« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月30日 (火)

秋の味覚 柿

Image081_2  忘れちゃいけない、山で採れる秋の味覚は「柿」です。写真は、色づくのに少し早いですが、枝もたわわに実っていますね。人里離れたお茶畑などへ行っても柿の木は多くあり、どの木も実をつけています。柿の実の色がつくとひときわ山がにぎやかになった感じがしますが、現状を言いますとほとんどの柿は猿やヒヨドリやその他、山の生き物の食料となっています。昔は人間にとっても貴重な甘い「お菓子」だったのでしょうが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月29日 (月)

さて、稲刈りです

Image066_2  台風などの大きな被害もなく、今年も稲の収穫時期を迎えました。我が地域でも多くの田んぼで、押して歩く「稲刈り機」を使って稲刈りをしています。植えられた稲に沿って歩くと自動的に鎌で刈り、稲束が一定の太さになると紐で結んでくれる優れものです。田んぼの仕事では地面近くで行うものが多く、田植機にしても稲刈り機にしても、登場した時には全国で狂喜乱舞したことでしょうね。

 その稲刈り機のご登場を願う前には、ご覧の通り、外側の通りをあらかじめ人力で刈っておきます。このようにしておかないと機械が入らないのです。地域の新米が食べられるのもあと少し♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月28日 (日)

秋の味覚 栗

Image062_2  栗も採れ始めました。写真は我が家の裏で水田の転作に植えられた「栗」です。今年は裏年なのかたくさんは成っていないようですが、それでも大きいのがごろごろついています。我が家の栗の木も老木、若木ともに収穫時期になりました。下に落ちた栗は人間がまごまごしていると猿がとりにきます。

 「桃栗三年柿八年」と言いますが、確かに栗はすぐに収穫できるようになりますね。しかし、栗ご飯にしても正直言って、食べられる姿にするまでにはかなり手間がかかります。夜なべ仕事に栗むきをする季節になりました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月27日 (土)

イノシシ避け

Image103  収穫の秋に合わせて、お山から動物たちもやってきます。一番稲に被害をもたらすのはイノシシや猿でしょうか。我が家のまわりでも、家の裏で何年か前に「ウリ坊」が出てきましたし、田んぼでも猿の一団があぜ道にズラ~、と並んで稲を引き抜いては食べていたこともありました。両方とも写真を撮りたかったな、まだ携帯電話写真がなかった頃でとても残念。

 さて、先日、朝に散歩をしていたら、大平部落の田んぼではご覧の通り電気柵が田んぼに張り巡らせてありました。それまでのバラ線などでは効果がなかったのでしょうか。これは人間さまでも結構ショックを受けますのでクワバラクワバラ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

おネコ百態

Image042_2  たけぞうくんは何が恥ずかしいのでしょうか?あっ、光がまぶしいのかな?携帯カメラを構えた時には両手で目を覆っているポーズだったのですが、モタモタしている間に惜しいかな片手が離れてしまいました。まぁしかし、おネコさん達はどこで何をしていても絵になります。インターネットのサイトでもネコの写真は掃いて捨てるぐらい多いのもわかりますね。かくいう私もブログのネタがつきかかるとおネコさんに登場してもらっていますので、全くもって偉そうなことは言えませんが♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

おクモさん

Image047_2  秋になると一斉に出てくる感じのものとして、このクモがいます。ジョロウグモかな?コガネグモの一種、ナガコガネグモか何かかな?よく種類はわかりませんが、毎朝、玄関前ではせっかくつくって彼らの家を壊して歩く毎日です。ほうきを使って壊しては、ほうきにくっついたクモさんは畑や他の処に連れていって放すのですが、またまた、夜になると巣作りを始め、朝には盛大なクモの巣が幾重にもできあがっています。

 写真は台所の窓を開けて見たクモさんです。こちらは裏側だしまぁいいや、とそのままにしていますが、ちょっと見た目でも10匹ぐらいがマイホームを構えて生活しています。夜、台所の光に集まる虫たちが格好のエサになるのでしょうね。そうするとここは雨もあたりにくいし、一等地だな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月24日 (水)

彼岸花 その2

Image048  ナンジャモンシャさんが教えてくれた彼岸花の別名、「はしらずはなしらず」。白いものもありますね。私が通勤途中に通る家の前にも植えてありました。ちょうど満開の時に台風13号が来ていまして、翌々日の晴れた朝に撮りましたら、少し盛りが過ぎた感じでした。でも十分に通りながら楽しめます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月23日 (火)

五十一ライブ「隠れ里の宴」 堪能しました

Image010_2  やまめの里で行われた、五十一ライブ。写真で見るその風貌から、CDで聞いた曲から、また、断片的に知った経歴から、寡黙なミュージシャンを想像していました。コンサート当日の午後、会場の準備をしていたら「なにわ」ナンバーの車でやってきた五十一氏、お店に入ってくるやいなや、「おばちゃん、魚つってきたから、さばいて出してくれる?」とカウンターで仕込みをしているおばさんに声をかけてきました。

 そしてコンサート。マチャミこと久本雅美のいとこだからか、はたまた、大阪人は皆こうなのか、語りの軽快さは、お笑い芸人並み。もちろん「日本で三本の指に入る」、と言われるスライドギターも4本のギターを持ち替えながらたっぷり聞かせてくれて、大満足のコンサートでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

離さない♪♪♪

Image091  たまのすけくんが夕食の時に膝に乗ってきます。他のネコがいても、追い払って独占します。結構「いばり」です(静岡ではこのように「いばり」と言います。今まで「いばりん坊」とか言っていましたが、「いばり」とは静岡に来て初めて聞きました)。さて、その寝方。ご覧の通りいつも「ガシッ」と両手で人間様をつかんで寝ています。他の子はそれなりに丸まっているのですが、この子だけは常に両手でしっかりつかまって寝ています。子どもの時にでも落ちた苦い経験があるのかな??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月21日 (日)

いつも時間を守ります

Image100  お彼岸になると花をつけます。彼らの体内時計は本当に正確ですね。彼岸花は葉っぱは春に出て、この季節は花だけ一斉に出ますので、なかなかに壮観です。我が両河内の中ではこの時期、至る所で花をつけていますが、今回の写真は西里の起雲寺駐車場です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月20日 (土)

なかなか芸術的♪

Image094  いかがでしょう?この木の形。竹林がはびこる問題はどこの里山でも頭の痛い課題ですが、その竹林を切ったら、一番端にあった杉だか檜だかが、こんな形で枝を伸ばして生活していました。竹林のあった山の方には枝を伸ばすことができず、従って枝がなくて、谷側には太陽の日差しを求めて目一杯枝を伸ばしたため、こんなヨットの帆のようになったのです。芸術的ですが、強風で倒れないかな?大丈夫かな?我が家の前の「河内バイパス」を降っていくと、川の向こうにこんな風景が見られます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

仲間???

Image045_3  いつものように台所の電気に誘われて、やもりさんが窓の外にくっついています。先日、盆踊りの時に夜店で買ったやもり?とかげ?の人形を出してきて、家の中からくっつけてみました。本物のやもりさんは一瞬片足を動かしました。。。が、あとは平然としていました。足を動かしたのも、突然現れた人形に反応したのか、たまたまエサとなる虫の方に踏み出したのか、よく考えると定かではありません。しばらく、人形を寄せたり、動かしたりして遊んでいましたが、本物のやもりさんは全然のってきません。もしかして、見えないのかしら???しかし、この人形、ずいぶん色合いが派手だな。これはトッケイのつもりかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

COCOTABOライブ

Image066  先日ご紹介しました、COCOTABOライブ。お食事処「茶茶」のバーベキューガーデンで行われました。暗い会場なので写真はオバケみたいですみません。当日は西河内在住の映像アーチスト、松之木氏も協力してテレビやレーザー光線を使った演出もあり、雰囲気を盛り上げました。COCOTABOの太い声の歌とバックの演奏もマッチして、20名ほど集まったお客さんも大いに満足。中秋の名月は山に隠れて、ライブの時間中には顔を出しませんでしたが、お月さんのパワーも降りそそいでいたのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

秋の味覚 むかご

Image062  「むかご」の季節となりました。秋の散歩は本当に楽しみです。あちこちでむかごを採りながら一回りできます。むかごは手軽に採れて、山芋と同じ味で、私は大好きです。さて、今夜は軽くあぶって、塩をつけてつまみにしましょうか。「食欲の秋」ですな♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

敬老の日

Image046_3  9月15日は「敬老の日」でした。各地で敬老の日に関する催し物があったことでしょうが、我が両河内でも西河内小学校体育館で企画されました。現在、静岡市の高齢化率は25.59%(4月1日現在)ですが、我が両河内は28.06%。限界集落は50%以上なので、そこまではいっていませんが・・・・。また、「準限界集落」という規定もあり、こちらは「55歳以上の人口比が50%以上」とか。これは当てはまりそうだな・・・汗。我が地区だけでなく、山間地などは確実に高齢化が進んでいます。最近、市町村合併が進んでいますが、大きな街へ吸収されることによって、全体の高齢化率は下がりますので、市町村単位での「限界集落」を見えなくするための取り組みでもあるのかな、と勘ぐってもしまいます。それにしても、100才以上の方々で元気な高齢者も多く(写真の方もそう)、私も可能ならあやかりたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

木の倒壊

2_3  先日(といっても少し前ですが)、我が両河内の林道を走っていた時の写真です。杉や檜は上には伸びていきますので、ちょっと見た目は立派な形になりますが、台風などであおられるとご覧の通り。間伐などがされていれば、成長に応じて間引きされ、十分に育っていくのですが、間伐もないため、全員がそのまま上に伸びます。従ってマッチ棒のような形の木になってしまうのです。根の張り方も貧弱なのですね。雑木は「ゴボウ根」と言われるような、下に突き刺さる根をしっかり張りますが、杉や檜は地表に張るだけです。国土の保全や災害の被害防止のためにも、里山にしっかり手が入れられる態勢にするにはどうすればいいのか、大きな問題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

興津のミカン山から

 写真は、興津の山梨ミカンとラストファームの1 夏みかん山から南の方角を撮ったものです。埠頭が見えて、「天女の羽衣伝説」で有名な三保半島が見えます。ミカン山の作業では、この風景に疲れも癒されています。

 三保半島は、西から南へ出た形の自然の造形物ですが、これは台風を避けられる格好なのですね。日本の台風は多くの場合南西からやってきますので。清水港が昔から注目され栄えたのも、ひとえにこの地形によるものだそうです。しかし、山もなく、万一地震で津波が来たら・・・。と山の上から三保を見るたび、いつも考えてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年9月13日 (土)

夏が過ぎれば、また・・・

Image03500  二階にあがるとベットは満員・・・の季節がやってきました。夏の間は暑い二階には絶対寄りつかず、板の間や玄関で寝ていました。それが、先日「一人」・・・。今ではご覧のように「ネコ玉」になって人間サマが来るのを待っています。これから春までは「川」の字ならぬ「州」の字状態で寝ることになり、狭いベットです。重たいし、寝返りはうてないし、フトンは重くて上に引っぱり上がらないし、時々ケンカして起こされるし・・・でも追い出せないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月12日 (金)

実りの秋 稲も育ちました

Image040  秋の朝は気持ちがいいですね。通勤途中、稲穂が実った田んぼの横を通るのですが、つい青空にも誘われて、車を停めて写真を撮りたくなりました。清水区茂野島の田んぼです。ずいぶん前に区画整理で一枚の田んぼが広くなりました。これから収穫が始まります。今年も美味しいお米が食べられることでしょう。

 しかし、水田を考えた古代の日本人は素晴らしい。何百年と毎年同じ場所で育て続けても連作障害もなく、小麦などに比べても多量に収穫できる・・・やはり日本は「稲穂の国」です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月11日 (木)

黒いティッシュ

Image037_2  最近、静岡駅地下道で配られているティッシュに黒いのが増えてきました。ネットで調べたら、昨年冬から本格的に販売を始めたものだそうで、高級感というか、存在感がありますね。鼻をかむと、鼻が黒くなる・・・ことはありません。。。しかし、ちり紙や鼻紙、トイレットペーパーにティッシュペパーは「白!!」という先入観が強いせいか、シゲシゲ見つめてしまいます。ちなみに某サラ金会社が静岡市ではよく配っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月10日 (水)

レクイエム 杉山善一 さま

Image01100  隣組で色々お世話になった杉山善一さんがお亡くなりになりました。72才(満年齢で71才)では、まだ少し早い鬼籍入りです。私が自治会の役を担った際にも多々アドバイスをいただき、これからも色々と教えてもらおうと期待していましたので、その意味でも残念でした。他界されたImage00700夜にご自宅へ挨拶へいきましたところ、 玄関前やアプローチに「月下美人」がいくつも咲いていました。色々な草花や生きものを丹精込めて育てることが好きでした氏の作品です。強い香りを発して、一夜限り開花することで有名な花ですが、この夜は心なしか寂しげに見えました。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 9日 (火)

夏が過ぎれば、また始まる・・・

Image021  我が河内地区の駄菓子屋、岩久商店。そこのウリはなんと言っても「オデン」ですが、夏の間はお休みをしています。やっぱり暑い時には売れないのですね。しかし、だんだん涼しくなってくると、再開です。私の休日の楽しみがまた始まるわけで、待ち遠しいですな。今シーズンも美味しくいただきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年9月 8日 (月)

クモさんも住人でございます

Image014_2  大きなクモもいく匹か我が家の同居人としています。糞が白く、床の掃除が少々大変なだけで、、特に不都合もないので、一緒に生活をしています。おネコさんが小さかった時には追い回されたりして、災難でしたが、今ではその心配もなく、悠々ととしたものです。左の子は風呂場の天井にいたのを撮ったのですが、いつもここで生活をしているクモがいます。今までは一人でいたのに、ある時からImage022_2二人で天井や壁で生活をはじめました。母グモ(かな?)は先月ぐらいまで卵を抱いていましたが、それが孵って増えました(母グモは右の方です、やっぱり貫禄がありますな)。また、このクモさんはゴキブリも捕るようで、たまに中身のない(?)ゴキブリが床にころがっています。家の中でも人間に知らない間に壮絶なバトルが行われているのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 7日 (日)

おや、こんな数字になりました

Image0092jpg  先日の朝、清静バイパスを愛車ワゴンRで通勤途中、何気なく運転席のフロントパネルを見たらオドメーターが「77775」に。これは珍しい数字に出会える、とばかりに運転しながらプチ興奮していました。そしてその時(NHK「その時歴史が動いた」調だな)、、、、記念写真におさめましたが、我らながらつまらないことに喜ぶものです。普段オドメーターなどほとんど気にしたことがないのですが、こんな時には目にとまるのも不思議です。

 新車で購入し初回点検が、平成13年7月30日。丸7年乗っていますが、それでこの数字、あっ、ちょうど一年で11,111km運転している勘定ですね。これはわかりやすくていいや、とまた変な感心をしています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 6日 (土)

態度はでかい♪

Image304  さて、寝るかな、と思って二階に上がるとベットには先客が。それも「これでもか!!」、とばかりに場所を目一杯使って横になって。いつも外ではケンカっ早い「たまのすけ」くんです。キズも絶えず毛並みもこれじゃぁ、どこかの野良猫みたいだなぁ。しかし、家の中では敵もおらず疲れも出たのかこの格好。さぞかしよい夢を見ているのでしょうね。仕方がない、人間様は小さくなって隣で寝るとしますか。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年9月 5日 (金)

五十一ライブ「隠れ里の宴」

0101_2  草喰庵主催のライブ第二弾。先日、9月12日のCOCOTABOライブをご案内しましたが、19日(金)には五十一(いそいち)氏のライブがあります。場所は、12日ライブの「茶茶」と同じく、私の家の地区である河内の「やまめの里」。ご主人がじっくりと焼き上げる「やまめ」は今回はでてきませんが・・・予算の都合でゴメンナサイm(..)m・・・、軽くつまみながらライブを堪能できる企画になっています。山里で色々な催しが楽しめるとは、何とも贅沢な話しではありませんか。お時間の都合のつく方は是非、お越し下さい。ライブ終了後は、もちろん「打ち上げ」。こちらは果てしなく続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 4日 (木)

百合の花が見頃です

Image289  我が家の百合がボチボチ咲き始めました。百合の花も開花はずいぶんバラバラですね。今年、友人からいただいた鉢のものは夏前には花が終わり、今では何もありません。我が家のまわりの百合は今頃。毎年、その数が増えています。

 今年は台風などの影響もなかったものですから、写真の百合のようにずいぶん大きくなりました。私は身長175cmですが、上を向いて花を下から撮影するぐらい伸びています。百合根もずいぶんデカイのでしょうね。思わず、つばを飲み込みそうになってしまいました。あっ、大丈夫、百合さん、とって食べないから、これからもきれいなお花をつけて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 3日 (水)

塚田誠、新しい境地

Image293  今まで何回か記事にしました、塚田誠と書家:森喜代恵とのコラボレーション。焼き上がりの作品をご紹介しましょう。油薬をはじいて文字を出す方法と、書道のように油薬で文字を書く方法と試みられましたが、両方とも興味をひくできあがりとなりましImage297た。

 また、夫婦のぐい飲みやコーヒーカップとソーサーなど、一対でセットになるものへ、例えば片方へ「五七五」もう片方へ「七七」と、両方で短歌が完成するような作品もあり、見ていても楽しい作品です。

Image303  今回、初めてお目見えしたものとしては「ペンダント」。正直言って、書がなければ、どこにもあるようなものですが、一言書かれているだけで魅力が倍増です。今後の作品も楽しみです。また、おいおい左の「塚田誠作品集」に作品の写真をアップしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月 2日 (火)

遠山晃司トリオ&中本マリ

 遠山晃司Image284トリオを見に行きました。我が両河内地区にある社会福祉法人「花園会」での企画で、第8回目となるジャズコンサートです。さて、登場してきた遠山氏はスキンヘッドですが「怖い」感じではなく、もの静かな「お坊さん」の印象。東山氏とギターの細野よしひこ氏、ピアノの森田潔氏のトリオで演奏する音楽はとても優しく、「誠実感」の漂う音に感じました。森田氏は出演者の中で一番年下で私と同じ年ですが、ずいぶん若く見えるなぁ(唐突にすみません)。そして、ゲストボーカルの中本マリさんは今 回、少しラフなスタイルで登場し、スタンダードナンバーを熱唱。1947年生まれですから60才を超えていますが、ますます魅力的な歌声です。「円熟」といっていいのでしょう。今回のライブは出演の皆さんの息づかいが感じられるような一番前に座ることができ、十二分に堪能してきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »