« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月31日 (水)

来年の架ける橋

Image074_2  2008年も最後の日となりました。昨年も最後の日には、何故か吊り橋の写真にしましたので今年も来年にかける意味で吊り橋の写真にしましょう。

 この橋は我が家から歩いてすぐの所に架かっている橋です。興津川には、上流に来ると結構吊り橋が架かっていて、散歩の時には歩くコースによっては2つぐらい渡ったりします。この橋、たまに地区のジィさまがポンポン(50ccのカブ)で渡っているのを見ますが、大丈夫かな??

 来年もよい年となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月30日 (火)

お庭の手入れ

Image922  先日の庭木を切る話しは、作業続行中ですが、我が家には庭の境の所に檜が3本ほど植わっています。これまた、南の日を受けてスクスク伸びています。あまり家の敷地に杉や檜を植える方はいないと思うのですが、家を購入した際に立っていたのでそのままにしていました。畑も日陰になってしまいますので、この際、バッサリと手を入れようと思っています。先日のような雑木なら、途中から切り倒してもまた枝が伸びてきますが、杉や檜ではそうはいきません。ですからうんと枝払いをしようと思っています。

 山仕事の応援を以前した時に、枝伐ちは幹がビール瓶の太さの所まで伐っても大丈夫、と聞いていますので、ガンガンやろうと思っていますが、何せこの高さ。どこまでできるかわかりませんが、結果はまた報告しますね。新年には空き空きになった写真をご期待下さい(できるかな、汗)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月29日 (月)

年の瀬の風景

Image029_2  いつも通る静岡駅前の地下道。その日の夜は、バンドが入れ替わり演奏する企画をしていました。四方が壁の環境なのでバンドの音は反響してかなり迫力があります。大勢の人が立ち止まって見ていましたが、私もその輪の中に。ちょうど用事があって移動している時でしたが、20分ぐらい堪能しました。しかし、年を迎える準備を何もしていないな。クリスマスも今年は家でクリスマスソングをかけることもなかったし。バタバタ年を越すことになるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月28日 (日)

レクイエム 林一夫 さま

 私の実家で一番お世話になった方が100才でご逝去されました。私も10才ぐらいの時からその方のことをはっきりと覚えていますので、もう40年になりますね。私が静岡に来てからも、年賀状だけは欠かさずやりとりをしていて、「いくつになられたのかなぁ」とカミさんとも正月になると話題になっていました。氏は東京大学を出られて、戦前から公安の仕事を長くなさっていました。終戦の時には、ある県の県警幹部で、戦後の公職追放の時の話しなどもうかがったこともありました。それはそれは、氏の人生は色々な出来事があったことでしょう。でも私にとっては最初の記憶の時から、第一線を引いた「穏やかな隠居のおじいさま」でした。今度、実家に帰りましたら、お焼香に出かけImage075_2ることとしましょう。合掌。 

 写真は静岡市葵区の青葉公園。夜の9時頃通ったら寒い中、人はわらわらいるし車は渋滞。年の瀬も一見平和な風景です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月27日 (土)

年の瀬

Image028  クリスマスも終われば、一気に歳末まっただ中。早いもので今年も一週間を切りました。天皇誕生日が12月23日になって20年たちますが、何とも忙しい時期の祝日、と今年も苦笑です。街の中はさすがに人通りがあります。しかし、飲み屋はかなり苦戦しているようで、特に「雑居ビルにテナントとして入っているカウンター+ボックス席一つ」、ぐらいのお店はとてもやってられないようです。10年ぐらい前に上司に連れられてよく行ったお店のママに先日、通りでバッタリ会いました。立ち話をしたら、昨年お店をたたんだ、とのこと。北風が胸に吹いていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月26日 (金)

Sumiko 山正亭ライブ

Image051  知り合いのシンガー、Sumikoが焼津市の山正亭でライブをしました。ここでのライブは恒例のもので、お客さんの反応もかなりのものです。クリスマスシーズンでもあったので、サンタのコスチュームでも登場したSumikoはお客さんのノリにもあおられた感じで2ステージ熱唱。慌ただしい時期ですが、楽しい一時を過ごせました。しかし、短時間での衣装替えも大変だな♪、と変な感想も持ちました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月25日 (木)

義父の入院

 老人施設で生活をしている義父ですが、マイペースを崩さずに日常を送っているようです。しかし、先日様態が急変し急遽入院することとなりました。「脳梗塞」とのことで、今すぐに生命に関わるものではない、とのドクターの話ですが、認知症はやはり進んだ感じで、昔のことを独話している時間が長くなったようです。92才になり、身体的にも精神的にも、全体が少しずつ低下していく感じで、或る意味では「健康な老い方」と言えるのかもしれません。

 緊急入院をして、ひとまず落ち着いた後、4人部屋の一般病棟に義父は移りました。病院でそこは脳梗塞の患者さんが集まったフロアで、4人部屋も全ての方が同じような症状です。私が行った時、少し耳の遠い義父は夕食中。「おとうさん」と大きな声で話しかけると、カーテン向こうの隣のベットから「はい」との返事。「あら、違うのよね」と思いながら、まだ聞こえない義父に再び「おとうさん」、隣のおじさん「はい」。義父が気づく4回ぐらい、隣のお父さんもその度に返事をしていまして、私は何とも切ない気分になりました。

Image011 写真は 清水テルサ(静岡市東部勤労者福祉センター)から見た富士山。清水港と富士山はよく合いますな。次郎長さんも眺めていたことでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月24日 (水)

新年の準備

Image025  今夜はクリスマスイブですが、私の職場では毎年この時期になると正月飾りがお目見えします。門松は先を細くすると「よくない」と言われる地域もあるようですが、ここでは問題にならないようですね。毎年、ある施設の方々がお見えになって門松をこしらえていきます。正月を迎える準備は、自宅もやらなきゃ、職場の玄関を通るたびに反省しきり。。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月23日 (火)

お庭の木切り

Image034  家の南側にある木3本が陽をうけてせいせい伸びています。南風が強いところなので防風林にはなりますが、家に日差しが当たらなくなり、何とかせねば、と切ることにしました。

 しかし、とにかく大きく成長し、枝でさえも太いのは直径が20cmにもなっていて、おまけに電線やら電話線やらも通っているものですから、慎重に慎重に。伸ばすと10m近くなるはしごを借りてきて、チェンソーで枝払いから始めました。Image037_4 

 枝がずいぶんすけてきたところで、木を途中から切り倒す事にするのですが、この日は南風が強くて、とても怖くてできませんでした(南風にあおられて北側に倒れたら家を直撃しちゃいますので)。正月前には何とかしたいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月22日 (月)

道の駅 朝霧高原

Image657  先日のお出かけネタをもう一つ。昼食を食べたのは「道の駅朝霧高原」。標高900m以上あり、空気が冷たかったです。もちろん富士山はご覧の通り。誰でもカメラを向けたくなります。ここは「高原」ですので、やはり牛さんのおみやげが豊富。今回は「牛タン」を買いましたが、非常に美味く、満足しました。今まで函南町の丹那を通る時に、よく牛さんのおみやげを買いましたが、我が家からは朝霧高原の方が近いかな。

 それとは別に、「道の駅」はなかなかに楽しいところですね。今まであまり気にしたことはなかったのですが、丹念に見てまわると、なかなか発見がありました。地場産品も興味深いですし、「道の駅フリーク」の気持ちがよくわかりました。今後、他の道の駅に行った時にも色々と見てみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月21日 (日)

来年はオイラの年

Image643  先日、山梨県の端っこを通った際に富士宮の朝霧高原も通りました。来年は「丑年」だから、青空の下、富士山をバックにして牛さんが撮れれば最高だな、とか期待を込めて行きました。しかし、お天気はよいのに冬季のせいか、お昼でも放牧場には誰も出ていません。仕方なしに、一つの牛舎へおじゃまして、表からパチリ。観光牧場とは違いますので、牛さんは人にも慣れていませんし、こちらも脅かさないように、慎重にファーストコンタクトをとりました。また、初夏の頃に撮りにきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月20日 (土)

たまには違う角度の富士山 本栖湖から

Image668  用事があり、山梨県の端っこを通りました。本栖湖のあたりは、夏などは行楽の自動車で大渋滞しますが、この時期はガラガラ。富士山もいつもとは異なる角度なので様子が違いますね。大沢崩れがよく見えます。たまたま前日に雪がよく降ったようなので大沢崩れも雪がたんまり積もっています。そんな風景をいつもより近くで見ていたら、幸田文の「崩れ」をもう一度読み直したくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月19日 (金)

我が地区から見えるお山の初雪

Image626  夜に冷たい雨が降った朝、青笹山の山頂には雪が積もっていました。我が家からも見えますが、角度がよくないので我が家から少し下がったところから撮りました。今年初めて見る風景です。快晴で夕方にはほとんどなくなってしまいましたが、さすがに1,500mを超える山です。「静岡は暖かいところ」とのイメージが強いですよね。確かに街場や海岸のそばは霜も降りない場所も多いのですが、山の方は結構寒くなります。これから我が家からも山々の雪化粧が時々見られ、冬が進んでいきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月18日 (木)

木香薔薇(もっこうバラ)の生命力

Image631  今の家を購入して、庭にもっこうバラを植えました。最初はヒョロヒョロでしたが、伸びること伸びること。デッキにはブドウ棚を作ってありましたが、それも占領する勢い。上にも伸びる伸びる。ご覧のような状態に。花が咲く時期には確かにきれいですが、これではどうしたものか・・・・。今年の冬にはバッサリ切ろうと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月17日 (水)

芸術的な朝の風景

Image619  一日よい天気になる日の早朝は霧が深くはっています。我が両河内がお茶どころである、一つの証でもあります。それが日が昇るにつれて晴れていくのですが、ちょうどその時を他の場所から見るとこんな風景になります。写真中の白い雲がもやもやしている所の下は真っ白な霧の中です。が、その5分ぐらい後には霧は消散して晴天になるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月16日 (火)

凍結防止剤の登場

Image622  12月も半ば頃になりますと、我が地域には所々で写真のようなものが置かれます。「凍結防止剤」ですね。これを、「今夜はエラク冷えて明朝は凍結するぞ」という日の夕方、地区の方々が軽トラックの荷台から道路一面に撒くのです。お陰で北側の冷たいところも凍結せずに、ドライバーは安心して車を運転できるのです。ただ、この薬は「塩化カルシウム」ですので、自動車のボディなどにつくと腐食が進む原因にもなります。車の下まわりなどをこまめに洗わなくてはなりませんが、文句は言いませぬ。撒ていくれる皆様への感謝です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月15日 (月)

街中の風景

Image604_2  街中でガソリンスタンドの閉店も時々目にします。ガソリンスタンドは敷地も広いものですから、その閉店は結構インパクトがありますよね。写真のガソリンスタンドもそんな一つ。営業していた頃は「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」、と元気よかったのですが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月14日 (日)

三島は水の街

Image595  先日三島市へ行きました。昼に時間があったので散策していて、パチリ。三島市は富士山からの伏流水が多くあふれ、その水や水路を利用して街おこしをしています。きれいな流れを巡りながら散歩ができるように散歩専用の道が整備されていたり、街中を気持ちよく歩くことができます。街中の観光案内所で尋ねたら「最近は水量が減った」とのこと。少し残念な気もしますが、新幹線の三島駅を下車してもそのまま歩けますので、私としてはお勧めの散策スポットです。そのうち動画で撮ってみたいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月13日 (土)

青葉公園、今年のイルミネーション

Image587_2  今年も各地でイルミネーションが美しい季節となり、夜のお街はそぞろ歩きの酔っぱらいが一番多い季節になりました。

 先日、酔っぱらいでない私も遅い時間に静岡市の青葉公園を歩く機会がありました。端から端まで歩いて、私なりの今年の注目はこれ。日本平動物園に今年来たシロクマの「ロッシー」です。動物園でも人気者で、静岡市も初めての市債、「ロッシー債」を販売したぐらい話題になりましたが、イルミネーションでも登場です。ただ、1km近くある永細い公園の一番はずれの場所で繁華街からも少し離れているので、見ている人はまばら。でも、それもよいでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月12日 (金)

こたつむり

Image124  訳のわからない写真ですみません。11月中旬頃に、我が家もこたつを出しましたが、もちろんおネコさん達も「待ってました♪」。外から帰ってきて、餌を食べるなり、全員がいそいそとおコタに入ってきて思い思いに寝そべっています。

 昨年だったか、ある冬の夜、ハーティさんが鼻をグズグズさせておコタへ入ってきました。他の子たちもそれぞれに入ってきて、朝になったら全員が鼻をグズグスさせたことがありました。そりゃ、移りますよね。最悪の空間です。でもみんな冬の間はここが好きです。

 また、写真のアップの仕方が、ココログさんの設定で、以前と変わっていました。知らずにそのままあげていたのですが、「どうも前と比べて見づらくなった」、と言われまして、色々調べた結果、原因を発見しました。今回と、合わせて少しさかのぼった記事中の写真をアップロードし直しましたのでまたご覧下さい。どうもまだよくわからんことも多くて苦慮しています、笑。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月11日 (木)

♪大平小唄(音頭)♪

 先日ご紹介しました、「大平音頭」。手元に10番までの歌詞が手に入りましたので、ご紹介しましょう。作詞は大平部落にお住まいの85才ぐらいになられる方ですが、現在でもお元気で、大平音頭の歌詞を尋ねますと、色々なバリエーションで答えて下さるそうです。一説によると40番ぐらいまではありそうだとか・・・・♪また、新しい歌詞が入手できましたらご紹介しますね。今回の歌詞は下記のリンクからご覧下さい。

 大 平 小 唄 ( 音 頭 ) pdf

  今回のImage123写真は、庭に生えている「ムラサキシキブ(紫式部)」。この季節、きれいな紫の実がなります。しかし、めっぽう強くて、冬に根もとから切るのですが、一年でワサワサになります。また、実が土につくのでしょうか、あちこちから新しいのが出てきます。嫌いではないのですが、こうたくさん出てきても困惑です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年12月10日 (水)

玉子を産みたくなる場所

Image032_2  動物を飼っていると、その生態、が大げさなら、その生き方を見ていて感心することが多々ありますよ。ニワトリさんは20年ぐらい飼っています。「ニワトリは三歩歩けば忘れる」等と、アホのように言われますが、どうしてどうして。例えば玉子を産む場所。ニワトリさんが玉子を産みやすい環境をつくってあげれば、誰から教わらなくても毎日必ずそこで産むようになります。具体的には「少し暗い」「高いところにある」「ワラなどでわさわさしている」「こぢんまりした空間」といったイメージでしょうか。

 写真は、その巣箱に入ってご満悦な(?迷惑顔かな?)ホシノブラック1さんです。3羽の雌鳥を一緒に飼っていますが、毎日2個ぐらいの玉子をこの巣箱で産んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 9日 (火)

レクイエム ジョン・レノン

 12月8日は太平洋戦争が始まった日でもあり、ビートルズーのメンバーであったジョン・レノン氏が銃殺された日でもありました。後者は1980年ですから、もう30年近く前になるのですね。

 1980年は私にとって「ビートルズ」と関わりのある年でした。無論、80年にグループとしてのビートルズはいませんが、メンバーのポール・マッカートニーが彼のバンド、「ウイングス」と共に1月に来日公演をする予定になっていました。私は武道館公演のチケットを79年の末に買い、正月はウイングスのLPを聞きながら、公演モードに入り、コンサートの日(確か私が買ったのは1月23日頃だっような)を楽しみにしていました。しかし、成田に降りた彼は大麻不法所持で逮捕され、公演スケジュールは全てパーに。そんな失意で開けた1980年でしたが、その年を締めくくる12月には、ジョンの暗殺。私にとって忘れられない一年でした。Image114_3  

 写真は新静岡センターの中庭(?)でのコンサート風景。これで取り壊しになるせいか、市内の学校などのコンサートが毎週末組まれています。ビートルズの曲は・・・今では完璧なスタンダードナンバーですね♪♪♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 8日 (月)

里芋の収穫

Image042_3  仕事が久々に一日お休みだと、やることが多くて、あっという間に夕方になります。何せ昼間の時間も短い季節ですし。先日は懸案の里芋を掘りあげました。地上部は霜で半分なくなっていますが、新芋は大きくなっていました。

 里芋は春に植えつけてから、草を取ったり堆肥と共に土寄せをするぐらいで、さほど手もかからず、多くの収量があり、加えて美味しいので大好きです。堀り残しがあと4株ぐらいありますが、落ち葉と土をかぶせて「越冬態勢」に入れました。今回掘りあげたお芋さんがなくなったら、また掘りだしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 7日 (日)

障害者用切符の自動券売機

Image053_5  先日、仕事で浜松市浜北区へ行きました。JRを浜松駅で降りて、「遠州鉄道」に乗り換えましたら、この鉄道の駅の自動券売機には「障害者用切符」が買える機能がついていました。写真、左側の車いすマークの所を跳ね上げるとボタンが付いていて、それを押すと障害者と介助者用の切符が買えるのです。私が毎日使うJRでは有人の窓口へ行かないと買うことができませんが、私鉄ではこのような機械もあるのですね。初めてお目にかかりました。東京などの都会には普通にあるものなのかしら??また東京に行く機会があったら気をつけて見てみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 6日 (土)

生姜漬け

Image043_2  生姜をスライスして梅酢につけて・・・と以前記事にしましたが、先日は近所のお宅から、同様なものをいただきました。我が家の漬け生姜は右側と同じ外見です。左のは赤シソで漬けたものだそうで、見事な色に染まっていますね。また、「ラッキョウを漬けるのと同じ方法ですれば生姜も甘くなる」とのことで、合わせて来年は私もやってみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 5日 (金)

ホシノブラック1

Image039_3  6月に我が家の新しい家族となった「ホシノブラック1」。現在では大人になって毎日美味しい玉子を産んでくれます。

 ホシノブラックは初めて飼った品種ですが、今までいくつか飼ったニワトリとずいぶん違う感じです。今までのトリさん達は餌をあげれば餌箱に乗って餌をつつき、水をあげれば水桶の縁にとまって水を飲む、と言った感じでして、特に水については、何度、水桶をひっくり返されたかわかりません。ところが、このホシクブラックくんはそんなことはなく、上品に(?)お召し上がりになりまして、水桶をひっくり返したことは一度もありません。とてもおとなしいですし、飼いやすいトリさんです。ニワトリにも種によって色々個性があるのですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 4日 (木)

初冬のお山

Image029  紅葉する木々も落葉が始まり、お山の様子はまるでパッチワークさながらです。里山はどこでもそうでしょうが、我が家のまわりも「植林」がずいぶんなされています。しかし、奥の方は手が入っておらず、自然のままです。新緑の時期の燃えるような緑をした山々も好きですが、この時期のパッチワークの風景もまた趣があります。

 手前に一列に並んでいるのは「西河内小学校」名物の「メタセコイヤ」。この木、「生きている化石」とも言われるそうで、種としては結構数奇な運命を辿って今日まできているようです。「冬ソナ」でも有名になりましたね。そのメタセコイヤも11月の終わりには落葉を始めました。冬ごもりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 3日 (水)

障害者週間

Image049_2  今日から12月9日まで、「障害者週間」となっています。以前は12月9日を「障害者の日」としていましたが、今では法律にも「障害者週間」の方が規定されています(障害者基本法:以前は「障害者の日」が規定されていました)。

 この12月9日は1975年に国連で「障害者の権利条約」が採択された日を記念して、「障害者の日」と日本では決められたのですが、その後12月3日が国際的には「障害者の日」になったのです(根拠は障害者に関する世界行動計画が採択された日です)。

 そこで当時の厚生省は困った!!う~ん、この12月3日と9日の違いをどうしようか・・・そこは天下の厚生省・・・あっ、ちょうど一週間だから、これは「障害者週間にしよう」・・・と、決めたとか。。。おそまつ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 2日 (火)

クレソン畑♪

Image037_3  先日、庚申さん(地区の集まり)の時、我が家の前の川にクレソンがある、との話を聞き、その場所へ行ってみました。そしたら流れが穏やかな「淵」にありました、ありました。元気にウハウハ生えていました。我が家のまわりの山から水が出ているところにも以前、植えつけたこともありました。しかし、冬季に水が枯れたりして、なかなか増えませんでしたが、ここなら水はなくなりません。加えて日当たりもよい場所だし、これからの季節に大水が出ることはないし、嬉しい見つけものをしました。早速、先っぽをいくつか摘んで、サラダにしました。夜でも懐中電灯があればサラダ分ぐらいなら採れそうで、春まで楽しむことができるでしょう。ありがたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年12月 1日 (月)

小春日和は大好きだワン

Image108  小春日和のある日、知り合いの家を訪ねましたら、ワンちゃんが大歓迎してくれました。ここのお家はウサギさんも飼っていて、同じぐらいの大きさですが、そこそこ仲がいいとのこと。しかし、顔を見ているとワンパクぶりが伝わってくるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »