« 静岡の人力車 | トップページ | ペガサス陶芸クラブ 無頓窯 薪窯での陶芸 10 »

2012年4月 1日 (日)

ペガサス陶芸クラブ 無頓窯 薪窯による陶芸 9

120327 窯に火が入って約一週間薪を燃やし続けました。その後はご覧の通り入口を塗り固めて常温に戻るのを待ちます。これも約一週間かかります。さて、どのように焼けているでしょうか。神のみぞ知る、の世界です。

|

« 静岡の人力車 | トップページ | ペガサス陶芸クラブ 無頓窯 薪窯での陶芸 10 »

我がよき友よ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100011/54364246

この記事へのトラックバック一覧です: ペガサス陶芸クラブ 無頓窯 薪窯による陶芸 9:

« 静岡の人力車 | トップページ | ペガサス陶芸クラブ 無頓窯 薪窯での陶芸 10 »