« ヤブに潜む恐怖 | トップページ | 報徳の思想 »

2011年2月 4日 (金)

大平 大通院の創立はいつ? その4

 だいぶ前に大平の大通院創立について、記事にしました。その際、「真珠院取調べ書」の記載について紹介しました。その中で賢窓常俊和尚が大平へ寄った時に記述が興味深いので紹介しましょう。
 賢窓常俊和尚は各地を行脚していたのですが、その行脚の中で大平に来たわけです。

庵原郡大平村に至る唯僅かに四軒の百姓あるのみ土地幽○(「遂」にウ冠)にして霊気あり法身修業に恰好なり
 ・・漢字は一部変更

 当時の大平の様子がわかりますね。なるほど、「四軒の百姓あるのみ」か。本当に人里離れた山奥だったのですな。ちなみに現在の大平地区の世帯数は66です(自治会加入世帯数)。

 写真はその大平地区にある石仏群です。Photo_3

 大平大通院の創立はいつ???その1

|

« ヤブに潜む恐怖 | トップページ | 報徳の思想 »

両河内の史実」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/48556143

この記事へのトラックバック一覧です: 大平 大通院の創立はいつ? その4:

« ヤブに潜む恐怖 | トップページ | 報徳の思想 »