« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月30日 (月)

塀も一番低くなりました

Image195  新静岡センターの建てかえ工事、旧ビルは完全になくなり、工事現場を覆っていた塀も今までで一番低くなり、見通しもよくなりました。ビルの跡地は何もありませんが、地下街はどうしたのかなImage197。塀の間から工事現場が覗けますが、地下街は???この土の下でどうなっているのでしょう。全部埋めてしまったのかな??

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月29日 (日)

バザー 安売り デフレ

Image224  街中で懇意にしている福祉団体がバザーをやっていました。しかし、不況のせいか品物が集まらないようです。出店規模も以前の1/3ぐらいの感じです。
 バサーと言えば「安く買える」のイメージですが、私が時々行く古着屋では先日から会員割引として、75パーセント引きのキャンペーンをやっています。表示価格の1/4ですぞ。清水駅前にある某デパートで11月の初めからジーパン一本を850円で販売し始めたので話の種に一つ買いましたが、こちらの店なら新品ではないものの、ジーパン4本買っても1,000円と少しでした。耳にするニュースも値下げに関するものが多いようでで、デフレが静かに進行しているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月28日 (土)

お茶の「樹」

Image192  パル姫のお山散歩途中で見つけた、お茶の「樹」です。お茶作りをやめてほったらかしにしておいた結果、このようになったのです。高さは私が手を伸ばしても届かないので2m50cm以上あります。何年経てばここまで大きくなるのかな。こんな風景が増えるのは悲しいことです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月27日 (金)

大きな橋

Image183  富士市と合併した旧富士川町を車で走っていて発見した場所。富士川にかかる第二東名高速道路の橋を下から撮ったものです。
 静岡県内では第二東名の工事が着々と進んでいます。建設には「渋滞緩和」のお題目がありますが、静岡県内で現東名が渋滞するのはお盆と年末年始ぐらい。そんなに必要なのかな?と疑問を持つのは私だけではないでしょう。静岡県より愛知県や神奈川県、東京都の方が渋滞が激しいので需要はあるのでしょうが、工事はまだあまり進んでいません。用地買収もすんでいないところもあるようで、そちらを早く進めた方がいいのになぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月26日 (木)

沼津御用邸記念公園から牛臥山

Image173  沼津の海岸にある、沼津御用邸記念公園。入場料を払う公園内、ではなく、公園と海岸の間にある遊歩道が牛臥山まで一周して来ると約3キロメートル。浜辺の風と陽を浴びながら、ウインドサーフィンや海鳥たちを眺めながら走る気分は最高です。曇っていなければ富士山も見えるのではないかな。また、さらに足を伸ばす気になれば、漁港やさらに海岸線も広がっています。冬でも気持ちよく走れそうなコースです。

 時々、出先で時間を見つけて走っていますが、なかなかよいコースがあります。そんなコースを見つけたらこれからも紹介しましょう。カテゴリーも追加しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月25日 (水)

季節はずれ??

Image153  朝、パル姫の散歩の途中、ユリの花を発見。おやおや、なぜ今頃に??まわりのユリは今の季節、花の後のタネをつけています。たまたま、昨日は家のまわりにあるユリの種を採取したばかりです。いま花をつけているこのユリは今シーズンは寒さでタネをつけられないでしょうね。来年は他のユリさん達と同じ季節に花をつけて下さいよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月24日 (火)

今までありがとうございました

Image149  8年と少し乗った今までの愛車ですが、走行距離が10万キロを超えて、あちらこちらに不具合が出てきました。直すとなるとそれなりに金額がかかりそうで、思い切って新車に変えることとしました。
 以前は、ハイラックスダブルキャブなどに乗っていましたが、車を乗り換えるたびに段々小さくなってきまして、今では軽自動車です。
 しかし、軽自動車も今では侮れません。高速道路では少しパワー不足を感じますが、一般道ではほとんど問題ありませんし、とにかくランニングコストが安いのが魅力です。何せ田舎では毎日乗るのが当たり前なので、少しでも燃費などがよい方が、ありがたいのです。今まで当ブログの写真にも時々登場しましたが、たくさん走ってくれてありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

大通院のイチョウが色づきました

Image146  パル姫と共に三日に一度は訪れる「大通院」。そこのイチョウの木が今年も紅葉を始めました。落葉樹を見ていていつも思うのですが、あれだけ多量な葉っぱを毎年枝につけるとは、すごい力です。栄養もどうやって取り込むのでしょうね。山の中ではそんなに栄養価の高い土はないでしょうに。
 紅葉も見事ですが、落ち葉の積もった黄色いじゅうたんが広がる樹のまわりもステキです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

下田の海

Image140  先日下田へ行った際、道すがらで撮った一葉です。伊豆半島も西側と東側ではだいぶ様子が違います。これは東側の相模湾です。伊豆諸島が晴れた日にはよく見える、との地元の方のお話しでした。
 海がきれいで山も近く、魚も美味くて温泉も豊富な伊豆は、私から見れば最高の場所ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

私の天下♪タマノスケくん

Image135  新聞を読んでいると、必ずその上に上がって座り込むのはタマノスケくん。「私に注意を払って、払って」、と言っているようです。人間が集中しているのがよくわかるのですね。
 タマノスケくんは子どもの時から身体が大きく余所のネコともよくケンカをしてきましたが、去勢手術をしてから少しおとなしくなり、年をとってきて段々と貫禄ネコになってきましたわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

天城峠は紅葉中

Image143  先日、仕事で下田まで行きました。温泉地でありお魚も美味しい下田なので、是非一泊したいところですが、残念、日帰りだったのです。下田へ向かう途中で修善寺にも寄る必要があったので、天城峠越えで下田へ行くことにしました。
 天城峠は紅葉真っ最中。う~ん正直言うと、少しだけ遅いかも知れないな。伊豆半島は暖かいイメージがあり、確かに温暖なところなのですが、半島の中ほどの山々はかなり寒い場所なのです。伊東にいる友人が、「冬はスタッレスにはきかえる」と言っていました。静岡市内では冬用タイヤに変えることなど考えられないのですが、伊東から沼津や三島などに出る際には、峠越えが必要となり、路面凍結の対処がいるのですね。
 しかし、天城のこの紅葉。私の家のまわりより数段見事です。でも天城にいる知人は「紅葉なんて気にしないよ」と言っていました。日常では注意を払わないのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月18日 (水)

どうして松枯れ??

Image128  東海道沿いには昔の松並木が残っている場所が多数あります。どこも太い立派な松になっています。しかし、枯れているのも見られます。写真は静岡市手越。静岡県庁のほうから本通を西へ走るとあります。ここでも一本の松が葉の色を変えていました。時々通る道なのですが、そのうちに切られてしまうのでしょうか。原因は?排気ガス?松食い虫?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

グランシップ丸からの富士山

Image119  東静岡駅前にあるグランシップ。10階は展望ロビーになっていまして、晴れた日にはご覧のとおり。建物が「船」をイメージしたつくりになっていますので少し面白い風景になっています。今日の雨も富士山の上の方では雪です。この次に見える時には白い部分がうんと大きくなっていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月16日 (月)

ミカンの季節

Image091  今年もこの季節になりました。今は先ず、「早生(わせ)ミカン」です。前にも書きましたが、私はこの早生ミカンが青島などの品種ものより好きです。甘い中に酸味があって、味がしっかりした感じです。この早生ミカンは皮が薄いせいか、切り置き(切って貯蔵すること)ができません。出荷するだけ切る感じです。
 写真は清水区庵原で無農薬ミカンを作っている農家で撮りました。いつも我が家で食べるだけ分けていただき、とてもありがたく存じます。今年は豊作ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

全国障害者芸術祭

Image097  通訳で障害者芸術祭に3日間通いました。作品には力作も多く、各種の取り組み紹介も興味深くて、会場をまわって楽しめる企画でした。
 障害者が芸術活動をして、それで収入を得ていく方策を探る、なんて以前は考えられませんでした。数年前にフィンランドへ行った際、彼の地では障害者対象の芸術センターがあり、芸術活動を積極的に支援している様子を見て、日本との違いを考えさせられました。しかし、現在では少しずつ障害者の芸術文化活動も全国で色々なムーブメントとなってきました。色々な取り組みが、少しずつ社会に打って出る姿勢が感じられ、今後も楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月14日 (土)

放置竹林

Image086  最近、山里ではどこも「放置竹林」の問題があります。竹やぶに手を入れず、ほったらかしておきますと、写真のようになります。昼間なのに中は真っ暗。こうなると竹の子はもう出ません。また、周辺の植林や畑に新たな活路を求めて、竹が浸食していくことになります。また、こう密集してしまうと、切り倒すのも容易ではありません。チェンソーで根元を切っても枝が絡まって倒れてくれないのです。それと、竹は繊維が堅いのでチェンソーの歯もすぐになまってしまい、やっかいなことこの上ありません。
 なぜ竹林が放置されるのか、お金にならないから、と答えがかえってきます。「山里の再生」は誰もが叫びますが、やはりそこで生活の糧を得られなければ、実現は難しいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月13日 (金)

一本松公園 葵区清水区

Image073_2  先日、パル姫と共に静岡市の葵区と清水区にまたがる「一本松公園」に走りに行きました。幾通りかこの公園へ行く道はあるのですが、清水区の柏尾に車を置いて、柏尾峠を通って尾根づたいに片道1時間ほどの道を選びImage072ました。
 一本松公園からの眺めは「絶景かな、絶景かな」。 南を見れば三輪から駿河湾、伊豆半島。西は静岡市街地。北は南アルプス。東は富士山。と360度のパノラマでした。空気がクリアになる冬の時期なら、さらにくっきり
Image078と見えることでしょう。
  今回のこの道、アプローチは長くはありませんが、林間コースでは、結構な上り下りがあり、加えて立木の細い間を通っていきますので、関取では通れないな。パル姫も十分に満足したようで、帰りの車中ではずっと寝ていました。次はどこを走ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月12日 (木)

エサをねだる魚たち

Image050  静岡市葵区にある駿府公園のお堀にはたくさんの大きな魚たちがいます。つりをする人もなく、いじめる人もいないので、いつもゆうゆうと泳いでいます。お堀沿いの歩道で立ち止まって水面を眺めていると、魚たちはわらわらと寄ってきます。「人間が立ち止まるとエサが降ってくる」と魚たちは学習しているようです。何とも平和な風景ですな。
 鯉と鮒の違いがよくわかりませぬ。「ヒゲがあるかないか」がその違い、とは言いますが、写真のように泳いでいるのを見ただけではどちらなのか正直なところ、判断がつきませぬ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月11日 (水)

パルちゃんの里帰り

Image057  8月に我が家へ来たパルちゃんを先日実家へ連れて行きました。3ヶ月ぶりのご対面はさぞかし感動の場面か・・・と思っていましたら、あにはからんや、パル姫は迷惑そうな顔をしていました。オリの中にいるお母さんと姉妹はワンこらワンこら吠えていましたが、オリの中の犬は、表に犬がいると吠えるのですが、それとどこか違うのかな。親愛の情なのかどうか・・・どうもよくわかりませんでした。
 それにしてもパル姫の成長は他の兄弟と比べても大きいようです。体重を量ったら12キロに近くなっていました。もう君の大きさは、お母さんとあまり変わらないよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月10日 (火)

いよいよ地ならし?

Image006  新静岡センターは建物がなくなり、新しいビルの基礎工事にはいるのでしょうか。この写真は朝一番で、県庁の上から写しましたら、ちょうど朝日が正面でガラスに反射してしまいました。Image046_2
 ですから北街道から撮った写真も載せましょう。 古いビルを壊す際にまわりを覆っていた壁が低くなっていました。壁の透明の部分からのぞくと、地ならしをしているようです。工事は順調に進んでいるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 9日 (月)

早起きは三文の徳??

Image004  朝、いつも5時半頃に目が覚めます。早起きは年のせいかな、と思っていますが、この時期になると問題が起こります。夏なら明るいのでゴソゴソ起きだして、朝の作業(鶏に餌をあげたり、パルの相手をしたり)に入りますが、今の季節はまだ真っ暗。しかし、ここで寝てしまうと7時になっちゃいます。エィッ、とばかりに起きて、表が白みかけた頃パル姫を散歩に連れ出します。すると日の出の風景が眺められて気持ちがいいこと、この上ありません。写真は朝日が当たりはじめた真冨士山方面です。寒いけれど美しい風景です。こんな風景を眺められて、やっぱり早起きは三文の徳だな。

 しかし、この熟語、「山門の徳」「三文の徳」「三文の得」といろいろな標記がありますね。仏教用語であれば、「山門の徳」あたりが一番最初の使われ方かしら?私たちに受けいけられやすいのは「三文の得」でしょうが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

家康公お手植えのミカン

Image037  このミカン様は家康公お手植えのミカン様であるぞ、ひかぇぇろぅ。
 場所は駿府公園の中にあります。本当に徳川家康が植えたのかはよくわかりませんが、確かに古い木です。この季節になると実が色づき、もう一月もすると収穫になります。収穫したものは確か駅などで配っているニュースも見たことがあります。いよいよミカンの季節ですな。
Image034
 お手植えをしたご本人にも登場願いましょう。 同じく駿府公園内にあります。鷹狩りをしているりりしいお姿ですが、ちょうどシャッターを切った時、カラスが飛んでいて収まりました。ちなみに、この位置に駿府城の本丸があったそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 7日 (土)

山の、みみず

Image1731  パル姫を飼い始めてから林道をジョギングする機会が増えました。姫はまだ子どもなので、転げまわって走りますが、人間様は息を切らして追いかける始末です。
 先日、バテながら山道を登っているとみみずさんが長々と道を横切っていました。山のみみずはとても長いのです。私の靴が27センチですが、並べて置くと靴より長そう。正直言って気色悪いですが、害があるわけではないし、動くのをしばらく眺めていました。しかし、何を食べて生きているのかな。畑のみみずと同じなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

大道芸ワールドカップin静岡

Image008  今年も開かれました、大道芸ワールドカップin静岡。今回で18回目の開催となりました。開催期間も4日間となり、多くの方々が楽しみました。なんと言いましても、一日中ガイドブックを手にあちこちで楽しむことができますので、全く飽きません。写真は駿府公園を県庁別館から撮ったもの。静岡市が誇るワールドワイドな催しに成長しました。Image013
 通りを歩いているだけで色々なハプニングにぶつかります。言葉が通じなくでも気にする必要はありません。あっ、来年の日程がもう発表されました。2010年は11月4日(木)から7日(日)です(プレビューショーが11月3日に開催予定)。是非多くの方に楽しんでいただきたい企画です。遠方の方は今から予定を調整して下さいね。

 大道芸ワールドカップin静岡

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 5日 (木)

レクイエム レヴィ=ストロース(Claude Levi-Strauss)氏

 構造主義「四銃士」の一人です。私が小学生だった時、先生が「みんなとアフリカの土人(不適切な言葉ですがそのまま記します)とどっちがいい生活かな?」みたいな話しをされたことがありました。「土人にはテレビも車もなくて劣っているように見えるけど、社会は日本とアフリカと、どっちが進んでいる、劣っている、とは言えないんだよ。同じなんだよ」と言われ、僕らガキどもは「フ~ン」と聞いていたものです。長じてレヴィ=ストロースの思想を知り、「あの時先生が話していたのはこれだったのか!!」と合点がいった次第。その後サルトルとの論争なども知り、実存主義を終わらせたやりとりなどを興味深く読んだものです。もし、同時代にいたならもっとスリリングにライブで論争を楽しめたのかな。
 そんなレヴィ=ストロースも年齢には勝てず101才の誕生日の直前に亡くなりました。合掌。

 以前、ちょこっと記事で紹介した、「寝ながら学べる構造主義」にもレヴィ=ストロースについてわかりやすく書かれています。興味のある方は是非ご一読くだされ。
 また、この本の著者、内田樹のブログにレヴィ=ストロースの追悼文が載っていました。これがまた楽しめるので、よろしかったらご覧あれ。

 内田樹の研究室「追悼レヴィ=ストロース」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 4日 (水)

書籍「輝く静岡の先人」

Image1723  静岡県が今開催している国民文化祭に合わせて発行したのがこの本、「輝く静岡の先人」。誰もが知っている徳川家康から、私も知らなかった静岡県に関わる先人たちまで、54人が分かりやすい文章で載っています。発表されたときに新聞で見て、「欲しいな」と思っていましたら、先日グランシップへ行った時に入手することができました。見開きで一人を取り上げ、関連する場所の紹介も合わせて、想像したとおり興味深く読ませていただきました。しかし、難を言うと載っている先人が「あいうえお順」で編集されているのです。生まれた年順に載っていれば、歴史もイメージしながら読めるのでは、と思った次第。県の政策文化室に投書しようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 3日 (火)

富士山の雪は均一に積もっていなかった

Image1709  私のいる清水から実家の茅ヶ崎まで車で走りますと、富士山を臨みながら走ることになります。この季節、山頂では冠雪があり美しい姿で楽しめます。車を運転しながら気づいたこと。山頂の雪は東側に多く、西側は少ないのです。多分風の影響で、西側の雪の方が飛ばされるのが早いのでしょう。沼津あたりから見るとよくわかったのですが、写真が撮れず、これは富士川サービスエリア、「富士川楽座」からの一葉です。不均一の積雪の様子は、この写真ではわかりずらいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 2日 (月)

レクイエム 望月吉治 さま

Image1720  私が今の両河内に住み始めた二十数年前からとてもお世話になった方です。最初に私が借りて住んだ廃屋の隣に彼の茶工場があり、お茶刈りにも何度となく応援に行きました。我が家が家火になった際も、その後の住処を紹介してくれて、今の所に住み続けることになったのも、彼のお陰に寄るところ「大」でした。
 いつだったか、一番茶の収穫時期に遅霜の予報がでた時、「翌朝に霜が降りて葉っぱがダメになるなら夜の間に刈っちゃえ」、と夜中にキャップライトをつけてお茶を刈ったのも、最初で最後の経験でした。がむしゃらに働き、言葉も飾り気はなく、典型的な「農家のオヤジ」。70才を過ぎて、仕事の一線は息子に譲ずり、時々会うと、少し小さくなった感じはありましたが、生涯、現役で働き続けて、突然逝かれました。ご苦労様でした。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 1日 (日)

あら、こんな時期に土筆が

Image1719  興津川の土手をパル姫をつれていつものように走っていましたら、スギナに混じって土筆(つくし)が。春と似たような陽気なので、この時期に春の花が咲いたらしますが、これもそんなことでしょうか。時期は間違えたのかも知れませんが、生命力を感じます。また来年、たくさん出てきて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »