« 五月光劇団 | トップページ | 初夏の収穫物 »

2010年7月 5日 (月)

七夕の思い出

Photo  清水は昨日の日曜まで七夕祭りでした。私の実家は茅ヶ崎ですが、隣の平塚市も七夕は有名で、ガキの頃は両親に連れて行ってもらいました。
 でも七夕はあまり楽しい記憶がありません。当時(昭和40年前後)、七夕に行くと、「傷痍軍人」が並んでいたのです。ある人は土下座をして口上を述べていたり、またある人はハンドルを回して音楽を流していたり。その白装束の集団が気味悪かったのですね。当時は大きな祭りにはどこにもいたような気がします。
 しかし、今は昔の物語。傷痍軍人の姿はいつしかいなくなりました。平成も20年を過ぎる今では、傷痍軍人の方はお元気でも90歳ぐらいになるでしょう。私が見たのは、まだ戦争の思い出が生々しい頃の風景といえるのでしょう。

|

« 五月光劇団 | トップページ | 初夏の収穫物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も小さい頃、お縁日で見かけました。二人一組で、片足の一人は立ってアコーディオンをひき、片手の一人は座って頭をさげていました。都電の中でも、箱をもって回ってきたのを覚えています。本当に戦争に行った方もあったのでしょうが、年齢的にどうもあわないという人もいたようです。

投稿: ひらひら | 2010年7月 5日 (月) 20時20分

清水の七夕、懐かしいです。
遥か昔に行きました。
傷痍軍人さんを見たのは更に昔です。
親に「あの人たちは何?」と聞いた覚えがあります。

今の若者は傷痍軍人を知っているでしょうか?戦争が終わって60年以上経ってます。もう少しで昔話になってしまうのでしょうか?

投稿: ぺっくんG | 2010年7月 5日 (月) 20時47分

ひらひら さま

 「年齢的にあわないのでは?」という話しは、よく聞きましたね。結構「似非」もいたようなことも聞きました。それでも、戦争の記憶が濃い頃には皆、同情していたようですね。しかし、都電の中での募金活動もすごい!!!

投稿: ももたろう | 2010年7月 5日 (月) 22時29分

ぺっくんG さま

 傷痍軍人の話しは今でも歴史の昔話になりつつありますよね。当事者は極端に少なくなっていますし、それを見た人も私たち以上の年齢の方だけでしょうから。

投稿: ももたろう | 2010年7月 5日 (月) 22時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/48798409

この記事へのトラックバック一覧です: 七夕の思い出:

« 五月光劇団 | トップページ | 初夏の収穫物 »