« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月28日 (土)

動画 水の街、三島 2分2秒

 以前、「三島は水の街」、と記事にしましたが、今回は動画でご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月27日 (金)

家のまわりも、春♪

 Image077 我が家の前の川に桜並木があります。植えてからまだそんなに年数が経っていませんので小さい木が並んでいる感じですが、100本以上あるでしょうか。私がジジィになる頃には見事な桜並木になることでしょうな。

 植えてあるのは「ソメイヨシノ」ですが、何故か3本ぐらい寒桜が混じっていて、今花をつけ始めました。苗木で購入した時にわからなかったのでしょうね。でも、並木のほんの一部が花を咲かせているのも、それはそれで楽しめます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月26日 (木)

はしご車

Image007_3  先日、職場で防災訓練がありました。いつも炊き出しをやったり色々な企画があるのですが、今回は消防署から「はしご車」が来ました。7階から逃げ遅れた人を救助、との想定でしたが、間近で見るはしご車は迫力があります。はしごは13階ぐらいまで届く、とのことですが、できれば出動することがないように願うばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月25日 (水)

琵琶湖畔

Image031  仕事で滋賀県の大津まで行ってきました。会場が琵琶湖畔でしたので、お天気がイマイチでしたが、空き時間に琵琶湖のショットです。遠くはかすんでいてさすがに日本一の大きさで、海みたいです。でも海岸の風景と決定的に違うのは、見回しても視界に防波堤がないこと。また、写真の波うち際からほぼそのままの高さで街が続いています。台風でも大波が押し寄せることはないのでしょうね。鳩が平和そうに集まっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月24日 (火)

寺内流初代師範代拝命10周年記念コンサート

Image7329  なんですか、この重々しい題名は。この写真のライブ会場の「旗」は。トラック野郎か暴走族か、、、ではなく、ギターの神様、寺内タケシが「師範代」を公認した唯一の五十棲淑朗氏がその「師範代」を授かって、10年が過ぎた、記念のライブコンサートでした。やっぱりギターソロはうまいや。ある曲の最後でお遊び半分に「エリッククラプトンはこう弾いた・・・、リッチーブラックモアはこう弾いた・・・、ジフベックはこう・・・Image7328、そして寺内は・・・」とそれぞれの特徴あるソロを弾きわけました。・・・感動でチビりそうでした。

 どんなものを寺内タケシ氏から授かったか、興味のある方にはご覧いただきましょう。見事に体育会系のノリの「訓令」でありまする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月23日 (月)

いよいよ工事開始、になるようです

Image024_2  新静岡センターの工事がいよいよ始まります。南の広場はご覧のように大部分をフェンスでかこまれてしまいました。歩くのにもだいぶ不便ですが、それなら別の道を通ればよいだけの話し。でも工事の進捗状況を見ながら通るのもまた楽しみです。地下の食品街は3月2日まで営業するそうですが、最後の日には何か安売りをするのかしらねぇ?また、バスターミナルは3月31日まで利用できるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月22日 (日)

世界一の金塊じゃぁぁ!

 突然ですが、世界一の金塊って見たことありますか?ギネスブックにも載っている世界一の金塊は伊豆市(旧土肥町)にありました。金塊のまわりには、「写真撮影禁止」と書いていないので「写真撮ってもいいですか?」と怖ず怖ずと職員に尋ねたら「どうぞ、どうぞ」。ホームページにも載っていますので、公開OKでしたImage7243。ご紹介しましょう。

 「桜よりこっちの方がいいわぁ♪」って、誰ですか。この時価約7億円の金塊、自由に触る(なでる)こともできます。私もゆっくりとなでてきました。何かいいことあるかしら?しかし、すごい存在感でした。

 土肥金山  黄金館

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月21日 (土)

芸術的ダイコン♪

Image7274  西伊豆を車で走っていますと、ダイコンもあちこちで干してありました。ご覧のように、道路のガードレールにも平気で干してあって、なかなか牧歌的風景です。美味しい干し大根ができることでしょう。

 しかし、このダイコン、ずいぶん悩みながら伸びたのでしょうか。体積は横のダイコンに比べると倍はありますな。ダイコンにもいろいろな個性があるようですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月20日 (金)

菜の花畑に富士山

Image7270_2  菜の花も春を感じる花です。菜の花畑も、伊豆では各地に広がっていて、観光客の目を楽しませてくれます。Image7265 左の写真の畑を上から見ると、このようになります。時々、西伊豆の観光館内に出ている写真と同じですが、よい天気で富士山も華麗に写りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月19日 (木)

今年は春が早いぜ

Image7297_2  暖かさに誘われて西伊豆へ行ってきました。伊豆半島では「河津桜」という桜が有名で、この時期になると、河津桜の名所は渋滞が激しくなりまImage7300す。しかし、早い時期から桜が咲いているのは、結構あちこちにあって、さすがは「伊豆」です。今年は咲くのも早く、先日は満開の河津桜に雪が降っていていました。それはそれで絵になっていたようですが。

 写真は沼津市戸田の井田地区の桜並木です。観光客も誰もおらず静かにお花見ができました。メジロも飛び交って、春本番。 やはり、早い時期に桜の花が愛でられるのは嬉しいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月18日 (水)

ヒヨドリのエサ

Image990_2  先日ご紹介した、ジュース絞り器でミカンをジュースにすると、ミカンはご覧のようになります。以前にニワトリ小屋に入れていたのですが、ニワトリも「食べきれない」と言いますので、今では畑へImage7322投げておいています。ところが、2日もすると投げたミカンは右のように、ホロまできれいになくなっています。どうやらヒヨドリが来ては、つついて食べているようです。害もないですので、そのままにしていますが、きれいに食べるものですね。しかし、実はヒヨドリも命がけ。食べるのに夢中になって注意を怠っていると、我が家のネコの餌食になってしまいますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月17日 (火)

由比交響楽団定期演奏会に向けて

Image7350  静岡市清水区由比(以前の庵原郡由比町)で活動をしている、「由比交響楽団」。この楽団が2月22日(日)に第13回目になる定期公演を清水テルサで行います。公演の際に、毎回うちのカミさんが司会(MC)を頼まれるもので、先日の夜、打合せに行ってきました。この夜の練習は指揮者が不在で、各パートごとに練習をしていました。

 公演が終わればおきまりの打ち上げだそうですが、当事者は結構盛り上がります(当たり前ですが)。練習を重ねて美味しいお酒が飲めることでしょう。

 バンドフォーラムにこの公演会の紹介書き込みがありました。入場は無料ですので、時間の都合がつけばお近くの方は寄ってみて下さい。

 バンドフォーラム http://6126.teacup.com/miyoshi/bbs

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月16日 (月)

何でも絞ってジュースにしましょ♪

Image7323  今回は久々に本格的な風邪をひいてしまいました。治っても、少しほほの肉が落ちたような・・・。風邪の予防にはビタミンC、という訳ではないですが、我が家で今、優れもの、といえばこの装置です。半分に切ったミカンなどをジュースにしてくれるこの機械、とても重宝しています。ミカンが今年は不作、とはいえそこそこいただいたりします。中には少し痛んだものもありますが、これでジュースに絞れば美味しく飲むことができます。これからの季節、色々なオレンジや雑柑が次々と我が家にやってきます。この機械にはしばらく働いていただきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月15日 (日)

我が地区に信号機が初お目見え

Image978  風邪をひいた時に、和田島診療所で見てもらい、インフルエンザ菌が見つからず、「ホッ」として表へ出ました。そして見上げた空は・・・いつもと違う・・・。そうです。診療所近くの交差点に「信号機」がついていました。中学校区である、我が両河内地区に初めて、信号機が登場です。朝の登校&通勤時間帯には信号機があった方がいいかな?とも思いますが、それ以外の時は「あってもなくてもどちらでも」といった感じでしょう、多分。それでも中学校区に信号が一つもない、というのはいささか困ることでもあるのでしょうか、信号機がつきました。

 近所で聞きましたら、今ある横断歩道を少しずらしてから信号機を稼働させるそうですので、点灯を始めるのはもう少し後のようです。

 風邪も治りましたので、またボチボチ書いていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月12日 (木)

風邪をひきました

 数日間、風邪を引いて熱は出るわ、咳は出るわ、頭痛はするわ、で死んでいました。医者に行って、インフルエンザの検査をしてもらいましたが、インフルエンザ菌は出ませんでした。

 先日50才になり、盛大に祝ったのですが、直後にこの体調。「50過ぎたら気をつけないとね」、と方々から言われました。注意を新たにしましょう。

Image987_2 写真はタマノスケくん。夏の頃には毛が抜けて、何ともみすぼらしい姿をしていましたが、おかげさまできれいに毛も生えそろいました。これでなきゃ、どこかの野良猫と間違われちゃいますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

塚田誠作品集 箸置き

Image955  陶芸家、塚田誠の作品で私も気に入っているものを一つご紹介しましょう。

 これは「箸置き」です。鮎の箸置きですね。口のところに「爪楊枝(つまようじ)」がささるようになっていて、何とも愛らしい作品となっています。この箸置きが約数十個、段ボールの箱にがさがさ入ってアトリエにおいてあるのも、何とも彼らしい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 6日 (金)

タケゾウくんのアルマジロスタイル

Image140_2  おネコさんの寝相は色々です。先日の夜はタケゾウくんが得意の「アルマジロスタイル(我が家で丸まって寝るスタイルの呼び方です)」で寝ていました。思わず触りたくなるのですよね、この格好は。背中をなでると、大きく背伸びしながらアクビをして、またまたアルマジロになってしまいました。タケゾウくん、起こしてしまってゴメンね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 5日 (木)

新静岡センター営業最終日の夜

Image133_2_2  先日(1月31日)記事にしたのは、正しくは「新静岡センター最終営業日の朝」、でした。最後の最後は、ご覧の通り。新静岡センタへ南側の広場は人人人・・・。この18時からの「閉店セレモニー」が正真正銘の最後。私も携帯写真を撮りながらしばらくの時間見ていましたが、テナントのオーナーとおぼしき方々(みなさん同じジャケットを着ていた)と目が合うたびに「ありがとうございました」、と挨拶をされ、「あぁ、本当に最後なんだな」と実感した次第です。Image159_2_2

 そして、右の写真は翌日の2月1日日曜日の朝(私の職場はほとんど土日も出勤なので律義に通るのですわ)。 完璧に「祭りのあと」状態。いよいよこの風景も見納めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 4日 (水)

動画 雛のつるし飾りまつり 2分2秒

 今日は立春です。それに合わせたかのように、おだやかな一日でした。春らしいコンテンツをアップしましょう。一昨年だったか、の2月に撮った伊豆稲取の春の恒例行事「雛のつるし飾り」です。ビデオカメラの調子が悪く、音がうまく撮れていませんが、ご了承下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 3日 (火)

田代峠に到着 田代峠行き その5

Image087_2  やっと到着、田代峠。「峠」とは言うものの、四方はうっそうとした木々で、眺望も何もありません。ただ、僕らが登ってきた道と反対側の山梨県南部町に降りる道に尾根道が交差してしていて、「峠だな」、と感じるだけです。海抜1500mを超える、「青笹山」はここから尾根づたいに2時間程度ですので、また次の機会に是非行ってみたいものです。半日の山歩きはこのまま下山して無事に終了しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 2日 (月)

興津川源流 田代峠行き その4

Image081_3  どんどん登ってくると興津川は源流になってきました。この一筋の水流が興津川になるのか、と考えると少し感動しますね。木も茂って日も差さない場所ですので、水流の至る所に「氷柱(つらら)」ができていました。少し折って口に入れてみましたら、当たり前ですが冷たくて美味しく感じました。田代峠はもうすぐそこです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 1日 (日)

普通にある巨木 田代峠行き その3

Image089_3 田代峠に近くなってきますと、山道沿いにも杉の大きな木が多くなってきます。大きな神社の「本宮(もとみや)」に行きますと、こんな感じの風景がありますが、神聖な雰囲気を漂わせていますよね。表面の皮についているコケも静かで永い時の流れを伝えてきます。少しの間、木の気を感じながら英気を養い、峠を目指しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »