« 布沢地区、善光寺とたけのこ祭り その2 | トップページ | 迷惑駐車をなくす方法♪ »

2010年4月20日 (火)

両河内地区の植林

Image127  先日、コメントでも少し書きましたが、従来、両河内で一番の産業は「林業」でした。ただ、組織的に植林が行われたのは意外と歴史が浅く、昭和24年頃からです。それ以前は、伐採の比重が大きく、「濫伐過伐」の結果、台風などの被害や、将来の経済不安などから「育林」を積極的に勧めてきた経過があります。昭和一桁生まれの方は、「自分たちの年金だと思って植林や間伐をしてきた」、と話していました。また、林業を比較的主に行っている農家に聞きますと、「ジィさんが育てた木を切っている」と言います。林業は百年単位で回っているのですね。外材が安く輸入される今では、伐採するだけ赤字になる、という年金どころかお荷物となってしまった感のある「山」。しかし、やはりこの状態は変です。
 写真は、我が家の近くの山を撮りました。緑色は植林。上の方で桜が咲いているところは植林が行われなかった自然林です。そこまで、急な山道を歩いて2時間ぐらいでしょうか。どうしようもなく条件の悪いところを除いて、植林は進みました。みんな、弁当を二食分持って山へ働きに行っていたのです。

|

« 布沢地区、善光寺とたけのこ祭り その2 | トップページ | 迷惑駐車をなくす方法♪ »

清水区両河内の紹介」カテゴリの記事

コメント

私も両河内に居た頃、山の測量や間伐をよく手伝いました。昔は木を出すと1年暮らせた、とか聞きましたが、今では林業も大変ですね。しかし、何時の日か外材が入らなくなる事があるかもしれません。その時はまた国産材に光があたるのですかね?

投稿: ぺっくんG | 2010年4月21日 (水) 20時18分

ぺっくんG さま

 国産材に光が当たったときに、すぐ供給できるためには今からの準備が欠かせませんね。今、放っておくと「その時」に役立たないかも。

投稿: ももたろう | 2010年4月21日 (水) 22時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/48060934

この記事へのトラックバック一覧です: 両河内地区の植林:

« 布沢地区、善光寺とたけのこ祭り その2 | トップページ | 迷惑駐車をなくす方法♪ »