« 2000年2月 庭の山菜 | トップページ | 富士川からの富士山 »

2010年11月27日 (土)

2000年2月 満州菊

 茶畑などによくでてきて、放っておくと人の丈ぐらいになり、「じゃま!」と倒しても土に付いた茎からはしっかりと根を伸ばし始め、秋になると白い綿毛を盛大に飛ばして、大きな株を抜いても根っこはわずかしかなく、抜いてもそのままおいておくとまた土に付いてまた元気になる、という茶農家にとっては困りものの草があります。名前を「満州菊」というそうで。・・・・はびこって困りもののこの草は菊に似ていて満州からやってきた・・・・香港カゼのように、困ったことは外国のせいに、との名前の草です。
 これが意外に胡麻和えなどにおいしく、春菊のような味がします。時々我が家でも食卓にでますが、カミサン曰く、「あの雑草じゃぁなんだかありがたみがない」。

|

« 2000年2月 庭の山菜 | トップページ | 富士川からの富士山 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/53217263

この記事へのトラックバック一覧です: 2000年2月 満州菊:

« 2000年2月 庭の山菜 | トップページ | 富士川からの富士山 »