« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月30日 (金)

台風15号の被害 我が家

110915_5 台風15号の強風で我が家の八重桜の木も倒れてしまいました。家の敷地の一番南にあり、毎年花を楽しませてくれましたが、見事にひっくり返ってしまいました。
 台風が来る前に大根の種を蒔いていましたが、大雨にかたたかれてほとんどダメになりました。また蒔かなければ。
 家の前の興津川の水位が上がり、一時自動車も避難させました。結果としては水が川を溢れることはありませんでしたが、あと数時間降り続いていたら完全に我が家の駐車場も水に浸かっていた感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月29日 (木)

台風15号の被害 道路寸断

110915_2 もちろん、今回の台風の土砂崩れで道路もいたるところで寸断されました。一時、我が両河内も「陸の孤島」となりました。現在は、私が普段通る道は、まぁ復旧しています。しかし、実はバス道路がまだ直っていません。復旧のメドが立たないほど山の崩落が大きく、現在も通行止めです。本当にいつ直るのかな・・・???
 静岡県内山間の集落は、どこも似たりよったりで、復旧までかなり時間がかかるところがありました(「ます」現在進行形でもあります)
 写真は西河内小学校。グラウンドはメタセコイアの葉っぱが台風の強風で飛ばされ、まるで芝生のようです。奥のサッカーコートの裏には遊具がありましたが、裏山が崩れて下敷きになっていました。台風の翌日に学校のPTA役員が総出で片づけていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月28日 (水)

台風15号の被害 通信手段途絶

110915 今回の台風では談話も通じない、携帯も通じない事態となりました。もちろんNTTの「災害伝言ダイヤル」も使えませんし、すべて外部との連絡はダメです。
 被災倒木の処理にあたるのですが、「どこそこの倒木を片づける」との連絡も手段がまったく「ナシ」で、全て足(実際には車ですが)を使って行かなければ用が足せない、という漫才みたいな日々でした。
 目の前にいない人との連絡は全て携帯などを使っていて、当たり前のように生活をしていたわけですが、これまた改めてありがたさを実感しました。
 写真は西里の河合野の崩落現場。茶畑にも土砂が押し寄せ、防霜ファンの電柱などもなぎ倒されました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

台風15号の被害 電源喪失

110915_2 電源喪失した我が家ですが、水道も井戸ですので電気がないと水も出ません。風呂も灯油ですが、電気がないとわかせません。「冷凍庫が使えないのでアイスを3つ食べて頭が痛くなった」などと笑い話しを近所でしていたのも二日目まで。電気がなければ何もできないのですね。ローソクをつけて夕食を食べると後は寝るだけ。洗濯もできません。プロパンガスはありますので調理はできますが、もしIHだったら・・・近所で建て替えしてIHにした家では、「今朝はパンしか食べられなかった」と自嘲気味に話していました。
 皆さんの家でも電気がなくなったら何ができないか、どうすればできるのか、一度考えてみることをお勧めします。
 写真は葛沢で起きた土砂崩れ。直後の写真なのでまだ水が流れています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

台風15号の被害

110915 久しぶりのブログ更新となりました。何故って、実は台風15号の影響で、我が地域は電気・電話・携帯が全て足かけ四日間使えなくなりました。
 今までも台風や大雪で停電になった経験はありますが、その少ない経験ではだいたい一晩経てば復旧したものです。こんな長期間の停電、通信手段の途絶は初めてです。
 実は清水区内、現在も停電している地区もあります。何回かに渡り、今回の台風15号について記しましょう。写真は布沢地区で土砂崩れにより101才のおばあさんが亡くなられた現場。両河内内で災害の死者とはどれだけぶりだったでしょうか。合掌。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月21日 (水)

2011年9月 新静岡センター工事進捗状況

110919_2 外側のシートも全てとれて、これが新しい新静岡センターセノバの全容です。10月5日にオープンとなりますが、中に入っている静鉄電車、新静岡駅の線路も整備が続いていました。
 屋上にはヘリポートもありますが、ビアガーデンはないようですね。古いセンターの時によく寄った身としては、ちょっぴり残念。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

山里の花束

110919 お彼岸の日も近くなり、彼岸花が咲き始めました。しかしこの花、いきなりするする伸びて花をつけます。加えて分けつするのか、密集して咲いています。一面真っ赤に染まって咲いている様も美しいですが、今回の写真のように一所だけに咲いているのもおもしろいものです。まさに秋の山里の花束です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月17日 (土)

聖一国師が持ち帰ったもの

 静岡茶生みの親として知られている聖一国師ですが、他にも調べてみると当時の中国(宋)から持ち帰って日本で広まったものがいろいろあるようです。
 特にうどんやソーメンなどは、その商売の方は祀ったそうです。国師の製麺法は現在の博多ラーメンが目指しているものと同じとも言われているそうです。おもしろいところでは、博多山笠の祭りも聖一国師が始めたもの、という説もありました。
 当時(聖一国師の留学は1235年~1241年)、海外へ出た日本人は超エリートだったのでしよう。聖一国師は静岡茶だけでなく、日本の文化に大きな影響を与えた方だったの
110915ですね。

 写真は朝見た中秋の名月です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月15日 (木)

両河内地区敬老慰問

110910 9月は敬老の日もあり、地区の高齢の方への色々な企画があります。
 この日は、両河内地区で寝たきりなどの方を対象とした訪問活動です。両河内中学の生徒が伺うのですが、その出発式へ私も参加しました。
 先日、両河内地区の高齢化率が高い旨の記事を書きましたが、高齢化率が高い、ということは高齢者と同居している世帯が多いことにもなります。独居や高齢者だけの世帯もありますが、かなりの数が三世代、四世代同居です。
 この日の出発式に集まった中学生に聞いたら1/3以上の子が高齢者と一緒に暮らしている、とのことでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

両河内地区敬老会

110911 先日、両河内地区の敬老会がありました。
 約3,500人の人口の我が地区で新百才が3名、最高齢は103才。この103才の方は清水区の男性最高齢者でもあります。また、高齢化率は3割を優に超えています。さすがに、一頃問題になった「行方不明の高齢者」はいません。
 敬老会も対象者が多くなり、現在では77才以上の方に呼びかけています。卒寿になってはじめて敬老会へ呼ばれるのですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月11日 (日)

今年も美味しい季節となりました

110909_2 今年も柿が実る季節となりました。パルは散歩をするたびに落ちている柿をムシャムシャ食べています。時々渋いような仕草をしていますが、本当に渋いのがわかるかどうかは不明です。
 それでも落ちている柿は何でも食べるわけではなく、好き嫌い(?)があるようで、見向きもしない柿もあります。何が基準になっているのかなぁ。よくわかりません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月 9日 (金)

河原のニラ

2_4 興津川の河原や護岸には何故かニラが自生しています。畑だったわけではないのにあちこちに群生していて、今では種が落ちるため、更に増えています。
 そのニラが今花盛り。白いかわいい花畑となっています。パル散歩の途中で花を摘んで玉子とじにして食べています。しかし、どうしてこんなにあるんだろう???不思議だなぁぁぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 8日 (木)

深層崩壊 台風12号の被害

11090712 台風12号の被害はひどかったですね。四国に上陸して、東側の紀伊半島であの被害ですから、もし紀伊半島や伊勢湾辺りに上陸していたら、静岡県内の我が家のまわりや伊豆の天城辺りがあの被害になっていたのかもしれません。
 特に恐いのは今回もあった「深層崩壊」ですね。我が家のまわりでも起きておかしくなさそうな。国交省の砂防計画課が出した深層崩壊ハザードマップでは我が地域は、推定頻度が「低い」となっていましたが。
 今回の台風12号、私の地域でも少し被害がありました。写真は西里の和田地区。市道の路肩が崩れたそうで全面通行止めとなっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

我が家のテッポウユリ

110830_2 我が家の庭にもテッポウユリが今の時期、たくさん花をつけています。裏の道に出てきた小さい苗を掘り出して育てたものです。
 しかし、このテッポウユリたち、私の背丈以上に伸びて花をたくさんつけるのはきれいで嬉しいのですが、花の重みでひっくり返ってしまうのです。小さいユリでも年々生長して、花をたくさんつけるようになりますから、毎年添え木をして倒れないようにしてあげる数が増えてきます。
 今後は一カ所にまとめて、面倒を見るようにしようかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 6日 (火)

2011年8月 中部横断道工事、土

110830 台風の影響がある前に撮った写真です。橋脚がいよいよ立ち始めました。
 グーグルの航空写真でも山を削り取った、工事の様子がはっきりわかります。山がきれいだった頃の写真を保存しておけばよかったな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 5日 (月)

大雨の影響 倒木処理 その2

110831 先日紹介した現場とは別の所です。こちらの方が被害が大きいです。目通りの直径が1メートルもあるクスノキが根こそぎ倒れていました。これだけ大きい木ですから、近くにある数十年経った檜や孟宗竹なども一緒になぎ倒していて、現場はごちゃごちゃ。
 この下流に公共施設がありますが、そこの職員が「石が落ちてきた」と見に行ったところこの状況。大あわてで役所に連絡した次第。
 ここも台風12号が来る直前に応急処置をして、とにかくここを流れる沢は、水がスムーズに流れるように邪魔なものを撤去するしかありませんでした。これだけデカイ「本体」を取り除くには重機を現場まで入れなければなりませんが、台風のため、まだ手がつけられません。
 ここから更に上流でもう一カ所崩れているところがあるそうで、台風でどうなっていますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 4日 (日)

テッポウユリの季節

110822 テッポウユリの季節になりました。興津川の土手にもあちこちに咲き乱れています。
 大きいものは花を数個つけていて、満開になると重さでしなってくるぐらいです。小さいものは30センチぐらいの草丈なのに健気にも花をつけています。
 毎年少しずつ種が飛ぶのか、ユリは増えているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 3日 (土)

スズメバチの巣

Photo_2 草刈りをしていた時にサツキの木に作られていました。ものすごすごい勢いで向かってきたので、大あわてで逃げて巣をとることに。3段まで成長した巣には蜂の子もたくさんいます。昔はこれをご飯に入れて炊いたのものが、大変なごちそうだったそうです。しかし、刺されなくてよかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 2日 (金)

外国人のお客も多いのね 静岡県地震防災センター

Photo 静岡県地震防災センターは静岡県の地震防災の拠点です。東日本大震災の影響か、リニュアールしていました。
 展示会場の案内は、ご覧の通り。日本語、中国語、韓国語、英語、の他はポルトガル語とスペイン語でしょうか。訪れる方が多いことがわかります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月 1日 (木)

被災倒木の処理

110831 山仕事をしていると、災害で被害を受けた木の処理も頼まれます。
 先日、蒲原地区で集中豪雨があり、東海道線や新幹線が止まり、県道脇の土手などが多数崩れる被害がありましたが、その被災地の一つです。
 地元の自治会から、台風も近づいているし早く何とかして欲しい、との依頼があり急遽沢を埋める倒木を片づけに行きました。
 先日の豪雨は、清水辺りではあまり強い雨を感じなかったのですが、蒲原では豪雨だったのです。最近の雨はスコールのようですね。広範囲に降ればそこそこの雨量なのでしょうが、狭い地域に降ると、ドッと雨量が増えるのかしら。
 いま近づいている台風12号ですが、日本直撃コースです。どうか被害がありませんように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »