« お茶は少し遅れ気味です | トップページ | 久能山東照宮奉納演芸 »

2011年5月 2日 (月)

梶原景時史跡めぐり その15 番外編

Photo  梶原景時の史跡めぐり、実は今回調べて発表したのは前回の「14」でおしまいです。今回は高部庄を中心とした清水での史跡を紹介しましたが、「葵区の農家にするすみ(馬)の頭骸骨が残されている」、など、おもしろい話しもありましたので、また改めて調べてみたいと思っています。
 私は神奈川県の茅ヶ崎出身ですが、私の実家の近くに高座郡寒川町があります。その寒川町の茅ヶ崎に近いところに「梶原景時の屋敷跡」が残されています。清水で討たれるまで、ここ「相模の国一宮」に住んでいたのです。
 この屋敷跡の近くに「七士の墓」
Photo_2 がありますが、私の知人宅のすぐ裏手です。高校生の頃から話しは聞いていましたが、梶原景時は私とも少なからずご縁があったのかな、とも思ったりしています。

 梶原景時史跡めぐり その14

|

« お茶は少し遅れ気味です | トップページ | 久能山東照宮奉納演芸 »

梶原景時史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

景時の記事、大変興味深くおもしろかったです。
神奈川県のご出身だったのですね。寒川!私の憧れの場所です。行ってみたい…。何年か前のお正月に鶴岡八幡宮に行ったのですが、途中、寒川神社に寄ろうとしたけど込んでいて断念しました。
また、静岡の安倍奥は磨墨伝説の残る地で、地名にも深く関わっていたりして探ると楽しいですよ。
またおじゃましますね。

投稿: リネン | 2011年5月 6日 (金) 10時21分

リネン  さま

 安倍奥のお話し、そうなんですか。詳しくお聞きしたいですね。また、ぜひ教えてください。プログにも気軽にお寄りくださいませ。

投稿: ももたろう | 2011年5月 7日 (土) 09時20分

安倍奥の話は、静岡新聞社のホームページの「安倍・藁科川ものがたり」というコラムに詳しく載っています。第一章です。私が説明するより、写真もあるのでオススメです。
私は静岡を離れたことがないので、ももたろうさんの様に他の土地から来た方がこの郷土に根ざし親しむお姿を見ると、立派なことだなぁと、思わず思ってしまうんですよ。

投稿: リネン | 2011年5月11日 (水) 09時39分

リネン さま

 了解しました。静岡新聞に連載されていたものですね。改めて見てみます。
 静岡は東海道スジなので昔から色々なエビソードが盛りだくさんで、楽しいと感じています。まだまだ、色々調べて&見てみたいと思っています。

投稿: ももたろう | 2011年5月13日 (金) 08時44分

リネン様
「寒川!私の憧れの場所です。行ってみたい…。」
ありがとうございます。
http://samkajyoho.exblog.jp/
で寒川の情報を発信しています。
よろしければご覧になってみてください。

投稿: 寒川サポーター | 2011年10月24日 (月) 18時34分

寒川サポーター さま

 コメントありがとうございます。私も拝見しましたが、懐かしい場所が載っていました。相模線も開業90年になるのですね。

投稿: ももたろう | 2011年10月25日 (火) 06時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/51531695

この記事へのトラックバック一覧です: 梶原景時史跡めぐり その15 番外編:

« お茶は少し遅れ気味です | トップページ | 久能山東照宮奉納演芸 »