« キャンペーンにも不況の影響?? | トップページ | 足長おじさん♪ »

2009年3月 9日 (月)

弥次さん、喜多さんがいました

Image042_4  静岡市の駿府公園をめぐるお堀端を歩いていると、弥次さん、喜多さん(弥次郎兵衛と喜多八)が座っていました。言わずと知れた「東海道中膝栗毛」の登場人物で、静岡でのエピソードも作中には登場します。この弥次喜多の隣にある説明文を読んでいましたら、作者の十返舎一九は「初の職業作家」で、出生は静岡市(当時の駿府)だったのですね。それもこの像のある位置からそれほど離れていないところのようです。なんだか一段と親近感がわきました。また改めて、東海道中膝栗毛を読んでみようかな。

|

« キャンペーンにも不況の影響?? | トップページ | 足長おじさん♪ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

静岡のお街の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥次さん、喜多さんがいました:

« キャンペーンにも不況の影響?? | トップページ | 足長おじさん♪ »