« フグ料理 | トップページ | 切った枝の処理 »

2009年1月27日 (火)

一番奥にある家からの風景

Image048_2  我が、西河内地区の一番奥の大平地区。その中で一番奥にある農家から撮った写真です。う~ん、まさしく山の中。真冨士山から青笹山までの尾根がきれいです。しかし、壁のように迫っていますね。尾根まで直線距離にすると1,500mぐらいでしょうか。この家の辺りが標高300mぐらいで、尾根は約1,300mあります。数字を大まかに丸めちゃって、底辺が1500、高さを1000の直角三角形と考えると平均の傾斜は35度ぐらいかな。スキー場ならかなり急勾配ですね。

 昨日記事にした「フグ」ですが、水揚げ量が多いのは「岩国」ではなく、「徳山」とのこと。酔っぱらった席で聞きましたので、私が聞き間違えたようでした。誠に失礼しました。お詫びして訂正いたします。

|

« フグ料理 | トップページ | 切った枝の処理 »

清水区両河内の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/43870749

この記事へのトラックバック一覧です: 一番奥にある家からの風景:

« フグ料理 | トップページ | 切った枝の処理 »