« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月30日 (土)

レクイエム 伊藤エミ さん

 ザ・ピーナッツの伊藤エミさんが71才で亡くなりました。
 私がガキの頃に多大な影響を受けた「シャボン玉ホリデー」のレギュラーでした。ハナ肇演じるお爺さんに「おとっつぁん、お粥が煮えたわよ」とシリアスな感じで出てきて、徐々におかしくなって、植木等の「お呼びでない、こりゃまた失礼しました」のワンパターン劇に何度笑ったことか。それ以上に、この番組はとても先進的な音楽エンターテイメント番組で、音楽的に超マセガキだった私には毎週たまらなく待ち遠しい番組でした。ザ・ピーナッツがシャボン玉が飛ぶ合成映像の中で歌った「シャボン玉ホリデー」の曲は今でも諳んじて歌えます
(シャボン玉 ラッラララララララ
シャボン玉 ルッルルルルルル
ロマンチックな夢ね、甘い素敵な夢ね、
リズムに乗せて運んでくるのね
ホリデー、ホリデー、シャボン玉
シャボン玉ホリデ~♪)。
 1975年に引退して、沢田研二と結婚しますが、週刊誌にツーショットをすっぱ抜かれます。何故だろう、その写真を今でも覚えています。タクシーの後ろに伊藤エミが(メガネをかけていたな)酔っぱらってキャッキャした顔で乗っていて、沢田研二は(ヒゲをはやしていたな)カメラに撮られているのを「カマヘン、カマヘン」といった表情で座っているようなショットでした。週刊誌なんて買ったことないのに、どうしてハッキリ覚えているんだろう???個人的にとても不思議な出来事です。
 他にも、これもガキの時に映画で見た怪獣モスラの歌も懐かしい想い出です
(モスラ~や、モスラ~♪)。
 楽しい想い出をいろいろいただきました。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月29日 (金)

東海道石畳

120623_2 箱根は神奈川県側にも静岡県側にも旧東海道が整備されているところが多くあります。ここを弥次喜多も通ったのでしょう。ペリーが下田に来た際に、江戸と下田の間を情報を持って行き来したのもこの道なのかな。一度、三島から小田原まで歩いてみたいものです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月28日 (木)

三島大社 金木犀

120623 三島大社へ行きましたら、この金木犀が有名なのです。何と昭和9年に国の天然記念物の指定を受けています。樹齢は1200年とか。平安時代だな。また、説明書きによると「九月上旬より中旬にかけ黄金色の花を全枝につけ再び九月下旬より十月上旬にかけて満開となる」とのこと。二度咲く、ということなのかな。いずれにしても老いてなお元気なようです。これはやっぱり花の時期に見たくなりますね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

山中城 三島市

120623 先日、伊豆へ行ってきました。写真は三島市にある「山中城」。北条氏によって築城された山城です。豊臣秀吉に攻め込まれて、落城した歴史があります。三島市がきれいに整備したおかげで当時の様子がよくわかる城跡となっています。
 私が行った際もそれなりに散策する観光客がいました。でも平成生まれの客はいなかったような。最近「生息」が話題になっている、「歴女」や「城ガール」もいました。
 想像力と少しの歴史の知識があれば十分楽しめるスポットですね。写真の畝堀も現在は芝で植栽されていますが、当時は赤土。とても登れるような勾配ではありません。眺めていると合戦の様子が浮かんできませんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月26日 (火)

出世六の字穴 可睡斉

120611 可睡斉で見つけた、もう一つ。
 ここは徳川家康が、武田信玄に攻め込まれた際、逃げ隠れた穴だそうです。全長は10mほどあり、中には延命地蔵が祀られているそうで、現在は補強工事がなされて内部も見学できるとか。私が行ったのは18時近かったので入れませんでした。また、内部が見られる時に入ってみたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月25日 (月)

酒塚観音 可睡斉

120611 袋井市の名刹、可睡斉の中で見つけた「酒塚観音」さま。あまり信心深くない私ですが、お酒とのよい関係に感謝して、思わず手を合わせました。
 この観音さま、4月に大祭があるそうで、終わると振る舞い酒をいただけるとか。是非、飲んでみたいものです。
 「酒」の字のつく名前にはかなり敏感に反応する私でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

東海道どまん中

120611 先日、仕事で袋井市へ行きうろうろした時に見つけた風景。「東海道五十三次どまん中袋井宿」とは、わかりやすいですね。
 調べてみると、「五十三次」ですから、27番目の袋井は真ん中ですね。距離的にもおおざっぱに調べたら、西の三条大橋(京都)までも。東の日本橋(江戸)までも、共に240Km前後。少し東が長いのかな。
 町おこしの材料にしているのでしょうが、効果はいかほどなものでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

台風4号の爪痕 その2

1206224_2 今回の台風4号、もちろん土砂崩れなどもありました。
 写真はいつも街との往復に使う県道。土砂崩れで根っこが出ちゃいました。これは切らないと根っこの出ている杉は大風が吹けばひっくり返りそうです。何せ県道の上ですから、車の上に倒れたら、それこそ一大事。すぐに処置するでしょうが、怖い光景です。
 これから台風が通過するたびにこんな被害が続くのでしょうかねぇ。昨年の台風14号以来、本当に弱くなった感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

台風4号の爪痕

120622led 台風4号はかけ足で県内を通過しましたが、富士川以西の中部電力管内で約29万戸で停電になりました。これは過去最高、とか。我が家の地区もご多分に漏れず夜の8時過ぎに音もなく電気が止まりました。その後携帯も「圏外」に。
 我が地区は翌朝の8時過ぎに電気が復旧しました。携帯もその後には「圏内」へ復帰。しかし、実は今現在でも清水区内でもまだ電気が復旧していない地区もあります。
 写真はLED電灯。停電の時に威力を発揮する、なかなかの優れもの。今回もお世話になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

上流からゴロンゴロン

120620 季節外れに上陸した、台風4号。例のごとく我が家の周辺では停電となり、約12時間電気のない生活となりました。また、携帯もつながらなくなり、「もう寝るしかない」、の夜でした。
 家の前の興津川は水かさが増し、上流から大きな石などが大量に流れてきています。昨年の台風15号以来、川底が持ち上がり、何とも不安定な状態です。写真の石も上流の大平地区で流れを緩慢にするために川底に敷かれていたテトラポットのようなコンクリの塊です。ゴロンゴロンと転がってきて、橋脚にぶさかって止まったようです。
 今年は台風が多そうだな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月20日 (水)

モリアオガエルの卵

120619_2 写真はモリアオガエルの卵です。静岡県では「準絶滅危惧種」の指定を受けています。国際自然保護連合でも「経度懸念」の指定を受けています。これは、生息数が減っていて、ヤバいよといった現状なのです。また、日本の固有種だそうで、要するに貴重な存在なのです。
 このモリアオガエルが我が家の近くにある池で盛大に産卵をしました。写真の泡の塊の中に卵があるわけですが、池の上の枝葉にはこの泡状のものが100以上くっついています。がんばれ、モリアオガエルの卵たち。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月19日 (火)

梅干しの漬け込み

120614 今年もやってきました、梅干しのシーズン。先ず手始めに友人から分けてもらった3Kgを漬け込みました。
 塩はアラジオを使いますが、梅の重量に比して8%ぐらい。普通に比べてやや少なくつけ込むのが私の長年のやり方です。あまり塩が少ないとカビが生えてきますし、なかなか塩梅が難しいのです。こうして漬けると、しょっぱさが押さえられて超酸っぱい梅干しと相成ります。
 以前は、知り合いの農家から20Kgぐらい買って漬けていましたが、今ではかわいいものです。多分今年もこれから何回か漬けるでしょうが、全部で10Kgになるかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年6月18日 (月)

お茶の美味しい飲み方

120616 以前、NHKの番組で、「お茶の美味しい、かつ健康な飲み方」として紹介されていた方法。お茶っ葉をスリコギでゴリゴリして飲む方法です。
 実際、お茶っ葉の表面積は大きくなるせいか、よい色が出ますし、美味しさも増します。深蒸しのように水色がよくなります。そして、入れ終わったお茶っ葉(「粉」ですな)は、その後に料理に使えます。私はご飯にかけたりしています。ちょっと考えると「苦そう」そうな感じがいますが、全く苦くありません。お茶を残さず使い切る方法で、是非お勧めです。プラス癌にかかりづらい身体になるのなら、一石?鳥です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月16日 (土)

麦畑

120611_3 袋井市あたりは結構水田が広がっています。今の時期、転作作物でしょうか麦が広がっていました。収穫間近、の時期でしょうか。
 昔、子どもの頃、近所(茅ヶ崎)でも麦を作っていました。でもそれは畑でした。また、寒い時期に「麦踏み」を農家の方がしていました。写真の田んぼはこれだけ広いと麦「踏み」は無理でしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

ツバメの子

120611_5 今の季節、ツバメも子育てが大忙しです。以外と人間の近くに巣を作っています。人間の近くの方が天敵がいないのでしょうかねぇ。写真の巣もスピーカーの上で、結構にぎやかでしょうね。子ども達はすまし顔で親を待っていました。120611_6
 親がエサを持って帰ってくるとすごい形相だ。顔が全部口です。がんばれ、ツバメの両親。元気に育て、ツバメの子。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

ど根性葦

120611_2 先日、袋井市へ行きました。時間があったので市役所の近くを散歩していましたら、川に生えている葦(あし)が道路に進出してきていて、アスファルトを突き破って伸びていました。これはすごい力だ。数年もすると道路全体が葦になってしまうのではないかな。
 袋井市民は犬を連れて散歩していましたが、そんな心配は全然していない様子。見慣れた風景になっているのでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月13日 (水)

楽しいバーベキュー

120609 一ヶ月間で1~2回酒をご一緒する近所のお宅でバーベキューの炉を作りました。「火入れ式をやろう」と先日、またまた飲み会を開きました。
 左がオーナー。右はレンガ積みを指導していただいた棟梁。楽しいおもちゃが増えましたので今後更に飲み会が増えることでしょう。よい季候になりましたので毎週でもいいかな♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月11日 (月)

レタスのジク

120609 6月に入るとレタスは「薹立ち」が近づきます。要は花が咲くのですね。そんな時期になると、レタスは上に伸びます。要は「ジク」ができて、それに葉がつく形になります。葉はかいて食べると、ジクが残ります。このジクも食べられます。サラダに入れたり、みそ汁に入れたり。でも普通こんなの見ませんし、食べませんよね。育成している者の特権(と言うほど大げさではないのですが)ですな。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

護岸の花

120608_2 我が地区の片瀬地区で興津川の護岸に紫の花が満開になっていました。何という花かな。東向きの護岸なので朝日もよく当たり、暖かい場所なのでしょう。石垣なのに思いがけずお花畑になっていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

おたまじゃくし

120608 我が家の隣の畑にある風呂桶(畑に水をあげるために雨水を貯めている)にオタマジャクシが泳いでいました。どうやって、かえるが玉子を産みに来たのかな。風呂桶の上に木の枝などは全くないし・・・。がんばって成長して下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 8日 (金)

金星太陽面通過

120606 6月6日は金星の太陽面通過がありました。当地ではあいにくの曇り空でしたが、昼頃に晴れ間もありました。お世話になっている、日食グラスを取り出して見ましたが、金星がわかりません。ずいぶんと目をこらしてみていたのですが、やはりわかりませんでした。
 せっかくの世紀の天体ショーも老眼には勝てなかったようです。あと、10年早かったら肉眼でも見えたのかなぁ。デジカメでも撮ってみましたが、やはり金星は写せませんでした。拡大してもダメでした。本当に残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

3万歩

120605_2 暖かい季節になると時々、ゴルフ場へ芝を刈り仕事を頼まれます。ラフの部分を機械で刈るのですが、芝刈り機を押しながら歩き回ります。一日仕事を終えたら万歩計が「3万」を超えていました。今まで万歩計を持っていませんでしたので、どれぐらい歩いているのかわかりませんでしたが、こうして数字で見ると改めて足を使っているのがわかります。足腰の鍛錬にもなるかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

パルもグミは大好き♪

120605 グミはパルにもあげたところ、味を覚えてしまい、下の方になっているのや、熟して落ちたのは彼女のものです。
 また、散歩の時、「池の方に行こう」と引っ張りますし、池へ行かない道にはいると座り込んで動こうとしません。知恵がついたものです。しかし、この頑固さは誰に似たんだろう???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

グミ

1206032_2 この時期、パル散歩の楽しみは「グミ」です。近くの池の畔に大きなグミの木があり、今まさに鈴なり状態です。少しえぐみが混じった甘さはクセになります。赤いのからもいで毎日せっせと食べています。しかし、近所の人は誰一人食べている形跡はありません。毎年、私は食べているので毒が入っているわけではないし、知らないか、無視しているのでしょう。なんだかもったいないな。
 しばらくはこの味を楽しめます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

田植え

1206032 昨日の日曜は我が家のまわりでは田植えがあちこちで行われていました。山里の田んぼは広くはありません。田植機を使うほどでもないので、ほとんどは「手植え」です。農家はほとんどが兼業ですので、一気に人手が欲しい田植え仕事は日曜になってしまうのです。それでも、家を離れた子ども達も応援に駆けつけて(かり出されて?)一緒に作業をしている風景が多いです。よいコミュニケーションをとる機会となっているようです。
 作業が終われば美味しいビールが待っていることでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 3日 (日)

エンドウの収穫

120529 いま畑でレタスと共に毎日ガンガンとれているのはエンドウです。
 エンドウは秋に苗を植えて畑で越冬させて春に成長させます。しかし、当地の冬は寒いので、ワラをかけてやったりして防寒します。また、早春に苗を定植させるやり方もあります。今年は両方やってみましたが、今では見分けがつかないほどワサワサ実をつけています。手間としては春植えつける方が楽だけど、これからどうするかな。と、来年のことはとりあえず考えるのをやめて美味しくいただくとしましょう♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 2日 (土)

尾崎紀世彦さん鬼籍に入る

 尾崎紀世彦さんが亡くなりました。茅ヶ崎生まれの私としては、思い入れのある歌手でした。
 10年ごとに茅ヶ崎から歌手が出る、と昔によく話しをしました。加山雄三、尾崎紀世彦、桑田佳祐を指して、飲み会の話題にしたものです。
 尾崎紀世彦はその声量のある歌声に似合わず(?)美しい習字を書いていました。確かデビューした手の頃、中一コースだったかで、尾崎紀世彦と南沙織が「また会う日まで」「十七才」と、それぞれの持ち歌を書道で書いて披露する写真が載っていました。尾崎紀世彦はとても丁寧な文字だったのを記憶しています。
 60才を超えても歌声はパワーがありました。合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月 1日 (金)

トレインフェスタ

120519_2 トレインフェスタに行って、いつも感心するのは鉄道もさることながら、精巧に作られたジオラマです。現存する風景もあれば、何十年も前に壊された駅舎を残された写真から再現したものもあります。
 写真のエッフェル塔はまだ建設中のようです。来年は完成しているかしら。しかし、エッフェル塔の下を東海道線が走るのも面白いですね。それも、このみかん色とお茶色の車両は今では走っていないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »