« やはり5月の風景には「これ」がなきゃ | トップページ | 甘夏お山の不思議 »

2009年5月 6日 (水)

日曜大工の材料

Image073  近所の木材加工所から材木を2トントラックで買いました。これは山から切り出した木から角材や板を作る際に出る、普通は商品にならないものなのですが、私にとってはなかなかの優れものなのです。

 木材加工所で木は「たいこ引き」と言われるのこぎりの引き方で、厚みが12cmとか、一定の寸法に木の上下がカットされます。次に左右の面がカットされて角材などになるのですが、その2回目に引いた時出るのが今回買った材木です。Image1017 

 以前、同じ材木を買った際に作ったものの一つが我が家の玄関です。ログハウスとは言えませんが、「山小屋風」とは言えるでしょう。できものの板を買うよりずっと安いし、木の幹の肌を生かせば結構おもしろく使えるのです。日曜大工仕事の楽しみが増えました。

|

« やはり5月の風景には「これ」がなきゃ | トップページ | 甘夏お山の不思議 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜大工の材料:

« やはり5月の風景には「これ」がなきゃ | トップページ | 甘夏お山の不思議 »