« 静岡市長、田辺信宏氏の名刺 | トップページ | 田辺静岡市長名刺の裏面 »

2011年8月26日 (金)

福島県から多数の児童が県外転出

 福島県の原発被災地から幼小中の子どもの内、約18,000人が県外へ転出した、との記事が出ていました。福島県のホームページで統計を見てみましたら、おおよそですが、同年齢の子どもは約20万人いるようですので、県全体でも一割がいなくなった計算です。

 実は私の弟一家も福島県いわき市に住んでいまして、原発事故後に「子どもの通うのは30キロ圏外で一番近い小学校だ(32キロだそうです)」、とか色々言っていましたが、夏休みを期に実家の茅ヶ崎へ一家で移り住みました。
 実家は、一応二世帯が住めるようになっていますが、今までは老夫婦だけの生活でした。広いスペースは卓球台などが置いてあったのですが、そこへ弟一家がやってきたのです。上の数字には弟の娘達も含まれているのでしょう。

 弟一家はいわきで土地を購入し家を建てたのですが、こんな事態になってしまいました。全く人生には何が起きるかわからないものです。110824

 写真は、先日パル散歩中に見た雲です。

|

« 静岡市長、田辺信宏氏の名刺 | トップページ | 田辺静岡市長名刺の裏面 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

政権争いなんてやらずに、しっかり、放射能対策をたててほしいです。

投稿: ひらひら | 2011年8月28日 (日) 12時12分

ひらひら さま

 全くですね。野田クンに先ずは期待します。

投稿: ももたろう | 2011年8月30日 (火) 08時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/52573768

この記事へのトラックバック一覧です: 福島県から多数の児童が県外転出:

« 静岡市長、田辺信宏氏の名刺 | トップページ | 田辺静岡市長名刺の裏面 »