« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2009年5月31日 (日)

こんな場所が好きなのです

Image1084  またまた、こんな所に寝てます。とにかくネコさん達は狭いところに入り込み、寝るのが大好きです。以前買ってきた、ツルでできたカゴに虫がついて捨てようかな、と思ってデッキへ出しておいたところ占領されました。誠に注文したみたいにピッタリですが、骨が痛くないのかな?ある日のサンタくんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月30日 (土)

つたの館、その後

 ちょうど一年ぐらい前に、つたに「占領された」お家を紹介しました。いま、どうなっているかImage1080、といいますと。・・・全て取り壊されてさら地になってしまいました。そうです、我が地区唯一の信号ができた、と記事にしましたが、その信号のある交差点の所に家はあったのです。迫力のある家でしたが、なくなってしまい少し残念です。

 あの、つたの絡まる家の風景はとてもおもしろかったので、その時撮った写真をgoogleマップにリンクする画像サイトへアップロードしていたところ、ある日、インドの方からコメントがついていました。私も下手くそな英語で返信をしました。こんな日本の田舎の写真を丹念に見ているユーザーがいるのですね。ビックリですわ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月29日 (金)

木製構造物は痛むのが早いなぁ

Image1022  清水区黒川にある、森林公園「やすらぎの森」。私も家の近くなのでよく散歩に行きますが、そこにある木を使った遊歩道(ボードウォーク)があります。できた当初は木のぬくもりが充満していて最高でしたが、現在ではご覧の通りに色々なコケが付き、歩くデッキの所々は朽ち始めています。

 時に、このコケ、山の中の古い墓跡などにも付いていますが、水分補給は「雨を待つだけ」といった、かなり原始的な生き物なのです。従って酸性雨などの影響を受けやすいらしく、大気汚染が進むと最初に姿を消すそうです。ボードウォークの手すりにたくさん付いている、ということは、我が地域の空気はきれいな証拠なのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月28日 (木)

新静岡センターが隠れてしまいました

Image1035  新静岡センターの工事は着々と進んでいるようです。センターの建物は全て覆われてしまい、解体が進んでいます。バスターミナルも使えなくなり、付近の道にバス停が移動していまして、どこで乗ったらいいのか、少々まごつく感じです。JR静岡駅前も工事が続いていて、バス停が「仮り」状態。バス利用者には何とも不便ですが、将来の快適な環境を楽しみに、今は我慢の時ですかな。

 写真は県庁別館展望ロビーから撮したものです。3月上旬の工事前の写真と比べてみて下さい。県庁別館からはこれからも時々写真を撮って工事の進捗状況を紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月27日 (水)

富士山静岡空港 介助犬用トイレ

 Image953 6月に開港が決まった富士山静岡空港。現知事の職と引き替えに開港が決まった経緯や、開港後の運営は大丈夫かな?といったもろもろの書きたい意見もありますが、今回はこれ。盲導犬をはじめとした介助犬の専用トイレが駐車場の一角にあります。全国でも設置例がないらしく、介助犬のマークが全国共通のものと静岡県で使われているものが併用されているところにも、苦心の跡がうかがえます。

 使用方法を空港職員に聞いたところ、介助犬が出す「大」の方は使用者がビニール袋に入れて処分するが、「小」の方は空港職員が水を張ったバケツをターミナルビルから運んできて流す、とのこと。いやはや、なかなかご苦労なこってす。ここに撒水栓をつければ楽そうなのですが、設置できない理由があったのかな?聞きそびれてしまいましたが。

 介助犬のうち、盲導犬はその数も一番多く、盲導犬と一緒に出歩く視覚障害者は「盲導犬のトイレが大変」と、よくおっしゃいます。その意味では、この狭いスペースの意義は大いにあります。しかし、使用勝手はどうなのかな?ワンちゃんに聞いてみたくなりますな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月26日 (火)

JERO'S BLOG(ジェロブログ)に弟の義父が登場

090523_2  本日は身内のネタですが、ご勘弁下さい。

 私の弟の義父がアレンジャー(編曲者)&作曲家(最近では島倉千代子の唄の作曲を手がけてます)でして、同時に歌い手の歌唱指導もしているのですが、演歌歌手JERO(ジェロ)さんのブログの5月23日記事に登場していました。以前、お宅へおじゃました際に、歌唱指導をしている複数の歌手名を聞きましたが、私は歌謡曲には疎くて、あまりよく知らなかったのですが、ジェロさんにはデビュー前から指導をしていたのですね。

 また、過日連絡があり、義父ご自身が「ひょんなことから(ご自身の弁)」CDデビューをすることとなったそうです。現在、デビュー曲は有線で流れ始めているそうですが、店頭でのCD発売は8月になる」、とのことです。先日、デモのCDが我が家にも送られてきました。公開について著作権がクリアできるようなら、私のブログでもまた紹介いたします。

  JERO'S BLOG teachr

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月25日 (月)

甘い桑の実

Image1015_2  この時期、家のまわりでよく見かけるのは「桑の実」です。昔は蚕(かいこ)を飼っていた時のエサにしたのでしょうが、今では蚕もいません。しかし、桑は生命力が強いのか、あちらこちらで自生しています。これが、とても甘くて美味なのですよ。写真に数多く写っている赤いのはまだ酸っぱいのですが、中央にぶらさがっているような黒っぽくなったのが最高。手でとるとアリが付いていたりしますが、それは息で吹き飛ばして、人間様がいただきます。桑の実も量が集まればジャムも作ることができるのでしょうが、そこまで収穫するのは大変そう。もいで食べるぐらいがちょうど良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月24日 (日)

グランシップトレインフェスタ2009

Image985  先日、仕事でグランシップトレインフェスタ2009へ行ってきました。無料の会場へ入るやいなや鉄道模型のオンパレード。私も小学生の時、同級生の友だちがHOゲージにはまっていて、彼の部屋で線路を敷いて遊んだものですが、そんなのとは雲泥の差です。IT技術を取り入れて、ポイントの切り替えから、各電車の運行制御まで行い、電車の先頭にはテレビカメラを積み込んで映像をテレビで見せたり、と、それはそれはおもしろい企画でした。会場は子ども達もいっぱい。子どもは鉄道が好きですね。そんな子どもが50年、年をとった感じの大人がそれぞれのブースで鉄道を動かしていました。

 この企画、静岡ホビーウィークの一環で、模型に関する色々な企画が静岡市内各所で行われていたのです。聞くところによると、今年はバンダイの工場が一部開放されたところが大好評だったようで、幹線道路も駐車場へ入る自動車で大渋滞していました。いずれにしても男の子にはたまらない企画ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月23日 (土)

水鏡じゃ♪

Image1045_2  一番茶が終わり、西河内も田植えのシーズンとなりました。茂野島地区では以前区画整理を行い、田んぼ一枚が広い面積となりまして、大きな田植機で植えていきます。植え終わった田んぼはご覧の通り、まるで鏡のようです。しかし、この風景も一時だけ。すぐに稲は伸びてきて水面を隠してしまいます。そうなればそうなったで、風にそよぐ青々とした稲は、夏の熱さを忘れさせてくれます。まさしく稲は日本にピッタリの作物ですね。今年も豊作となりますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月22日 (金)

レタスさんが豊作♪

Image1008  3月にレタス苗を作った話を記事にしましたが、5月に入り、収穫できるようになりました。今では毎食ご覧の通り、レタスサラダの大盛りを喰らっています。食べる時に今まで、ドレッシングをかけたりしていましたが、先日よい方法を聞き、行っています。それは味噌をベースにして、ケチャップでも胡麻油でも何でもかんでも混ぜてソースを作る方法です。何がメリットか、と言うと ① 一回ごとに特徴ある味になり飽きない ② 冷蔵庫などに中途半端に残っていた各種たれやソース、ドレッシングなどが全部使い切れる、と言うことです。八百屋でレタスを買ってきたら、こんなウサギみたいな食生活はできないでしょうが、そこは畑作り者の特権。7月の終わり頃まで毎食サラダ天国が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月21日 (木)

タケノコ 終わり初物

Image916_2  一番茶もそろそろ収穫が終わりですが、タケノコもそのシーズンはおしまいです。最後はご覧の通り、ほとんど「竹」状態ですが、味はなかなかいけます。見てくれを無視すれば食べるのに何ら問題はありません。

 お茶摘み・刈りは昔に比べると早まりました。昔、この地域では5月連休後にお茶をとっていたのですが、何せ「八十八夜」に新茶が出なければ意味がない、と言うことで4月の下旬からお茶摘み・刈りが本格化してきました。それに合わせて、収穫時期が重なる「タケノコ」は割を食ってしまい、出始めのわずかな時期だけ掘り、あとは伸びるに任せたままで、時々「切りに行く(掘りに行く、ではない)」のが現状のようです。タケノコの収穫は体力勝負でもあり、高齢化が進んだ農家では大変なのも事実ですが、何とかならないかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月20日 (水)

5月20日 興津川鮎釣り解禁

Image1028  首を長くして5月20日をお待ちの方も多いようです。そうです、興津川の鮎釣り解禁日です。東日本では一番早い解禁だそうで、今朝は早朝から我が家の前も関東ナンバーなどの自動車がにぎやかでした。お天気も、事前の予報がはずれて暑い日となり、川の中で一日堪能されたことでしょう。今日から約一週間ぐらいは釣り人が河原の風景となります。皆さん、ゴミはちゃんと持ち帰って下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月18日 (月)

神沢塩づくりの会

Image872  先日、由比の桜エビ祭りへ行った際、材木屋をやっている知人宅でお世話になったのですが、そのすぐ隣に写真のような小屋が。塩づくりが伝統として、ここにはあるのですね。ネットで調べたら、駿河湾の深層水から精塩しているようです。いつ作るのかな?見てみたいし、是非とも味わってみたいですな。また、知人にも聞いてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月17日 (日)

太陽を追って

Image894_2  家の屋根下に置いてある、我が家の多肉植物。葉っぱがポロッと取れたりしても、植えておくとそれが伸びてきますので、鉢の数が段々と増えてきます。たくさん並んだ一番奥に置いてある小さい鉢のお方が、お日様に向かって精一杯背伸びをしているようで、そのけなげさに心打たれて思わずパチリ。

 はい、わかりました。もっとよく日の当たる場所へ移動いたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月16日 (土)

「ポーポー」って知っていますか?

Image902_2  畑に植えた、その名も「ポーポー」。十数年前に飲み屋のカウンターで隣に座った方が持っていて、私も初めて食べました。タネがたくさん入っていることと共に果肉の甘さにびっくり。でもそれ以降も食べたことはありません。何故って、スーパーや八百屋でも売っているのを見たことがないのですから。

 その後、たまたま、カミさんの実家から小さな苗木をもらい畑に植えました。植えてからしばらく後には虫さんに根本から切られたりして(この時は私が切ったと誤解され、カミさんからエラク叱られた)、厳しい人生を過ぎて大きくなってきました。そして今年、初めて実をつけたのです。大きくなるかしら。楽しみです。

 ポーポー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月15日 (金)

ワラビはまだ採れます

Image912_2  5月も半ばになり、だいぶ温度も上がってきました。雨上がりの翌々日、例のワラビ山へ行ってみました。採っていないワラビがシダになり、斜面を覆っていましたが、そんな中をよくよく見ていくと、あります、あります。まだまだ出ています。山の斜面をはい回ったら今回もたくさん採れました。さすがにそろそろ終わりかな?いやいや、もう一度ぐらいはいけるかな♪あまり食べるとワラビ中毒になる?いやいや、これぐらいなら大丈夫。今年の春はタケノコと共にワラビ三昧です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

おネコさんの食卓

Image885_2  現在、我が家には4匹のおネコさんがいます。食事時間になるとこうやって集まってきます(写真では一匹足りないな)が、エサの器がほぼ決まっています。人間様が特に決めたわけではないのですが、どうも違う器では落ち着きが悪いらしく、「にゃご、にゃご」言いながら、同時に集まってきても少しの時間お互いうろうろしたあげく、いつもの器の前で食べることとなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

甲羅干し

Image785  5月3日、桜エビ祭りで由比に行った時、「東海道広重美術館」前の掘りにはカメさん達が甲羅干しをしていました。歩道から手を伸ばせばつかまえられる石の上ですが、悠々としたものです。写真のカメさんなどは方足上げのポーズで固まっていました。八十八夜の付近は本当に、よい季節ですね。この、よい季候は刹那で終わってしまい、暑い夏となります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

憎っくき「藪枯らし」

Image067_2  5月に入る頃から、庭の隅の方からにょきにょき出てくるのは、その名も「ヤブカラシ」(写真まん中の赤っぽくおじぎをした感じの芽)です。ツルで伸びまくり、他の木々をすぐに覆って枯らしてしまうことからこの名が付いています。また、家にこのツルが巻きつくとみすぼらしく見えてしまうので、別名「ビンボウカズラ」とも言い、どちらにしてもありがたくない名前の植物です。

 この子は伸びるのは早いし、伸びてきても何もいいことはないので、除草剤を使わない我が家では芽を見つけ次第抜いています。根っこで残っているのですね。以前に比べるとだいぶ減ってきましたが、それでも少し目を離すと「にょきにょき」。その生命力にはただただ、感心。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

やってきました、定額給付金

Image890  我が家にもやってきました。「定額給付金」。県内でも他の市町では給付が終わったところもあるようで、静岡市は人口も多いので、5月に入ってから本格的支給となったのでしょう。今後給付が決まれば、振込予定日のお知らせがもう一度届く、とのことで、やはり膨大な手間ですな。全くもって、ご苦労様です。

 今回の通知に基づいて、各世帯が箇々に「申請」をすることになるわけですが、11月12日までに申請がない場合、辞退したものと見なすそうで、どれぐらいの割合かわかりませんが、申請をしない(できない?忘れた?)世帯もでるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

共同製茶工場

Image019  お茶シーズン、雨のない日なら、遅くまで電気がついていて荒茶を生産している茶工場(こうば)。農家個人でやっている工場もありますが、複数の農家が集まって組合を作り運営している共同工場も各地区にありました。「ありました」、と過去形なのは、現在共同製茶工場は存亡の危機に立たされているのです。農家の高齢化などで工場の運営がままならず、我が両河内地区でもほとんどの共同工場がなくなりました。写真はそんな中で残っている内の一つ、「西里共同製茶工場」。しかし、ここでも最盛期には70軒以上の農家がいましたが、今年はなんと6軒。「二番茶はどうしようか」等という話題が出るようになってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 9日 (土)

清水区由比 桜エビ祭り

Image788  5月3日は清水区由比の「桜エビ祭り」へ行ってきました。この日は静岡のお街では「サンバフェスティバル」や「お茶祭り」もやっているし、藤枝では私のブログに時々見えられる浅場由紀嬢のライブもあるし、足を伸ばして浜松祭りにも心動かされるし、と「どれにしましょうか状態」で大いに悩みましたが、結局近場の由比にしました。

 由比漁港が会場となっているのですが、広くもない会場は人人人人・・・。翌日の新聞には「6万人」と載っていましたが、とにかく歩くにも大変な状態。今年の目玉は「桜エビのおどり食い」。生きたまま水揚げし、輸送する手段が苦節?年で確立できたそうで、「かわいぃ」「かわいそう」等と言いながら、皆さん美味しそうに食していました。

 生ジラス等を食べながら岸壁でビールを飲んでいましたら、隣にいた若者グループは「東京から祭りに来た」、との事。ずいぶんと有名になり、祭りも人を集めるようになったものです。5月3日一日だけの祭りですが、早朝から始まって14時にはあらかたお客さんはおしまい。また、来年も来ようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

やませみの湯オープン10周年♪

Image782  我が、西里温泉、「やませみの湯」がオープンしてから10年が経ちました。早いものですね。10周年を記念して、「招待券」が回覧板と共に各世帯一枚ずつ回ってきました。これは嬉しいですな。早速使わせていただきましょう。10年間で7万人以上が訪れる人気スポットとなっています。この連休も5月3日までの晴天の休日は毎日大勢のお客さんがあったようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

甘夏お山の不思議

Image043_5  先日、切りに行った甘夏ミカンですが、今年は実のなっている隣にもうミカンの花が咲いていました。ちょいと花が咲くのは早いぞ。いつも昼からミカン切りに参加する私が朝から行ったもんで花が咲いちゃった、と仲間からは言われましたが、本当にどうしちゃったのでしょうね。まぁ、半月程度の早さですから、ミカンさんの気まぐれならよいのですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

日曜大工の材料

Image073  近所の木材加工所から材木を2トントラックで買いました。これは山から切り出した木から角材や板を作る際に出る、普通は商品にならないものなのですが、私にとってはなかなかの優れものなのです。

 木材加工所で木は「たいこ引き」と言われるのこぎりの引き方で、厚みが12cmとか、一定の寸法に木の上下がカットされます。次に左右の面がカットされて角材などになるのですが、その2回目に引いた時出るのが今回買った材木です。Image1017 

 以前、同じ材木を買った際に作ったものの一つが我が家の玄関です。ログハウスとは言えませんが、「山小屋風」とは言えるでしょう。できものの板を買うよりずっと安いし、木の幹の肌を生かせば結構おもしろく使えるのです。日曜大工仕事の楽しみが増えました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

やはり5月の風景には「これ」がなきゃ

Image027  5月5日は「子どもの日」。子どもの日といえば鯉のぼり。我が家のまわりでも4月中頃からあちらこちらで鯉のぼりが泳いでいます。刈る直前のお茶畑から、鯉のぼり家族を一つ撮ってみました。お天気のよい日には鯉のぼりサンも気持ちよさそうですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

畑で育てばノンビルもでかくなるのさ

Image065_2  河原で採ってきたノンビルを畑につけてあるのですが、畑に入れる堆肥を吸収して、結構でかくなります。時々掘り起こして、塩昆布と混ぜて食べますが、かなり辛くて、存在を主張します。今回も小さなニンニクくらいの大きさになっていましたが美味しくいただきました。そろそろ「ネギ坊主」ならぬ「ノンビル坊主」が葉の中に準備されて、分蘖も始まっていました。そろそろノンビルシーズンもおしまいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

此が目に入らぬかぁ!

Image1282  4月20日、静岡茶市場の初取引で最高値の10万円をつけたお茶。この中に入っておりまする。これ、お茶々さまであるぞ、頭が高かぁい!!・・・と、失礼しました。それはともかく、今年は景気も悪いので、買い取り側は高値を付けることに躊躇したそうですが、「生産者を応援する気持ち」で10万円の値をつけたとか。いろいろと見方はあるでしょうが、嬉しい話しじゃございませんか。

 早速、襟を正して神妙な面持ちで袋を開封し、ぬる~いお湯で入れましたところ、独特な新茶の風味。さっぱりした甘いお茶でした。消費者のお茶離れが進んでいますが、皆さん、お茶を飲みましょうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 2日 (土)

甘夏ミカンの季節でもあります

Image038  我が両河内地区では、タケノコだ、お茶だ、と忙しいのですが、この時期、海の近くの山では甘夏ミカンの収穫シーズンなのです。我が家のまわりではミカンは育ちませんので、私もオーナーになっている興津の山梨トラストファームへ、甘夏ミカンの収穫に参加。海がよく見下ろせるミカン山は日差しも暖かく、私たちを迎えてくれました。毎年、5月連休の前半は甘夏ミカン切りが恒例行事となり、袋いっぱい香りのよい甘夏ミカンを持って帰りました。一日一つずつ食べても一ヶ月以上あるな。幸せなことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 1日 (金)

見事な蕨(わらび)畑じゃ♪

Image1279  過日、近くに住む友人に山を案内してもらい、その際に蕨(わらび)のたくさん出るところを教えていただきました。「いつでも採りにきていいよ」とも言われ、大喜び。さっそく先日、雨降りの翌々日、お山へ行ってみました。そしたら、あるあるあるある♪いたる所から太いのが顔を出しています。早速ポキポキ折り収穫。自宅であく抜きをして夕食のお供に。くだんの友人は時々当ブログをご覧になっているようですので、この場をお借りしてお礼申し上げます。また、我が家の玉子を持っていきますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »