« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »

2010年3月31日 (水)

もう鯉のぼりですか?

Image1261  少し前の黄砂の日、国道150号線を走っていたら、鯉のぼりが強風に泳いでいました。ここは石垣イチゴで有名な場所でして、正月頃から県内外の各地からイチゴ狩り客がやってきます。シーズンになると車からも目立つように、「イチゴ娘」がイチゴ風船を振り回して道沿いで客引きをして、なかなか華やかな街道になります。
 鯉のぼりも、普通の登場時期からは早いですが、目立つための一つの道具なのでしょう。しかし、強風にあおられて竿が折れないか少々心配でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月30日 (火)

今シーズン最後の雪?

Image1355  昨夜の寒さには震え上がりました。我が家の周りも一時みぞれとなり、裏の山々は再び雪化粧。もうチョイで4月になるこの時期に雪化粧はさすがに珍しいです。先週表へ出した観葉植物も昨夜はあわてて室内へ避難させました。今朝の外の気温はマイナス2度。パル姫の水桶もしっかり凍っていました。たぶん、この寒さが今シーズンの最後でしょう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年3月29日 (月)

いつの遺跡だろうか???

Image1291  我が家の裏は休耕田や栗や梅の畑がありまして、それを過ぎると山です。特に変哲もない山で昨年はそこからイノシシが降りてきて難儀をしました。逆に人間様も山に入ってやれ、とパルを連れてその山に登ってみました。登ると言っても道があるわけでなし、藪をかき分けながら胸突き八丁、急な勾配をあがります。
 ずんずん行くと、そこに石を組んだ構造物が。越冬用の貯蔵庫のようでもあり、井戸のようでもあります。パルは果敢に入っていきましたが、土に埋もれていました。山の斜面を動き回っていたら二つほど見つけました。
 山を下りてきてたまたま隣の人に会いましたので聞いてみましたが、「知らんなぁ」、とのこと。「山の水を引くために貯めたのでは?」、「畑用に水を貯めたのでは?」、と色々想像しながら話しましたが、真相は藪の中。そのうち土に埋もれて、永遠にわからなくなるのでしょう。
 しかし、家の周りに先人が作った誰も知らないものが残っているとは、なかなか好奇心をそそられます。このようなものがいくつもあるのでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月28日 (日)

清水駅「江尻口」

Image1302  JR東海道線清水駅の降り口が、それまでの「西口」、「東口」から「江尻口」、「みなと口」に変わりました。それにあわせて、清水出身の漫画家「さくらももこ」の絵が駅の階段に飾られました。
 さくらももこの実家は市内にありますが、漫画「ちびまるこちゃん」が爆発的ヒットとなった時には、観光バスが横付けされたとか。もちろん今では、さくらももこは住んでいませんし、人手に渡ったのかな。たまに家の前を車で通る時に横目でチラッと見ますが、人が住んでいる様子は感じられませぬ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月27日 (土)

大平小唄 17番まで

 2年前に「大平小唄」の歌詞を紹介しました(10番まで)が、その後、いろいろな歌詞が手に入りましたのでご紹介いたします。
 集まった詞を見てみると、大平地区の文化等の紹介をしている歌詞と、ハレの舞台である、盆踊りを歌っているものとに大別できるようです。バラバラに歌詞が集まってきましたので、この二つに分けて私が並べ替えてみました。
 また、歌詞の微妙なバリエーションもありましたので、それは歌詞内に ( ) で載せてあります。この他にもまだ歌詞がありそうです。小さい地区ですが、歌詞になるようなものは多くあるものですね。改めて感心します。

 大平小唄(17番まで)

Image1260  この写真は庵原学区、吉原地区のこぶしの花です。真っ白くきれいに咲いている時期は短くて、本当は青空をバックに撮りたかったのですが、青空になった時には、花は茶色になり始めていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月26日 (金)

地元の葬式は・・・ その2

Image1265  男衆が葬儀の前に作るものはいくつかありますが、これはそのうちの一つ、「香炉」です。足も曲線で作成し、なかなかに手が込んでいます。隣組の老いも若きも集って作業をしていると、自然に年配者は昔の話を語ります。「昔の葬儀はこうだった」、「護岸が出来る前の川はこんな感じだった」、「山仕事が盛んだった頃の仕事の様子は」、と聞いていて興味が尽きません。そのうち追々紹介してみましょう。
 これらの話を聞くだけでも、隣組がたまには集まって長い時間、一緒にいることは有意義なものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月25日 (木)

地元の葬式は・・・ その1

Image1277_2  先日の葬儀、隣組のおばあさんが亡くなりましたが、隣組は総出で二日間、応援します。通夜が始まる前に男衆は葬儀に必要なものを手作りしていきます。できあがった「作品群」は、写真の通り。山から竹などを切りにいくところから始まりますが、以前に比べればずいぶんと簡素化された感はあります。昔と違い、サラリーマンが多いご時世ですので、これも時代の流れでしょう。
 前には「飛脚」と言って、物故されたことを、親戚の家などを回って伝えたものですが、それも今ではほとんど見ないようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月24日 (水)

黄砂がすごいわ♪

Image1289  先日の強風の日、清水でも黄砂がものすごかったです。正確に言うと黄砂+花粉かな。とにかく全然見通しがききませんでした。
 写真は義父のいる老健施設から黄砂真っ最中に撮った写真です。高台にある施設なのに眼下はまるで見えませぬ。Image858

 以前に写した写真も載せますので比較してみてください。晴天の時に撮った写真もあるはずなのですが、曇天でもこれぐらいは下界が見えるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月23日 (火)

3月は不祝儀が多かったです

Image1283  3月は他界された方が多く、不祝儀を4つ包みました。季節の変わり目のせいでしょうかねぇ。いずれも90歳前後の方が多かったですが。
 以前にも書きましたが、葬儀もない時には全然ないのですが、ある時には連続してあるものです。いつも不思議に思います。たくさんの方々にお世話になっているのですな。改めて合掌です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月22日 (月)

大平演歌倶楽部、巴の園慰問演奏会

Image1253  私がドラムで参加している大平演歌倶楽部が、清水区の巴の園で演奏をしました。1時間の持ち時間でずいぶん何曲も演奏した感じですが、喜んでいただけました。ステージで演奏していると、結構聞いている方がよく見えるのですね。一緒に口ずさんでいる高齢の方が多いと、自然にこちらも力が入ります。
 一ヶ月に一度ぐらい、あちこちから頼まれて演奏をしますが、こちらも楽しいひとときです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月21日 (日)

伯母の葬儀

 先日母方の伯母が亡くなりました。享年89歳。通夜と葬儀にいきましたが、参列する兄弟は私の両親を含めて、みな介助付きです。小学生の頃からよく相手をしてもらったおじやおばもみんな年をとったのがわかります。各地にいる親戚が集まるのは今ではほとんど、葬儀の時だけ。それでも、生きていれば懐かしく顔を合わせられます。
 伯母は亡くなった翌週に「玄孫(やしゃご)」が生まれる予定でした。玄孫の顔が見られなくて残念にも思いますし、伯母の代わりとなって新しい命が生まれてくる、と考えると、それも感動的です。
 長い間、お世話になりました。
Image1235_2 

 写真は、先日ライブをした富士宮の「カフェ・アンダンテ」で飼われているカリブちゃんです。3回目のご対面ですが、覚えてくれたよう(な気がします)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月20日 (土)

ワサビの苗

Image356  我が両河内地区の特産はお茶にタケノコ、といったところですが、河内地区を中心に「山葵(ワサビ)」もあります。ワサビは本当に水がきれいでないとできないので、産地は限られています。近所のハウスに寄ったところ、ワサビの苗を育てていました。
 聞くと、自分のところのワサビ田に植えるものの他に、出荷も多くしている、とのこと。長野の安曇野のワサビ田にも出しているし、石川県や富山県、山口県などにも出荷しているそうです。これらの苗一つ一つが成長して、立派なワサビになり、おいしい擦りワサビになるのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月19日 (金)

シャンティーズ、富士宮ライブ

Image1238  私もドラムやパーカッションをたたいている、シャンティーズが富士宮のカフェ・アンダンテで恒例のライブを行いました。ここでのライブは3回目。お店のバイキングに舌鼓を打ちながらゆるい音楽を聴く、といった志向です。それなりに楽しみにしてくるお客様もいらっしゃるようで、ありがたい限りです。
 この日は曇っていて富士山が見えなくて、その点は残念。また暖かい季節になったら表も解放して、ライブをしたいところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月18日 (木)

やませみの湯、タオル色々

Image351  いつもお世話になっている、「西里温泉、やませみの湯」。何かの機会ごとにタオルをいただくのですが、先日、整理をしていたらいろいろなものが出てきました。
 出来た時は「清水市」でしたが、今では「静岡市清水区」となり、電話番号の局番も「0543」から「054」になり、と10年の間の色々な変化がタオルを並べることで読み取れます。「やませみ」のキャラクターも変わっていますね。こんな些細なことも、あと何十年かすればみんな忘れてしまい、民俗学の対象になるのでしょうな。
 タオルには、もう一色、ピンクのものもありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月17日 (水)

新東名高速道路は今

Image364  新東名(第二東名)高速道路の工事は着々と進んでおります。来年の6月に静岡県内は開通するとか。両河内の和田島地区を走る新東名を上から眺めるとこうなります。一昨年にこの写真に見える「とっくり」を下から撮った写真を載せましたが、今回の写真と比べると、新東名がいかに高いところを走っているかわかりますね。しかし実際に走ると、どんなところを走っているのかわかりません。それも恐い気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月16日 (火)

ツクシの季節

Image1230  一雨ごとに寒さがやわらぐ感じの毎日です。パルちゃんと散歩する興津川の土手にもツクシが伸びてきました。知らないうちにグンと伸びて、あっと言う間にホウけてしまった感じです。
 以前、佃煮にしたこともありましたが、一つ一つの「はかま」をとるのがえらく大変で、最近ではやっていません。時間があったらやりたい、と思いながら今年もツクシの季節は過ぎていくのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月15日 (月)

パルちゃんが喜んでいた原因

Image358  先日、大喜びしていたパルちゃん。その原因は写真の「小太郎」くんが遊びに来ていたのです。
 小太郎くんのご主人は若くして倒れられ、半身麻痺です。リハビリをかねて散歩に来がてら、パルちゃんのお相手をしてくれます。いつもビーフジャーキーなどをくれるのでパルちゃんも大喜び。
 あれ??よくよく考えると、パルちゃんは、小太郎くんのご主人が来るのがうれしいのかな??

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月14日 (日)

富士山静岡空港

Image371_2  茨城県にも空港が開港して、採算の問題が論議されていますが、静岡でも同じ。先日、静岡空港に行きましたが、やはり「この先大丈夫かな??」と不安になります。しかし、事前に発表される需要見込みのいい加減さは何なのでしょうね。静岡空港の場合も、何度も下方修正されて、実際にはそれをも下回る、というあきれた話しです。
 この日、富士山は今シーズン一番多い雪をいただき、美しかったですが、空港は・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月13日 (土)

大平、鎮札神社の起源

Image335  先日、大平にある鎮札神社の祭礼について記事にしましたが、この鎮札神社、創建が「天暦(てんりゃく)3年6月15日」となっています(両河内村史の大正4年の調査による)。西暦だと949年。今から1060年も前にできていたのですね。月日までわかっているのは古文書など、明記されたものが残っているのでしょう。
 両河内の中で一番古いのか、と思って見たら、我が河内地区にある「二宮神社」の方が半年早く「再興」されていました。「再興」ですから起源はもっと古いのでしょうか。そこのところは両河内村史にも載っていません。両河内内で一番古いお寺は1500年代に創立されているので、やはり神社には歴史があります。
 しかし、大正時代に村内の神社を調べていた先人にも脱帽です。

 写真は3月1日の祭礼の時に撮ったもの。きれいに化粧され、開門していました。お祭りも1000年続いているのでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月12日 (金)

トキが襲われる

 佐渡島のトキが襲われました。何ともかわいそうですが、自然の中にいる以上避けようのないリスクですね。必要以上に過保護にすれば自然に慣れさせる意味がなくなりますし、ジレンマだと思います。
 我が家でもニワトリを飼っていますが、今までイタチなどにやられたことがあります。襲われるのは決まって若鶏です。生後1年足らずの間です。成鶏になってからはあまりやられません。たぶん対処するすべをそれなりに身につけるのでしょうし、なにより味が旨くなくなるのではないかな。イタチに聞いてみないとわかりませんんが。ですから玉子を産み始めるまでは、育てていて、とても注意が必要なのです。トキさんも順調に育っても
Image361らいたいですね。

 写真は何かに喜んでいるパルちゃんです。 何に喜んでいるのでしょう?答えは、また後日に♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月11日 (木)

柿の実、その後は…??

Image348  昨年末に庵原の吉原地区のたわわに実った柿木を紹介しましたが、その柿の実達はその後・・・。
 全部落ちてしまいました。誰も収穫せず、鳥さんにもあまり食べられず、枝についたまま「干し柿になるか」、と思っていましたが(なるわけないよな)、新芽が出る前に落ちてしまいました。なんだかとても残念。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 9日 (火)

チリ地震大津波の影響 JR編

 先日の津波警報では、JR東海道線なども海岸線を走る区間は止まりました。友人が仲間たちと共に前日から熱海に行っていて、「津波警報が出たから早めに帰ろう」と帰宅途中、富士川の駅で下りの電車が止まってしまい、駅に止まった車内で7時間待ったそうです。でも、彼女が言うには「私たちはまだいい方」。動き出した電車に新蒲原や神原から乗ったお客さんに聞くと、ホームで7時間待っていた、とのこと。確かにそれは辛いわな。駅の近くに適当な時間をつぶせる場所もないし、雨の中、想像するに大変だったことでしょう。その、ドヤドヤ電車に乗ってきたお客さんたちは、全員70歳ぐらいの団体で、名古屋の方から薩埵(さった)峠のハイキングに来ていた、とのこと。全く皆さんお元気なことでImage301_2す。

  パルちゃんは草むらが大好きです。しかし、あまり草むらで転げ回っているとダニがつくんだよな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 8日 (月)

クマザサを見つけました

Image307  先日、例のごとくパル姫とお山を走っていましたら、大平地区の山の中で「クマザサ」を発見。クマザサとは、調べるとかなり広く使われているようですが、細かいことはこっちに置いておいて、とにかく、私の家の周りでは生育していません。標高が低いなど、条件があるのでしょうね。カミさんが、「料理を盛りつけるのにクマザサがあるといいなぁ」、といつも言っていますが、我が家からでも、「山」に入らないとないのです。ツヤツヤした、きれいな葉っぱでした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2010年3月 7日 (日)

静岡地震の後始末

Image327  昨年8月の静岡地震で駿府公園お堀の石垣が崩れましたが、復旧工事が始まりました。予算の工面が大変なようで、4カ所の崩壊現場すべてで工事が開始されたわけではなさそうです。県庁裏側の現場では写真の通り工事が進んでいました。しかし、昔の人の土木技術はすごいなぁ。今では重機などがありますが、昔はすべて「人力」ですものね。脱帽。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 6日 (土)

杉のつぼみ

Image292  この時期になると、そう「花粉症」ですね。私は幸いにもかかっていませんが、今、山へ行くとご覧のようなものがたくさん見ることができます。これから、温度が上がってきた日に山を見ていると、風で杉林が揺すられるたびに「山火事(の煙)??」と勘違いするほどの花粉が飛び出まして、花粉症の方が見たら卒倒しそうな光景に出会えます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 5日 (金)

大島梅林も満開♪

Image323  我が家の裏にある梅林も満開となり、甘い香りが、窓を開けていると家の中まで入ってきます。「大島梅林」とは我が家で勝手に付けた名前で、単に個人所有の梅林なのですが、この時期には毎年楽しませてくれています。梅の木さん、今年もありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 4日 (木)

チリ大地震津波の影響は我が山里まで

Image345  先日のチリ大地震では各地に津波警報などが出されました。我が静岡県でも東名高速や国道1号線が通行止めとなりました。この両線、清水区の興津から由比にかけては適当な迂回路がありません。芝川町を抜ける道、大型車はさらに北にある山道か、はるか中央高速まで行かなければ迂回できないのです。
 通行止めになった日の夜、我が地域にも迂回する自動車があふれ、写真の道は上りも下りもギッシリとなりました。これは東へ向かう車で上記の迂回路を使う際、通常は国道52号線を上っていくのですが、そちらも大渋滞となり、さらに迂回するために両河内地区の高山から和田島を抜けて行く道に車が流れてきたのです。
 山道ですから、地元の車も迂回できず、私もしっかりとハマりましたが、通常5分足らずの道のりがなんと3時間!!!。私の場合、途中で道をおれて、渋滞とバイバイでしたが、そのまま52号線まで出るにはさらに数時間かかったことでしょう。とにかく、空前絶後の混雑でした。

 なぜ、こんなに混んだのか分析してみますと、
 ① 台風時の通行止めもあるが、台風の時には皆外出をあらかじめ控えているのでこんなに自動車は多くない。
 ② カーナビが普及しているので、カーナビが抜け道を教えてくれる。よって、通ったこともない山道にも車が入ってくる。
 こんなところでしょうか。しかし、すごい車の数でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年3月 3日 (水)

鎮札神社のお祭り

Image333  3月1日といえばビキニデーでなく、静岡県内の渓流つり解禁日(我が家の前にも自動車がたくさん停まっていたなぁ)でなく、大平鎮札神社のお祭りなのです。毎年、3月1日と2日に行うこととなっています。普段は人気のない境内がこのときはとてもにぎやかです。といいましても、一時期より訪れる方が大幅に減ったように思います。以前は我が地区の小学校が、この日は授業がなかったとか、地域あげての「祭り」だったのですが、これも時代の流れでしょう。
 参道に並ぶ露天も、私が初めて来た20年以上前には、かなりの数が並んでいたのですが、今ではポツポツです。人が来ない→露天が減る→さらに人が来ない・・・と、悪循環のようです。
 鎮札神社についてはまたご紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 2日 (火)

ついに、イノシシは

Image279  先日の夜、呼び鈴も鳴らさずに、玄関で大きな声。「おぉい、持ってきたぞ」。何事かと思って出てみたら、彼は肉のかたまりをぶら下げていました。
 そう、我が家の近くの山に仕掛けた罠にイノシシがかかったのです。さばいたブロックを持ってきてくれたのです。
 肉のかたまりを見てカミさんは引いていましたので私の料理になります。さて、ボタン鍋にしようか、イノシシカレーを作ろうか、焼き肉にするのもいいかな。何回かに分けて楽しめそうです。
 これに懲りて、我が畑へ寄らなくなれば誠によいのですが・・・いかがでしょうかねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年3月 1日 (月)

現役のそろばん

Image276  写真は河内の岩下商店で使っているそろばんです。おばさんが使っている現役です。
 僕らが子どもの時には、「そろばん塾」に人気があって、みんな通っていたものですが、電卓やパソコンの普及で見向きもされなくなった感があります。しかし、最近になって再びそろばんは脚光を浴びるようになってきたとか。新しい時代になって、価値が再認識されるとは、そろばんの文化は強いものです。この五つ玉のそろばんも60年以上、使われつづけています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年2月 | トップページ | 2010年4月 »