« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月31日 (月)

2011年11月 中部横断道工事、土

111101 だいぶ橋脚の位置がわかってきました。山の上の方は夜でも明かりがついていて、工事が行われているようです。今日もダンプやミキサー車が忙しく走り回っております。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月29日 (土)

これはいいぞ、ペットボトルの茶こし

Photo_7 森林公園祭りを冷やかしていたら、お茶屋の販売所でいいものを発見。ペットボトルにそのまま使える「茶こし」です。価格は200円ぐらいだそうです。初めて見ましたが、これはなかなか優れものだ。ネットで調べたら、かなり人気商品になっているとのこと。Photo_9
 写真のペットボトルの中に入っているのは「水出しの紅茶」。Photo_8使っている紅茶はもちろん両河内産。一晩水に入れておけばできる、とのことです。緑茶に比べて置いておいても味が変わらないし、夏などはとてもいいな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月28日 (金)

森林公園祭り

111023 先週の日曜は西里で「森林公園祭り」がありました。その前の週の両河内祭りは地域の人たちが「自分たちが楽しむ」といった感じで両河内地区以外の人の参加は少ないのですが、今回の森林公園祭りは街からたくさんお客さんが来る祭りです。 今回私は何も役割がなかったので気楽に遊びに行きました。
 昨日までの雨が上がり、暑くもなく寒くもなく、ちょうどいい季候でした。シイタケの焼きたてやシシ肉のカツ、黒米のおこわや鮎の塩焼き、その他書ききれない・・・と盛りだくさん。やっぱり遊びに来るのは楽しいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

台風15号被害 河内

15_4 台風15号の被害、大水で流れてしまった護岸などの復旧はまだ全て手つかず状態です。我が河内の自治会でも住民に危険箇所を知らせよう、と被災マップ作りを頼まれ、できあがったものを地域で回覧しました。写真撮影日が「10月23日」とあるのは「9月23日」の間違いですが、目についただけでもこれぐらいの箇所がやられていました。これ以外に茶畑の土手が崩れた、ワサビ田が埋まった崩れた、という箇所はまだまだたくさんあり、とても載せきれません。改めて台風の威力を実感されられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月27日 (木)

台風15号被害 遊木(ゆうき)の森

15_3 静岡市駿河区にある日本平の下の方に静岡県が作った「遊木(ゆうき)の森」があります。ここも台風15号で被害を受け、現在休園となっています。我が両河内だけでなく、こちらもすごかったのだな。沢伝いに左右から木がグチャグチャに倒れ込んでいるのはどこも同じ。
 今回の台風は百年に一度とは言いませんが、50年に一度ぐらいの被害の規模だな。年配者は「伊勢湾台風以来の被害だ」と言っています。伊勢湾台風が来たのは私が生まれた年ですので、約50年前。確かに50年に一度の規模か。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月26日 (水)

台風15号被害 中河内

15 台風15号の復旧はまだまだ続いています。というより、まだ手つかずの所の方が多いですな。
 この日は中河内の倒木処理。主に土砂と共に流れ出した木をユンボで掘り出して片づけるのですが、一ヶ月も土の中にあると腐敗が始まるのか、相当臭くなります。おまけに土に埋もれた木は、割けた木の中に石が入っていたりします。従ってチェンソーの刃をすぐにダメにしてしまい、木を切る時間より刃を研ぐ時間の方が長くなる始末。
 しかし、今回の倒木処理や土砂崩れののり面処理、全部できるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

西里 伏木荘 その2

Photo_6 伏木荘では山の幸が色々並びますが、今回飲んだ際美味かったのは「ズガニのみそ汁」。海のカニとも違って、なかなか美味でした。興津川にもいるとのこと。沢ガニは我が家のまわりでもうろうろしていますが、ズガニは見ないなぁ。こんなでかいのが歩いていたら、ネコがとってきそうだ。
 シシ鍋にズガニのみそ汁、竹の子にコンニャク、その他諸々でお土産にするほどたくさん出てきました。お酒と共に美味かったわぁ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2011年10月24日 (月)

西里 伏木荘

Photo_3 先日の野生イノシシの処理、西里にある「伏木荘」の大将がやりました。この店はシシ鍋などをウリとしていて、私らも時々行きます。
 この伏木荘で飲む機会があったので、先日のイノシシはどうでした?と聞くと「まだまだ季節が早いからダメだよ」、あのシシはどれぐらいの肉がとれました?「30キロぐらいかな」、とのこと。
 大将が「まだ美味かぁないよ」と渋るのを無理矢理お願いして、煮てもらいました。

 確かにまだ油分が少なくて赤身ばかりですが、それでも美味しいわぁ。Photo_5ビールや日本酒が進みました(おっと、昨日断酒会の話しをしたばかりだったな)。
 11月以降なら美味しいシシ肉がとれる、とのことですので、来月の下旬にまた食べに行きますかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月23日 (日)

お見舞い文化もよくよく考えて

 今日(10月23日)、静岡市内で断酒会の全国大会を開催しています。私も仕事で昨日、全国大会前の企画に関わったのですが、その時に気づかされた事柄を一つ。
 阪神大震災の時、避難所へ「火事見舞い」のような心境でドンドン一升瓶が届けられたそうです。家が被災し家族を亡くし絶望の中で時間だけはたっぷりある状況で、アルコール依存症になるケースがあったそうです。また、或る他の災害の時にも、日赤救急箱にポケットウイスキーが入っており、日赤へ連絡して、日赤は撤去した事例もあったとか。
 私たちはお見舞いでかなり気安くお酒を送りますが、それも場合を考えないといけないことでした。。
Photo

 写真は我が家でまだ封を切っていないお酒達に集まってもらいました。実はこの倍ぐらいあって、あきれて並べるのをやめたのですが、心地よく嗜みながら、これから楽むことにしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月21日 (金)

秋の味覚 総集編

111017_2  秋の味覚として、我が家で採れる栗や柿を紹介しましたが、長野県にいるの友人からリンゴが送られてきました。これに加えて、庵原の知人から早生みかんがとれ始めたのをいただき、我が家では現在フルーツが盛りたくさんです。どれもこれも美味いなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月20日 (木)

二ノ宮神社祭礼

111019 16日の日曜は河内二ノ宮神社の祭礼の日でもありました。神社もきれいに化粧がされて、私が寄った時には氏子の人たちが直会(なおらい)をしているところでした。
 赤ら顔の氏子総代に呼ばれて、私も御神酒をご相伴あずかりました。神殿に供えられたお酒は美味しい(ような気がして)、コップ酒をなみなみと二杯いただきました。連れのパルにも飲ませたところ、喜んで飲みました。そうか、君もお酒が好きか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月19日 (水)

ユリの種

111017 9月に愛でさせてくれたテッポウユリは、現在種をたくさんつけています。我が家の以前紹介したユリも盛大に種をつけています。多分、この株だけで1万ぐらいはあるのでしょうが、その中からうまく条件があって芽を出すのはごくわずかなのでしょうね。
 地域の人たちもテッポウユリは好きで、種が熟すと、通学路などに蒔いている人を見かけます。また来年も大きな花をつけてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月18日 (火)

秋の味覚 柿

111016_3 我が地域で一番の秋の味覚は、やはり柿でしょうか。何せそのまま食べられますからね(渋柿はダメですが)。今年も台風にもめげずにたくさんなっています。しかし、よく見ていると人間が食べるよりもサルやヒヨドリが食べています。
 我が家では、せっせと人間とパルが食べています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月17日 (月)

両河内祭り

111016 日曜日は両河内祭りがありました。両河内中学校のグラウンドを使う予定でしたが、朝までの雨で使えず、中学の駐車場や体育館で行われました。会場が分散された感じでしたが、結構ゴミゴミしていて、それはそれで活気があり楽しめました。111016_2
 右の写真は、体育館でやった踊りの際、赤ちゃんがハイハイして輪の中に一人で入ってきました。何をするかと思ったら一緒に踊っていました。赤ちゃんにも楽しさがわかるのですね。ほほえましい光景でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月16日 (日)

台風15号被災

111009_2 先日の台風15号の当地での様子などを静岡新聞に投稿しましたら、10月7日付朝刊に載りました。
 メールで投稿できるようになって、郵送していた頃に比べてハードルが下がりました。
 大雨に関してもう一つ気づいたことは、地デジになって台風などで豪雨になると、テレビが映らない場合が多くなりました。これはデジタル放送が雨粒の影響で伝搬が阻害されているのが原因ですが、これって、災害の時には何とも頼りないですね。ラジオの大切さも改めて感じました。まぁ、我が家ではラジオをつけている時間の方が大幅に長いですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月15日 (土)

秋の味覚 栗

111009 我が家の庭も秋真っ盛り。庭の栗は台風15号でずいぶんと落ちてしまいましたが、それでも残っているのもありました。木の上でこのように熟して下へ落ちたものが一番甘くて美味しいのですよね。
 我が家では9月中旬から毎朝の栗拾いが日課です。時間があれば昼も夕方も。何せサルたちと競争です。時にサルの残したものを人間が拾うことになっています。 
 やはり栗ご飯がうまいですな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月13日 (木)

イノシシの季節となりました

111009 おっと、死体や血に弱い方は写真を大きくしてみない方がいいかも。
 冬眠前のこの季節、栄養をつけるためにイノシシが里山に数多く出没します。里芋畑を荒らされた近所の家では、鉄砲をやる人に頼んでワナを仕掛けました。
 そしたら、かかったぁ!!!60Kg以上あるかな。大人のイノシシです。これぐらいの大きさになると仕掛けたワナをちぎって逃げる場合もあるそうですが、今回はワイヤーが強く、逃げられませんでした。最後は鉄砲でズドン。かわいそうな気もしますが、野生動物との共存はなかなか難しいものがあります。
 パルも初対面。初めは遠巻きにしてワンこら吠えていました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月10日 (月)

秋はこれ♪曼珠沙華と稲穂

110928 秋の一番の風景は、やはりこれでしょう。彼岸花とたわわに実った稲、そしてすき通った青空。大平での一葉です。台風もありましたが、野ではちゃんと秋の風景は忘れていませんでした。
 この稲たちは今日は刈り取られてお日様に干してありました。美味しい新米となることでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 9日 (日)

オシロイバナ

110910 しばらく台風15号関連の被害についての記事が続いてしまいました。もちろん、他にも色々な出来事があります。
  写真はオシロイバナです。近所の廃屋の庭に自生していまして、毎年きれいな花をつけます。
 しかし、オシロイバナって花ごとに花びらの色が違うのですね。本当に色々なバリエーションがあってみていて楽しいですな。一夜限りの短い花の命ですが、毎日次々と新しい花が咲いています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 8日 (土)

台風15号被害 バス道路通行止め

15 今回の台風15号で県道が通行止めとなりました。バスも通る道ですから、バスも通行止め。とても不便でした。
 その通行止めも10日の朝に開通することとなりました。やれやれですが、現場は写真のようになっています。山のいたる所が崩れていますので、道は開通しても、次の大雨でまた崩れてきそうです。どこの山も同じですが、抜本的に対策をとらないと、台風が来るたびに災害が起こりそうな山になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 7日 (金)

台風15号被害 庵原茂畑3

1109157 今回の台風15号では杉や檜の植林だけでなく、竹や雑木もたくさんひっくり返りました。十分に根を張っている木でも、土砂ごと崩れ落ちていたのです。写真はそんな雑木で倒壊したうちのかなり大きい方。
 根元近くまで枝や幹を切ったあと、大型のクレーンでつり上げましたが、10トンありました。
 大きな木は、いくら倒木であってもチェンソーで切り刻むのは正直言って抵抗があります。でもやらないことには道路も電気も復旧しませんので、「切らせてください」と心の中でお願いをして神妙な心持ちで切りました。おかけで怪我もなく、無事作業を終えることができました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

台風15号被害 庵原茂畑2

1109159 台風の倒木処理はどうやってやるか、といいますと、高所作業車という、10メートル以上も伸びるゴンドラに乗ってチェンソーで切り落とし、それをクレーンで運ぶ、という、重機がないととてもできない仕事です。なにせ木は重くて、数人がかりでもびくとも動きません。
 木を切るのも、立木を切るのとは訳が違い、複数の木が絡み合っていますので、切り方を間違えると、とんでもないことになります。そうでなくても、切り落とした瞬間に跳ね上がったり、轟音と共に落ちていったりと、大迫力です。チェンソーをあてながら、切り落とす直前に木がどちらにどの程度動くかクレーンのオペレーターに動かす指示をしながら確認しながら進めないと恐くて恐くて。
 作業するバケットから下を撮ってみました。私は高いところが苦手ですので、本当は乗りたくなかったのですが、しょうがない、切り落とす担当でした。できるだけ下は見ないようにして仕事をしました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 5日 (水)

台風15号被害 庵原茂畑

1109153 今回の台風15号で我が家の近く被害が大きかった場所の一つに庵原の茂畑地区があります。ここはバス道路に沿って電気と電話の線が地区に通じていますが、そのバス道の両側の山がいくつもの場所で崩れ、復旧までに多くの時間がかかりました。1109155_2
 写真はその崩落現場の一つです。もう倒木でグチャグチャ。右の写真も茂畑へ通じる同じバス道ですが、電線が切れて垂れ下がっています。ここの倒木処理を今回応援しました。何せこれらの木を片づけない限り、車も通れませんし、電気も電話も通じないのです。9月の後半三連休は毎日通いました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 4日 (火)

台風15号の被害 興津川の水位上昇 その2

110915_2 台風15号で我が興津川は私の家の前での氾濫は幸いにもありませんでしたが、実は他の場所では溢れていました。私が知る限り、西河内では西里河合野地区と大平の南大平地区です。写真はその南大平の橋ですが、よく見ると橋の橋脚の上の他に、欄干にも流木が引っかかって残っています。濁流はそこまで達していたのですね。
 写真を撮した側には土砂が堆積していました。幸い人家への被害はありませんでしたが、もう少しで危ない事態でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 3日 (月)

台風15号の被害 興津川の水位上昇

110915 今回の台風は、我が家の前の興津川の水位も上昇させました。危険水位を超えたので、我が家では駐車場の自動車を豪雨の中、高いところに移動させたほどです(我が家では駐車場が一番低い、川の近くにありますので)。結果としては水は溢れませんでしたが、本当にあと少しで危ないところでした。
 写真は、我が家の下流、河内片瀬の様子です。
 
以前、「葦の天国」として記事にしたところと同じ場所です。比べてみると、驚いてしまいます。110928
 驚く、といえば、台風のあと、同じ場所を撮しましたら(右)きれいに葦はなくなっていました。あの濁流で根こそぎ下流(海)へ流されたようです。今後プランクトンのエサにでもなるのかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月 2日 (日)

台風15号の被害 西里寺尾島

110915_2 西里の寺尾島では、道が諏訪湖の御神渡りのように盛り上がっていました。これ、前にもあったような・・・と調べたら、2007年の台風4号の時でした。ただ、前と違っているのは、後ろの石垣が前にせせり出ています。大雨の影響で、地盤が動いた結果なのですね。あと、何時間か降り続いたら、この石垣も崩落していたことでしょう。
 今でも、とてもヤバイ状況です。また大雨が来る前に何とかしないととても心配です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 1日 (土)

レクイエム 片平とみ さま

101003 台風15号の土砂崩れで亡くなられた、布沢の片平とみさんは101才でした。ちょうど一年前、昨年の10月3日にとみさんの家の写真を撮っていました。下の道を歩いていて、手を振ると振りかえしてくれる気さくなおばあちゃんでした。携帯で撮った写真ですので少し不鮮明ですが、家の前にとみさんがいます。この時、100才でした。
 つらい写真ですが、台風15号の土砂崩れの後、ほぼ同じ場所から撮った写真が右です。
110915
 土砂は写真を撮った道を越えて背面の布沢川まで達していました。
 知り合いのきんちゃんが、台風15号が来る二日前にとみさんと話しをしていて、その時「私は101才にもなって、これからどれぐらい生きるのかねぇ」といった旨の話しをしていたそうです。
 自然災害で両河内でなくなった方が出たのは何年ぶりなのでしょうか。昨日、仕事で田辺静岡市長にお会いしましたら、片平さんの死に彼も心を痛めていました。改めてご冥福をお祈りいたします。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »