« 賽銭泥棒 | トップページ | 新静岡センターが低くなっていきます »

2009年6月28日 (日)

県知事選挙の手話通訳

Image232_2  静岡県知事選挙の投票日が近づいてきました。候補者が県民に訴える方法は色々ありますが、一番の方法は「政見放送」でしょう。しかし、これには手話通訳がついていません。日本語の文章を読むのが不得手なろうあ者は手話での情報保障が何よりなのですが、それがかなわないのが現状です。

 この課題は古くは「立ち会い演説会」の時からあり、公職選挙法の改正で「政見放送」が始まってからも、選挙があるたびに問題となっています。一部の国政選挙には手話通訳がつくようになりましたが、地方議会選挙や首長選挙ではまだまだです。

 代替の方法として、選挙管理委員会の予算で、放送された政見放送に手話通訳をつけたビデオテープを県内各地でろうあ者に集まってもらい、「政見放送を見る会」を開いています。今回も深夜までかかって手話入れ、編集を行いました。放送される政見放送に一日も早く手話通訳がつきますように。

|

« 賽銭泥棒 | トップページ | 新静岡センターが低くなっていきます »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/45465809

この記事へのトラックバック一覧です: 県知事選挙の手話通訳:

« 賽銭泥棒 | トップページ | 新静岡センターが低くなっていきます »