« 家康公お手植えのミカン | トップページ | いよいよ地ならし? »

2009年11月 9日 (月)

早起きは三文の徳??

Image004  朝、いつも5時半頃に目が覚めます。早起きは年のせいかな、と思っていますが、この時期になると問題が起こります。夏なら明るいのでゴソゴソ起きだして、朝の作業(鶏に餌をあげたり、パルの相手をしたり)に入りますが、今の季節はまだ真っ暗。しかし、ここで寝てしまうと7時になっちゃいます。エィッ、とばかりに起きて、表が白みかけた頃パル姫を散歩に連れ出します。すると日の出の風景が眺められて気持ちがいいこと、この上ありません。写真は朝日が当たりはじめた真冨士山方面です。寒いけれど美しい風景です。こんな風景を眺められて、やっぱり早起きは三文の徳だな。

 しかし、この熟語、「山門の徳」「三文の徳」「三文の得」といろいろな標記がありますね。仏教用語であれば、「山門の徳」あたりが一番最初の使われ方かしら?私たちに受けいけられやすいのは「三文の得」でしょうが。

|

« 家康公お手植えのミカン | トップページ | いよいよ地ならし? »

清水区両河内の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/46661367

この記事へのトラックバック一覧です: 早起きは三文の徳??:

« 家康公お手植えのミカン | トップページ | いよいよ地ならし? »