« 河内の大石(安産石)の史実 その2 | トップページ | 両河内の民話 大平「四つ乳作右衛門」その1 »

2011年1月22日 (土)

「西里」への地名変更の経緯 その2

 以前、両河内地区内の「西里」は昔、「炭焼き」部落、と呼ばれていたのを改称した、と記事にしました。その際、「西里」の名前をつけるにあたって、いろいろご指導いただいた人がいたらしい、云々・・・、と書きましたが、色々調べてみましたら、弁護士の「深沢貞雄」氏と学習院教授の「竹沢義夫」氏であることが判明しました。
 さっそくネットで調べましたら、両者とも昭和初期頃、それぞれの立場でご活躍だったようです。しかし、この「深沢」姓は西里地区に多い名字ですし、「竹沢」姓は隣の河内地区に多い名字です(私の家の地区でも17軒中8軒が竹沢性)。両者共に両河内出身で東京にて活躍していた方だったのでしょうか。両河内中学校の卒業名簿でも、そのうち閲覧させてもらおうかしら。興味は尽きません。

 「西里」へ地名変更の経緯

 写真は、その西里の河合野地区にある八雲神社です。Photo
 西里には「六社」ありますが、ここだけが八雲神社。他は全て白髭神社です。これも何故なのかな???

|

« 河内の大石(安産石)の史実 その2 | トップページ | 両河内の民話 大平「四つ乳作右衛門」その1 »

両河内の史実」カテゴリの記事

コメント

こんばんわ 私のおじいさんも大学まで行った両河内出身者です。優秀な方が多く出る地域だったようですね。戦争で亡くなってしまいましたが生きていたら 両河内の歴史を聞きたかったですよ。

投稿: パン子 | 2011年1月22日 (土) 22時23分

パン子 さま

 そうだったんですね。両河内村史を見ていましたら、両河内村出身者で戦死された方が271名もいらっしゃいました。
 また、その内に記事にしましょう。

投稿: ももたろう | 2011年1月23日 (日) 17時30分

はじめまして。
私の祖母が竹澤さんの妹です。
小さい頃、学習院時代の思い出を綴った本が自宅にありました。
当時の法相を務めた犬養健がとりまとめたようでした。専門は国語の先生でした。
教え子には、平成天皇陛下はじめ、武者小路実篤、三島由紀夫等著名な方が沢山いらっしゃったようです。
引退後は、東海中学の初代校長を務めています。
詳細は、父が詳しいです。
因みに父は両河内出身です。

投稿: やまちゃん | 2012年11月 2日 (金) 21時31分

やまちゃん さま

 コメントありがとうございます。
 そうですか。今でも本は存在するでしょうか。また教えていただけるとありがたいです。私のメールアドレスへご連絡いただいてもかまいません
(cyg01343@nifty.ne.jp)
よろしくお願いします。

投稿: ももたろう | 2012年11月 2日 (金) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/50655129

この記事へのトラックバック一覧です: 「西里」への地名変更の経緯 その2:

« 河内の大石(安産石)の史実 その2 | トップページ | 両河内の民話 大平「四つ乳作右衛門」その1 »