« 2010年11月 新静岡センター工事進捗状況 | トップページ | 2010年11月 中部横断道工事進捗状況 »

2010年11月20日 (土)

1999年12月 里芋の美味しい食べ方

 以前たびたびお茶刈りの応援に行っていた百姓家でお昼ご飯に出されたメニューです。な~に簡単。
 熱いご飯の上に蒸かした里芋をのせてオカカをかけて少し醤油をたらしその上からお茶をかけて・・・・これだけ。お箸で里芋をほぐしながら食べるとこれがなかなかウマイ!!食べると山芋に少し近いねばりもあり、里芋の味がお茶づけと妙に合うのです。初めて見たときは「エ~何とも粗食・・・・」と正直なところ思ったのですが、味は見かけではありません。そうそう、里芋は少し焼いて少し焦げ目がついていたりするとなお美味しく食べられます。
 私は芋や栗などは食べているとどうしても胸につかえて仕方ないのですが、この食べ方ならば水気もありスムーズにのどを通るのもうれしいのです。簡単にできますので、晩酌の後に食べてもとてもグ-です。
 ぜひ今晩試してみませんか。

|

« 2010年11月 新静岡センター工事進捗状況 | トップページ | 2010年11月 中部横断道工事進捗状況 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/53217308

この記事へのトラックバック一覧です: 1999年12月 里芋の美味しい食べ方:

« 2010年11月 新静岡センター工事進捗状況 | トップページ | 2010年11月 中部横断道工事進捗状況 »