« ドクダミさんは干ってきました | トップページ | ほたるぶくろ »

2009年6月25日 (木)

お茶農家の危機

Image225  二番茶の時期となりましたが、どうも活気がよくありません。それもそのはずで、二番茶の最初の取引価格が一番茶の最後の価格を下回っていました。「こんなんじゃ、やってられんわ」と、二番茶を収穫せずに刈り落としてしまう農家も多いのです。それでなくても高齢化で、お茶を作る農家が減っているのに。家のまわりには写真のような「ただ、刈り落としただけ」の茶園が数多くあります。

 お茶はもともとよく伸びるので「台直し」といって、何年かに一度は葉っぱも全部刈り落として、樹長を短くしますが、それは、次の収穫のためにお茶刈り機の「R」(茶刈り機のバリカンの曲線)に合わせて刈り落とします。台直し後の茶園を見ると「来年も頑張って伸びてくれよ」、と声をかけますが、ただ刈り落としただけの茶園ではお茶達にかける声も出ません。この茶園もどうなっちゃいますか・・・。

|

« ドクダミさんは干ってきました | トップページ | ほたるぶくろ »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにお邪魔します。我が家はもう28,5度になっていますが、体感温度は湿度が低いので25度くらいかなと思います。うちのレタスも、一回食しました。これからまた、収穫できると思います。ズッキーニを今年初めて作りつつありますが、草とりしかしてない状況ですので大きさが今一。手入れは不十分ですが、何とか作物はできています。そちらは梅雨ですよね。すごし易い日々です。どくだみ茶いいですね。子供たちが小さい頃、アトピーのためにどくだみを煎じて、洗ったりしたことを思い出しました。30年近く前の話ですが。今、ちょっと暇をしているのでお邪魔してみました。

投稿: 札幌の佐藤です。 | 2009年6月26日 (金) 07時37分

 佐藤 さま

 先日は、北海道の特産をありがとうございました。今年の梅雨はなんだか中休みが多いようで。。。雨が続くのもうっとうしいですが、ふらないのも困りもので、難しいですね。北海道も高温の日が続いているようですが、ご自愛下さい。また、いつでもお寄り下さいね。

投稿: ももたろう | 2009年6月27日 (土) 12時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶農家の危機:

« ドクダミさんは干ってきました | トップページ | ほたるぶくろ »