« 藤が満開 | トップページ | ネコさんが捕まえてきました »

2010年5月13日 (木)

お茶仕事が全開

Image318  例年より一週間程度遅れて、一番茶の刈り取りが最盛期となりました。3月の冷害で収穫が遅れたわけですが、市場の価格は日に日に下がっていきますので、一日でも早く刈りたい気持ちがあります。しかし、芽は伸びない、と農家は苛ついたことでしょう。
 そんな訳もあるためか、今年はお茶の刈り方がいつもと違う畑が多く見られるようです。普段は、例えば畑の上から下へ行ったり来たりしながら刈っていきます。二人刈りの機械は一往復して、茶の木一通りを刈り終えます。しかし、お茶の芽の伸び方は茶の木の上と下では少し違いがあります。そのために、先ず伸びている上側だけを全部刈って、後日下側を刈るやり方をする茶畑があります。このやり方は、非常に効率が悪いのですが、それでも伸びた葉の収量を確保したい、と涙ぐましい工夫です。
 お茶の市場価格も例年に比べて高いようです。「刈らにゃぁ、日本の茶にならぬ~♪」と、我が地域は一番活気のある季節となりました。

|

« 藤が満開 | トップページ | ネコさんが捕まえてきました »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

今年も5月連休は清水に行きました。
お茶の芽は全然出てなかったですね。
昔は5月連休といえば、お茶摘み、お茶刈りと時間を惜しんで働きましたが、お茶をやめてしまったので、最近は見るだけです。

投稿: ぺっくんG | 2010年5月13日 (木) 22時57分

ぺくっんG さま

 連休にいらしたのですね。いつもならお茶を乗せたトラックが走り回る時期ですが、今年は静かに感じたことでしょう。
 また、いらしてくだされ。

投稿: ももたろう | 2010年5月16日 (日) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お茶仕事が全開:

« 藤が満開 | トップページ | ネコさんが捕まえてきました »