« 凍結して割れるレンガ | トップページ | 大平 大通院の創立はいつ? その4 »

2011年2月 3日 (木)

ヤブに潜む恐怖

Photo  山に入っていて、恐いことはいくつかあります。熊とのご対面やヒルとの遭遇等は一番イヤな部類ですが、ある程度季節的に安心できる時はあります。そんな中、一年中気をつけなければならないのは、ハチさんでしょう。しばらく手の入っていないヤブの雑木などを切っていると写真のようなのが出てきます。これはスズメバチの巣です。そんな時は緊急事態。何せ下手に刺されれば死亡することになりますので。
 そのままにしておければ、遠巻きにしてさわりませんが、撤去が必要な場合は、やむおえません。ハチさんには申し訳ありませんが、文明の利器である、ジェットスプレーで対応することになります。
 しかし、この巣、生薬として口にする地域もあるとか。枯れ木をハチの唾液で固めたものなので、何か効用もあるのでしょうか。

|

« 凍結して割れるレンガ | トップページ | 大平 大通院の創立はいつ? その4 »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

おー
みごとな蜂の巣。
ジェットスプレー(って、殺虫剤ですか?)で仕留めたのでしょうか。ご無事で何より。

投稿: ひらひら | 2011年2月 3日 (木) 20時51分

ひらひら さま

 はい、殺虫剤です。消火器のように勢いよく数メートルも飛ぶ殺虫剤なので、ある程度離れて使えるものです。

投稿: ももたろう | 2011年2月 4日 (金) 07時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/50754817

この記事へのトラックバック一覧です: ヤブに潜む恐怖:

« 凍結して割れるレンガ | トップページ | 大平 大通院の創立はいつ? その4 »