に「あら、こんなところに枯れ枝が」、と思ってとろうとしたら昆虫くんでした。しかし、昆虫は足が6本のはず・・・足がたりないようですが、それも自然界の厳しさなのでしょうか。しかし、これは見事な変身術ですね。草の中にいたら絶対にわからないでしょう。身体の形と色がうまくできているものです。彼らは何を食べて、どれぐらい生きるのか、どんな生活をしているのでしょうか・・・それより何より、名前がわかりませぬ。家のまわりで見かける昆虫は沢山いますが、知らないことばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

アトリエさくら丸で会った球体関節人形

Image943  球体関節人形というジャンルがあるのを初めて知りました。以前、酒びん古時計を紹介した、近所の骨董屋さん(正式には「アトリエ さくら丸」といいます。またご紹介します。)で小野智あんの作品を紹介されました。そこで、さくら丸オーナーが描いた画の前でいつもながらの携帯電話写真を撮ってみましたがいかがでしょうか。正面からそのまま撮ったら肌の白色が飛んでしまいましたね。人形さん、きれいに撮れなくてごめんなさい。このような人形はリアルでもあり、「ちょっと勘弁」と言う方もいらっしゃりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

お盆のお供え物

Image154  お盆のお供え物にはいろいろあります。夏野菜の代表である、ナスで牛を、キュウリで馬を作るのはどこでも見られるようです。我が両河内での新盆に行きましても、ご覧の通り。「いらっしゃる時は馬に乗って早く来て、帰りはおみやげをどっさり持って牛に乗ってゆっくり帰って」、との意味があるそうです。写真を撮らせていただいたこのお宅では、それぞれにオクラとシシトウが乗せてありましたが、これは「ご愛敬」ですな。最初にニガウリ(ゴーヤ)を乗せたら、馬や牛より大きく、変な格好で不評なのでやめたとか。家族みんなで和気藹々とお供えを飾っている様子が想像されます。お盆はご先祖様を敬い、同時に現在の私たちの生活に感謝する、誠に素晴らしい習慣だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月20日 (水)

草喰庵でバーベキュー♪

Image089_2  近所で若い友人がやっている「草喰庵」。いろいろな連中が集まってきては、歌を歌ったり、語り合ったりするスペースです。先日、その彼から「バーベキューやるからどうぞ」と、嬉しいお誘い。当日は仕事だったので夜から参加しました。もう暗くなっていたので、外で焼いていた方々も家の中へ入り飲み会は続行中でした。沖縄在住のレゲエシンガー「COCOTABO」さんも参加しギターを抱えて一曲披露。その後は歌好きが多かったのでギターなどをまわして、大歌唱大会です。私としては珍しく20代、30代の仲間達と共に楽しく一夜を過ごしました。よい雰囲気につられて45度の泡盛をロックでパカパカ飲んでいたら翌日はこれまた久しぶりに頭痛の朝を迎えました。年甲斐もなく反省しきり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月19日 (火)

ブルーべーリー 落合農園

Image135  以前にちょびっと紹介しましたが、この夏からオープンした清水区土(ど)のブルーべーリー「落合農園」。ご主人がそれまでの仕事を辞めて、バス通り沿いの土地で農園を始めたのです。ちょうど、今ブルーベリーが収穫できる時期でもあり、初めて寄ってみました。ブルーベリー畑のわきには直売店も現在整備中です。

 ブルーベリーにも種類が色々あります。Image142_2 写真のは大きい種類のものですが、甘くて美味しい味でした(悔しいけど我が家のより数段甘い!)。サクランボのように一つずつ食べても十分に楽しめます。いま、落合農園では100グラム、250円で販売しています。安いですな。本格的な出荷は来年からで現在は近くの方々がお使いものなどにお願いしているようです。また、春にはブルーベリーの花も楽しめる、とのことで、我が西河内で楽しい場所が一つ増えました。

ブルーベーリー落合農園 電話054-395-2725 FAX054-395-2762

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月18日 (月)

暑いのに

Image046_2  他のネコが寝ているとそこへ来て占領する子がいるものです。先日も段ボール箱で「たけぞう」くん(上の子)が寝ていたら、「たまのすけ」くん(下の子)が無理矢理入ってきました。気の弱いたけぞうくんは普段ならすごすごとその場を明け渡すのですが、この日はそうではありませんでした。結果、このような暑苦しい画となってしまったわけです。暑いのにご苦労さんなこってす。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月17日 (日)

河内盆踊り

Image159  今年も恒例の河内盆踊りがありました。しかし、老いも若きも多くの方々が盆踊り大好きです。河内の盆踊りの「客寄せパンダ」はご覧のナイアガラ瀑布やいくつかの打ち上げ花火です。

 我々は当日朝から、会場設営やこの「ナイアガラ」のために興津川の上に番線を張り、花火を仕掛けたりしています。点火すれば歓声と共に瞬く間に終わってしまうこの一瞬が見たいがために。今年は夕立もなく、無事終了できました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月16日 (土)

栗コーダーカルテット演奏会

Image055  栗コーダーカルテットの演奏会に行ってきました。夏休みの「ファミリーコンサート」とのことで、よい子のお坊ちゃん・お譲ちゃんにまじって聴きました。「ファミリーコンサート」なので、よい子たちがよく知っている「どらえもん」や「アンパンマン」の曲が出てくるのかな、と思っていたら、オリジナルも含めてよい子は「初めて聴くだろう」曲ばかりでした。それでも皆、静かに聴いていたのは演奏者の力量でしょう。楽しいコンサートでした。

 それにしても今回は日曜日午後のコンサートでしたが、よい子を連れてきているのはほとんどお母さんばかりで、お父さんはどうしちゃったんでしょうねぇ??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月15日 (金)

書・陶 展

Image129  陶芸家塚田誠が書家の森貴代恵と焼津の藍画廊で個展を開きます。8月21日(木)から26日(火)までと、期間は長くありませんが、たくさんの方々にお越しいただけるとありがたいです。お近くのみなさま、どうぞいらして下さい。

 例によって案内状を作りましたが、パソコンを使うようになって、このようなものを作るのが本当に楽になりましたね。しかし逆に印刷会社は大変なようで、職場にも飛び込みの営業がよく訪れます。実は転業した印刷屋の友人がいまして、以前に曰く、「印刷屋のもうけは『版』を作るところにあったのが、今では版は持ち込まれる。また、リソグラフなどで簡易でそれなりの印刷がどこでもできるようになり、厳しい。。。」。確かに。。。。

 案 内 状

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月14日 (木)

新盆まわり

Image134  お盆です。今年は近所で新盆が7軒ありまして、昨夜は4軒まわりました。この一年間で7回、葬式にも出たことになりますね。毎年のことですが、多くは高齢の方なのです。しかし、中には鬼籍に入られるのが「早すぎる」方もいらっしゃいました。そんな、50代で物故された方のお宅でお線香をあげた後、ご家族の方や、次々と訪れる方々と一緒に酒を飲んでいました。と、孫娘が起きてやってきて、私の隣で一升瓶が気に入ったのか、抱えたままご満悦。座にいた皆さんの喝采を浴びていました。この楽しいひとときも、天国に行った彼が設定したのでしょう。どこからか見ていたことでしょう。感謝、合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月13日 (水)

本焼き前の作品

Image069  先日、塚田誠氏の個展に向けての制作を記事にしましたが、あの時、書家の彼女が書いたものに上薬を塗ると、ご覧の通り。きれいに文字のところの薬がとんでいます。これから本焼きの窯に入り、完成作品となるのですが、どのように仕上がるか、楽しみですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月12日 (火)

夏は屋外で音楽を

Image022  暑い中で汗を流しながら音楽を聴くのは最高です。静岡市の青葉公園で毎年夏に開かれるジャズコンサート。今年も仕事を終えてから寄ってみました。前夜はたまたまホールでモーツアルトを聴きに行く企画がありましたが、生ビールをひっかけて行ったせいか盛大な子守歌になってしまいました。演奏者からは「モーツアルトは心地よいですのでどうぞ眠って下さい」などと言われていましたが、反省しきりです。

 しかし、野外のジャズでは眠ることはありません。毎年聴いているバンドもあり、生ビールを買って飲みながら演奏を十分に堪能しました。来年は午後の仕事は休みをとって聴きたいな。

第16回 ストリート・ジャズ・イン・シズオカ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

一歩間違えば大惨事

Image045_2  ここも激しく崩れています。場所は清水区興津。国道一号線と東海道本線が並行して走っているところです。東海道本線のトンネルの上がザックリとえぐり取られたので、国道に土砂が流れ込まないように土嚢を積んでありました。この場所は東名高速道路・新幹線・国道一号線・東海道本線が全て並行して走っています(トンネルもあり)。まさに日本の大動脈ですが、台風で大波が押し寄せると通行止めになりますし、山崩れも多い場所なのです。迂回する道も実際上なし・・・では日本の物流の「アキレス腱」ですね。早く直さないと再び来る大雨でさらに崩れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

蝉の脱皮

Image074 我が家の庭は草が生い茂っていて、先日も鎌を片手に悪戦苦闘していましたら、カミさんが、こんな光景を見つけました。数年間の地中生活を卒業して、今からまさに飛び立とうとしています。思わず、草刈りをやめて見入ってしまいました。少しずつ少しずつ、羽がしっかりしていきます。蝉の羽化は朝から始まって、飛び立つのは夜になってからのようですが、これから一週間、しっかり鳴いて子孫を残すのです。これから生むであろう、彼(彼女?)の子どもが再び地上へ出てくるまで、オリンピックが2回ぐらい過ぎるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

塚田誠 個展に向けての制作

Image866_2  陶芸家の塚田誠氏が今月下旬に焼津市で、書家の方と一緒に個展を開きます。コラボレーション(共同制作)というやつですね。先日夜、彼の工房へ行きましたら、素焼きした陶芸の作品に、書家の彼女が丹念に文字を書いていました。その日に書いていたのは、陶器表面の油薬をはじいて文字が出るようなやり方だそうですが、どんなふうに仕上がるのか本焼きの結果が楽しみです。これから個展に向けての制作が盛夏の中、エアコンのない工房で続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

ブルーベリーの初収穫♪

Image009_2  ついに収穫できました。待ちました、待ちました。ろくろ首になりました♪ブルーベリー。先ず二つが色づきましたので採りました。若干まだ若い感じですが、待ちきれませぬし、明日までおいておくと野鳥さんに盗られてしまうような気がして・・・。苗木は小さく、それも2本しかないので実は全部で数十個付いているだけです。これから色づいたのを順々に食していきたいと思います。今年はそれだけで満足満足。しかし、ブルーベリーでジャムを作るには前途遼遠だな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 2日 (土)

盆踊り

Image065  今年もやってまいりました。日本の夏、盆踊り。私にとっては太鼓を叩く楽しい季節でもあります。一夏に何回か叩きますが、まず第一回目が先日ありました。我が清水では、二十年以上前に宇崎竜童作曲の「港かっぽれ」が、それまでの民謡調の踊りに加えて、新しく祭りの踊りに入りました。踊り方が以前の曲に比べて激しく、できた当初は「そぐわない」とか、色々な声もありましたが、その後「かっぽれレゲエ」 「かっぽれねぶた」 「かっぽれ エイサー」 とレパートリーが次々に加わり、現在に至っています。

 初日、太鼓を2時間と少し叩きましたが、案の定、手に「まめ」ができて潰れました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »