« 街頭キャンペーン | トップページ | 蜂さんの越冬態勢?? »

2008年10月20日 (月)

miniDVビデオカメラ その進化

Image008_2  たまたま似たような話題になりますが、仕事でminiDVテープを使うビデオカメラが複数台必要になり、かき集めたものを並べたのが今回の写真です。全部、SONYのハンディカムカメラですが、5台集まれば見事にその進化がわかります。縦型が横型にそして小さく、テープの挿入が楽に(古いものは三脚についている時には挿入できない)、AC電源の供給プラグの統一(新しいものはバッテリのつくところと同じ、古いものは独自についている)、その他、スイッチの変化など、見比べていて飽きませんでした。

 miniDVが発売されたのは1995年だそうですので約10年間。よくここまで進化したものです。そんなminiDVテープ使用のデジタルビデオカメラですが、今では完全に傍系。これからは博物館行きかな・・・。

|

« 街頭キャンペーン | トップページ | 蜂さんの越冬態勢?? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/42815265

この記事へのトラックバック一覧です: miniDVビデオカメラ その進化:

« 街頭キャンペーン | トップページ | 蜂さんの越冬態勢?? »