« コブシも負けていませんわ | トップページ | キジがうろうろ »

2012年4月17日 (火)

松の実

120409 これは何でしょう???実は「松の実」です。左端の黒い部分が「実(タネ)」です。そこから右の方に伸びているのは昆虫の羽根のような感じのものです。写真ではよくわからないかも知れませんが、とても薄いものです。
 どうしてこうなっているのか、といいますと、これを上から落としてみると、タネの部分を下にして、羽根の部分はクルクルと螺旋状態に渦を巻きながら回転してゆっくり落ちていくのです。風にのっでも少しでも遠くに子孫を残そうという松の知恵なのですね。
120409_2
 どうやってなっているのか、というと左の写真です。これは松ぼっくりのアップですが、普通に見る松ぼっくりのヒダの間に小さい舌のようなのが見えますよね。これが「実」です。冬に裏山の尾根にある松林からとってきた松ぼっくりから実が出てきたのです。実は私も初めて実物を見ました。

|

« コブシも負けていませんわ | トップページ | キジがうろうろ »

お山の生活で感じた事・体験したこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/54463571

この記事へのトラックバック一覧です: 松の実:

« コブシも負けていませんわ | トップページ | キジがうろうろ »