« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月31日 (土)

新静岡センター営業最終日

Image102  建て替え工事で取り壊されることになった新静岡センターは今日が最終営業日でした。42年間静岡市街地の拠点としてあったため、「高校時代にいつまでもおしゃべりを続けた」とか、「彼との待ち合わせはいつもセンターでした」など、センター閉館に寄せられた声を読みますと、色々な思い出があるようです。多感な頃に私は静岡にはいませんでしたが、どのメッセージにもほのぼのとした情景が想像できます(興味のある方は下のリンクからどうぞご覧下さい)。工事中はバスターミナルも閉鎖され、その間は近くのバス停を使用しなければならず、新装されるまでかなり不便になりそうですが、どのような新しい「センター」となるのか楽しみにしていましょう。

新静岡センターみんなのメッセージ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月30日 (金)

三保が見えた♪ 田代峠行き その2

Image053_6  田代峠に向かう途中、林道の見通しのよい所から海と三保半島が見えました。我が両河内と海とのあいだには「高山」という800mぐらいの山と600m級の尾根があります。その山々のために両河内地区は海辺の清水の気候ではなく、甲州の気候になっています。さすがにこの高さまで来るとその山々を越えて海が見えます。ここは海からの風が当たることでしょう。

 写真に出ている、「現場」は山から切り出した植林を搬出しているのかな。それにしては切り出した木の山がないから、治山工事に必要な資材を運んでいるのかな。いずれにしても人里離れたところでの作業です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月29日 (木)

東海自然歩道 田代峠

Image061_2_2  先日、半日ほど我が家の奥の山を歩きに行ってきました。東海自然歩道の田代峠がその場所です。家の前を流れる興津川の源です。1000mを超える高さの所ですから、昼間でもさすがに気温が低いのですね。霜柱も写真のように立派なものを見ることができました。

 田代峠までは我が家からちょうど10km。途中まで自動車で行き、そこから歩きました。少し山歩きをしただけですが、色々とおもしろいものも見つけましたので、何回か書きましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月28日 (水)

切った枝の処理

Image096  庭木をきれいにした際の枝の処理は檜などはナタで細かくしました(まだ一部ですが)。他のモミジなどの落葉する木の枝は、以前に買った「枝シュレッター」を引っ張り出してやってみました。結果はご覧の通り。全体の1/10ぐらい片付けましたが、なかなかの優れものです。直径3cmぐらいの枝なら問題なくバリバリ片付けてくれます。時々突っこみすぎて加重の負荷がかかると回転が落ちますが、その辺りはだましだまし作業を続けると、結構スムーズに作業がはかどりました。この調子なら3月末までには何とかなるかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月27日 (火)

一番奥にある家からの風景

Image048_2  我が、西河内地区の一番奥の大平地区。その中で一番奥にある農家から撮った写真です。う~ん、まさしく山の中。真冨士山から青笹山までの尾根がきれいです。しかし、壁のように迫っていますね。尾根まで直線距離にすると1,500mぐらいでしょうか。この家の辺りが標高300mぐらいで、尾根は約1,300mあります。数字を大まかに丸めちゃって、底辺が1500、高さを1000の直角三角形と考えると平均の傾斜は35度ぐらいかな。スキー場ならかなり急勾配ですね。

 昨日記事にした「フグ」ですが、水揚げ量が多いのは「岩国」ではなく、「徳山」とのこと。酔っぱらった席で聞きましたので、私が聞き間違えたようでした。誠に失礼しました。お詫びして訂正いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月26日 (月)

フグ料理

Image037  山口と言えば、やはり「フグ」です。正確には下関ですが。でも聞きますと、下関には市場があるので有名なので、水揚げは岩国が一番多いそうです。ですから、「通」は岩国へ食べにいくとか。岩国の方が値段も安いとのこと。

 静岡県でも浜名湖でフグがとれるそうですが、下関まで持っていくと聞きました。浜名湖のフグを使って新しい名産にしよう、との取り組みもあると以前にニュースで言っていました。せっかく地元でとれるものなので、地元で食べられるといいですね。密かに浜名湖フグを応援しています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

雪景色

Image031  昨日、今日と山口は雪です。地元の方が「こんな雪景色、10年以上見たことがない」と言われるぐらいの雪でした。

 雪のない地域に住んでいるものですから、雪が積もっているのを見ると軽く興奮します。学生時代、長野から来ている友人が、「俺ら、海を見ると興奮するんだよな」と言っていましたが、同じです。しかし、家も畑も田んぼも一面の白い世界は、やはりきれいでした。お住まいになっている方にはいろいろとご不便はあるでしょうが、私にとってはよい風景を眺められてありがたかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月24日 (土)

新型新幹線 N700系

Image025  仕事で山口県に来ています。昨夜遅くに着きました。静岡駅から新幹線に乗ると最遠でも岡山までです。今回も岡山で乗り換えて新山口まで「のぞみN700系」で来ました。初めて乗りましたが座席は大きくて、明るく、パソコンを使えるよえに、コンセントも数多く設置してあり、何とも快適な列車でした。加えて大阪以西の遅い時間なので乗客も少なく、ゆったり読書ができました。

 しかし、前にも書きましたが(何度も書きますが!!)、静岡駅も一時間に一本でも「のぞみ」が止まればとても便利になるのになぁ。大阪以では岡山や、ここ新山口をはじめ、福山や徳山にも止まるのに、なぜ???と思ってしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月23日 (金)

雨の朝

Image022_3  今朝は雨の朝でしたが、暖かかったのでありがたい朝でした。早朝にゴミを捨てに表へ出て、我が家を振り返ったら、山から「なご」(雲というか霧というか、我が地域の言葉(方言)です)が降りてきました。少々、ピンボケな写真でごめんなさい。いつも湿度が高くて、頭を痛めている我が家ですが、納得できる風景ですな。ところで、今朝のような暖かさは一瞬だけで、今夜からは温度がまた冷えています。インフルエンザも流行っているようですし、そちらも気をつけましょう。今日は携帯電話から記事をアップしてみますが、うまくいくかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月22日 (木)

友人 Jr.ケンキチ君 のライブ

Image010_4  若い友人のJr.ケンキチ君が毎月一回開いているライブに初めて行ってきました。突然のお誘いでしたので、私も時間がなく、予定をゴチャゴチャ調整しても、19時開始のライブに最初の15分しかいることができませんでした。しかし、事前の打合せもせずに、いきなり2曲ほどドラムをたたいて、ライブに飛び入り参加。ほとんど「たたき逃げ」状態でしたが、是非次のライブの時には事前に予定を調整して、しっかり楽しみたいと思っています。20代30代の仲間に混じって、刹那、私も少し若返りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月21日 (水)

大寒 寒い写真をもう一葉

Image016  昨日は大寒でした。冬は冬にしか見ることができない風景があります。日が出る直前の時間が一番冷えますね。写真は西里から河内の方角、ちょうど太陽が山の上から照らし始めた時間です。しかし、人里はまだ氷の世界。お茶畑も一面に凍てついています。この時期、お茶農家の仕事はほとんどありません。でも、お茶の芽は春の準備を着々と整えているのでしょう。美味しい新茶に向けて♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月20日 (火)

動画 登呂遺跡 2分1秒

 静岡市の登呂遺跡は、教科書にも載っている弥生時代の住居跡です。現在工事中で、平成22年にはリニュアールオープンされることになっています。以前、様子を撮りに行ったのを編集しましたのでご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月19日 (月)

富士山の七変化

Image004_4  日没前後の富士山はとても美しいですね。赤色からみるみる間に青白くなって、夜のとばりがおりてきます。そんな変化をゆっくり眺めるような気持ちの余裕が生活の中に欲しいものです。でも、なかなか難しいものですから、せめて、せめて、偶然そんな時に出会えば、少しだけでも眺めるようにしています。この日もJR東静岡駅近くでそんな時間が持てました。しかし、運転する格好のまま車外で眺めていると恐ろしく寒かったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

霜柱

Image015  「今年一番の冷え込み」、と毎日ニュースで言われ続けていた先週、我が家でも冷たい朝が続きました。庭ではご覧の通り「霜柱」が。

 最近は見かけなくなりましたね。私が小学生の頃には学校へ通うのに踏んづけながら登校したものですが。・・・と考えてみると、今では未舗装の道なんてないのですね。コンクリートやアスファルトの道では霜柱はできません。最近の子どもは霜柱を踏む楽しさは味わっていないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月17日 (土)

湯原昌幸

Image068_3  タレントの湯原昌幸が大平演歌倶楽部の練習場へ昨年11月に来ました。平日の昼間だったので、私は会うことができませんでしたが、集まった倶楽部のメンバーと何曲か歌ったそうです。こちらの地域を紹介するような番組の収録で、たまたまテレビ局のスタッフが地域を物色中、通り沿いに出ていた「大平演歌倶楽部」の看板を見つけて、「何だこれ??」と、寄ったのが、事(収録)の始まりだったそうです。4時間ぐらいいたそうですが、番組で出るのは2分ぐらい、とのこと。1月21日だったか、22日に放送されるようです。どのように出るのか、誰かにビデオで録画してもらいましょう。写真は大平演歌倶楽部練習場の障子(しょうじ)に書き残された湯原のサインです。

 湯原昌幸

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月16日 (金)

初めて会った子猫たち

Image098 新年になって草喰庵で新年会があり、呼ばれて行ってきました。行きましたら、茶トラの子猫が部屋の中にチョコリ。新年会参加者の飼い猫で、生後5ヶ月だそうです。草喰庵Image125にもトラの子猫が飼われていて、同じく生後5ヶ月、とのこと。聞いたら二人は兄弟でした。兄弟でもお互いが顔を合わせると「フー」「フー」と大騒ぎ。あれは親愛の情ではないよな。生まれてすぐに離されたので、兄弟だって事がわからないのかな? わからないのかどうかがわかりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月15日 (木)

火事の怖さ

 正月から空気が乾燥していて、悲惨な火事が全国で続いています。多分そんな火事ニュースの最初だったと覚えていますが、正月に帰省していた家族など7名が亡くなった火災がありました。先日たまたま耳にしましたら、亡くなった家族の一つは、知人の連れ合いの兄弟家族だったそうで、びっくり。私も火事の経験がありますが、一瞬にして全てなくなってしまいますので、本当に怖いです。

 写真は塚田誠作品で、ぐい飲みです。平和に杯を傾けられるためにも、Image136 皆さんも火事には気をつけましょうね。そして、不幸にして亡くなられた方々に合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月14日 (水)

曙大豆

Image080  知り合いに「味噌屋」さんがいまして、先日寄ることがあって話しをしてきました。色々な話題しが出た中で、大豆の話しに興味を持ちました。それは「曙大豆(あけぼのだいず)」という品種で、「多分日本一でかい大豆じゃないか」、と言っていました。この曙大豆、甲州の身延町あたりで特産となっているそうで、なるほどネットで調べると「生育日記」やら、いろいろ出てきます。また、大きいだけでなく味も甘くて、なかなかに美味だそうで、「これで味噌をつくる」、と彼は息まいていました。できあがったら是非、食べてみたいものです。合わせて、曙大豆も育ててみたいな。身延あたりなら少し我が家周辺の方が温度が高いかも知れませんが、似たような気候ですし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月13日 (火)

木を切った後の後始末

Image057_2  年末に大きな庭木をずいぶん切りましたが、切っただけでは作業は終わりません。切った後の枝の始末が残っています。とりあえず空いている畑へ移動しましたが、すごい量。畑を使うまでそのままにしておいて、その後にどうしましょうか。焚き火にしましょうか、薪ストーブを来シーズン入れるなら、そのための燃料にとっておきますか。もう少し思案することとします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月12日 (月)

みの虫マンション??

Image082_2  葉っぱのちった木を見上げると、みの虫さんのお家がいっぱい・・・・。でもこの木だけなのです。こんなについているのは。他の木にはほとんどついていません。この木は「プラム」だったかな。みの虫さんにも好きな木、嫌いな木があるのでしょうかね。数を数えたら30以上のお家がぶら下がっていました。みの虫の家を材料にハンドバックを作る趣味はないので、そのままにしておきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

ご苦労様、の建物

Image067  先日、静岡市内を歩いていたら、ご覧のような建物に遭遇。土蔵でしょうか。だいぶ年代を感じます。中もどうなっているのかとても興味がありましたが、外観だけ記念撮影をして去りました。どれぐらい前に建てられたものでしょう??

 時に、私ら夫婦の両親もそれぞれに高齢となり、介護の問題もせまってきています。子どもの少ない時代、私らも長男長女であり、今後如何にしていくか、直近の課題です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月10日 (土)

竹林

Image050_2  竹林が放置されています。里山ではどこでも問題なっています。とにかく繁殖力が強いのでどんどん浸食していくのですね。我が家のまわりも例外ではありません。孟宗竹のタケノコが我が地域の産物ですが、近年、手の入っていない竹林が増えました。タケノコ堀りの作業は体力仕事なので農業従事者の高齢化に伴って担い手がいなくなっています。私も一シーズンタケノコ堀りの応援をしたら、体重が落ちました。「タケノコ掘りダイエット」は流行らないかな??

 放置竹林は困りものではありますが、陽を受けて緑に輝く竹は美しいものがあります。写真の竹林も手が入っていないので密植していますが・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 9日 (金)

みかん山からの眺望

Image060_3  私も会員になっている「山梨みかんトラストファーム」。今年は裏年で、全然実がならなかったようです。私もなかなか作業に参加できませんが、正月に誰もいない山小屋に行きました。ここからの眺めはとてもよく、写真のように眼下に「駿河健康ランド」、海の向こうには伊豆半島が眺められます。この山小屋には薪風呂もありまして、窓からはこの景色が望めます(なんと贅沢な♪)。奥の方の山は伊豆半島の「達磨山」かな。富士山の方角は残念ながら山の陰でして見ることができませんが、広々とした眺望がこのみかん山の好きなところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 8日 (木)

満開の梅 お食事処・茶茶にて

Image061  仕事を定時に終わっても、その後色々用事を済ませて帰ると、帰宅が20時頃になってしまうことがよくあります。そうなると、そこから夕食の準備・・・は、とてもメンドウになり、自宅近くの「お食事処・茶茶」へ行くことになります。先日も寄りましたら、アラもう梅が・・・。暖房のきいた室内においてあると開花が早いですね。梅さんが室温にだまされてしまった結果ですが、少し早い満開の梅を愛でることができて得した気分です。表へ出ると・・・きれいな星空の下、当然ながら冷た~い空気が待っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 7日 (水)

切り倒しました。

Image007_2  お庭の木切り、として年末に挑戦した庭木の手入れですが、ついに完了しました。倒す際には正直言って怖かったですが、怪我も事故もなく完了しました。切り終わって枝を片付けていると、近所の方も見にやってきて、「これ以上伸びたらクレーンを持ってこないとならなかったね」等と声をかけてくれました。切り倒したお陰で、我が家は格段に日当たりがよくなり、二階はポカポカ状態で、まことにありがたいのですが、問題は南風。今まで以上に風が当たりますので、今後は強風の時には注意しなければなりません。何せ川をさかのぼってくる風は強いのですから。Image010_3

 敷地の外から撮った写真も載せます。どうですか。以前の写真と比べると家の見通しがよくなったでしょう。何年間か懸案だったことが、一つ解決しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 6日 (火)

花梨(カリン)

Image045_4_2  我が家の近くの茶畑に「花梨(カリン)」が植わっています。もう落葉をしてしまい、実だけがなっています。本来は11月頃に収穫するものだそうですが、今でもそのままになっています。この花梨、あまりに固いので生食はできませんので、焼酎漬けにしたり、砂糖漬けにしたりして、喉にはよいようです。しかし、誰もとりません。野鳥も堅さに辟易しているのか、食べに来ないようです。このまま春を迎えるのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 5日 (月)

五十棲(いそずみ)&ブルージーンズ年末ライブ

Image043_3  昨年末、もうすぐ年越し、という時にバンドの仲間から「ライブに行かない?」と誘いを受け、出かけてきました。ライブを仕掛けたのは富士市にある文化屋楽器店。なかなかディープなお店であることは、ホームページを見れば想像がつくでしょう。観客は60名ぐらいいたでしょうか。平均年齢は・・・50代半ばぐらいかな。ライブの途中に、客席からギターを持ってステージに上がり、プロのバックでリードをとる企画がなかなか大受けです。北関東や関西からギターを抱えてやってきた方もいたようでした。休憩もなしで今回は3時間ぶっ通しのこのライブ、これから毎年恒例で足を向けることになるでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

Sumiko 山正亭ライブ動画 5分46秒

 年末にご紹介した、Sumikoの山正亭ライブ、とても全部はご紹介できませんが、数分のダイジェストを動画でご覧下さい。今回はWindows Vistaについている、Movie Makerを使って編集してみました。10分以内でカット編集をするなら、意外と快適です。パソコンのスペックも以前に比べると強力になったので、ストレスなく、コンテンツを作ることができました。また挑戦してみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 3日 (土)

檜さんがさっぱりと

Image002 お庭の手入れ、として庭の檜の枝打ちをしよう、と記事にしましたが、やりました、やりました。10mの脚立をいっぱいに伸ばして、その一番上に乗って手の届くところまで枝を落としました。おかげさまで、ご覧の通り。これなら畑にもよく日があたることになるでしょう。写真では奥の方の家に近いところには、最初に「切ります」と、記事にした木がまだ立っています。この木の切りたおしも年末に実行しました。また記事にしますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 2日 (金)

両河内中学の学生社会活動

Image952_2  年末に両河内地区の一人暮らし高齢者宅へお弁当と年末の記念品を配る企画を、我が両河内地区社協(社会福祉協議会)で実施しました。今、両河内中学では3学年合わせて約90名。これはこれで、「少ないな」と驚きますが、それはさておき、当日は40名以上の中学生が集まりました。

 独居の高齢者のお宅へ伺い、彼らは何か感じたでしょうか。中学生も色々な体験を重ねた方が今後の人生も確実に豊かになる事でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月 1日 (木)

あけましておめでとうございます

Image633

 正月はやはり「富士山」ですよね。今回は富士郡芝川町から撮った富士山です。この芝川町は今でも「一郡市町」ですが、近々お隣の富士宮市と合併する方向で話が進んでいます。いよいよ、近隣に「町村」がなくなってきました。私としては行政単位はデカくない方が、きめ細かく社会サービスが行き渡ると思うのですが、財政的に難しいのが現状のようです。小さい行政単位で切り盛りしていく画期的な手法を見つけた、と現在の流れと逆行する夢を初夢で見たいですね。

 今年もよい年になりますように。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »