« 川根本町通信整備 | トップページ | 新茶のための摘芯作業 »

2011年12月20日 (火)

両河内の民話 中河内 黒地蔵

 昔、中河内の神沢原の村に玉泉寺というお寺があった。そこには、真っ黒にお地蔵様がご本尊として祀られていた。
 ある時、お寺にやってきた村の衆が、このお地蔵様を見ながら、
「いつ見ても、本当に真っ黒だのう。」
「こんななりじゃぁ、お地蔵さんもいやじゃろう。」
「ご利益もなさそうだ。」
と言っていた。そのうちに、
「そうじゃ。前の川へ持って行ってぴかぴかにしてやるら。」
と、話になった。
 大人の膝小僧ぐらいのお地蔵様を一人の村のものが軽々と担ぎ上げて、前の川へと運んで行った。そして、川の中へざぶんと入れた。村の衆はみんなでお地蔵様をごしごしと洗い始めた。 ところが洗っても洗ってもちっともきれいにならない。
「こんだけ洗ってもきれいにならんのなら、しょぅんない。もう寺へ持って行くか。」
 村の衆はお地蔵様を寺へ持って帰ることにした。ところが、お地蔵様を水の中から持ち上げようとすると、どうしたことかびくともしなた。みんなでかわるがわる持とうとしたが、根が生えたように動かない。
「わしらが、あんまり粗末にするんで、お地蔵さんが怒ったずらか。」
みんなは玉泉寺の和尚さんに知らせに走った。
 和尚様は川へとやって来るとお経を唱え始めた。そしてみんなもお地蔵様に謝った。
「どうか堪忍してくだせぇ。わしら悪気があったわけではないだで。」
 お経が終わってお地蔵様を持ち上げようとすると、今度はふわりと持ち上がった。村の衆はびっくりして、それからますます大事に祀ったそうな。
 このお地蔵様は弘法大師の作と伝えられ、玉泉寺が廃寺となった後、中河内の木山野の宝樹寺に引き取られ、今も大事に祀られている。また、同じ言い伝えがあるお地蔵様がもう一体、和田島の蔵珠寺にも祀られている。
111218

 写真が宝樹寺の黒地蔵。今でも毎日、お水とご飯が供えられています。

|

« 川根本町通信整備 | トップページ | 新茶のための摘芯作業 »

両河内の民話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/53515652

この記事へのトラックバック一覧です: 両河内の民話 中河内 黒地蔵:

« 川根本町通信整備 | トップページ | 新茶のための摘芯作業 »